春高バレーで優勝した洛南高校でMVPを獲ったのは中宮中出身の大塚達宣選手

「ジャパネット杯 春の高校バレー 第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会」で優勝した洛南高校のMVPは中宮中出身の大塚達宣選手のようです。

スクリーンショット 2019-01-15 15.20.11
春の高校バレー2019
:フジテレビ

上記リンク先には決勝進出校の名前が掲載されていて、大塚選手が所属している洛南高校が優勝したとわかります。

そして今回、大塚選手は両軍最多の25得点を挙げ最優秀選手賞に選出されたとのこと。(→洛南、全5戦ストレートV!決勝両軍最多25得点の大塚がMVP/春高バレー:サンスポ)

大塚選手に関しては中宮中出身ということや2年生エースとして春の高校バレーに出場してるということなどでこれまでにもひらつーで記事にしています。

中宮中
(中宮中学校)

U-19日本代表などにも選ばれている選手ですし、近い将来日本代表のエースとして活躍してくれそうですね!東京オリンピックで観ることになるかも。

日刊スポーツによると大塚選手は早稲田大学に進学されるそうなので、関西からはしばらく離れることになりそうです。

余談ですが、今回の春の高校バレーにもでているバレーボール大会のマスコットキャラクター「バボちゃん」(→Wikipedia)は放送中映ってないと油断して、中から人が出てきたことがあります。ソースはトリビアの泉。


※「みぃ」さん、「TH130」さん、情報ありがとうございました
■■■情報提供求む!■■■