ハイヒールリンゴにアンダーグラフ、川崎麻世に新井場徹など枚方に関係する有名人8組が枚方のPR大使に就任。就任会見の様子も

枚方に関係する著名人8組が平成31年3月までの2年間、枚方のPR大使に就任することになりました。

いただいた紙↓
PR大使-1704101

裏側↓
PR大使-1704102

リストアップ(敬称略)↓
・新井場徹(元Jリーガー)
・アンダーグラフ(ロックバンド)
・川崎麻世(俳優)
・佐藤康光(棋士)
・辰巳琢郎(俳優) 
・辰巳満次郎(能楽師)
・ハイヒールリンゴ(漫才師)
・森脇健児(タレント) 
の計8組。
本日4月10日市役所で、そんな枚方PR大使の就任会見が行われたので様子を見にいってきました↓
PR大使-1704104
会見場にまず現れたのは左からくらわんこ、伏見市長、そしてひこぼしくん。
伏見市長が進行をつとめ、次々と大使の方々が入場してきます。

PR大使-1704105
アンダーグラフの3人(左)と元Jリーガーの新井場徹選手(右)。

PR大使-1704107
辰巳満次郎さん(左から2番目)と佐藤康光棋士(右)

PR大使-1704108
そしてハイヒールリンゴさん。
今回会見に参加されたのは、この5組のメンバーです。

会見はまず各自一言ずつ発言がありました↓
1
ハイヒールリンゴさんは「久々に枚方に来たら高齢化してるなぁというイメージがあったので、私達がPRして若い人が住んでいただける、そんな街にしたい。ライバルは高槻市」とコメント。

PR大使-17041017
能楽師の辰巳満次郎さんは「高校時代、枚方でお世話になりました。枚方を伝統と文化の発信基地としてちからを高めていきたい。ひこぼしくんとくらわんこさんに能を教えて、人気が出ると思うのでそういうところでも貢献したいです」とコメント。

PR大使-17041018
続いて日本将棋連盟の会長を務める佐藤康光棋士は「小学校4年生の時に田中魁秀9段の将棋教室に通い、プロ棋士になりました。毎年枚方市の子供向けの将棋イベントに参加しています。将棋を通じて枚方の活性化やまちづくりに協力していきたいです」とコメント。

PR大使-17041010
新井場徹選手は「FCティアモ枚方というチームを枚方で作っています。枚方からJリーグチームが誕生したら、サッカーをする子どもたちが将来地元で夢をかなえるんじゃないかと思って頑張っていますので、応援してください」とコメント。

PR大使-17041011
アンダーグラフボーカルの真戸原さんは「枚方でいろんなイベントをしてきて、勝手に地元愛を出してきたんですが、70周年のタイミングで市の方から公認していただいてやらせていただけるのが嬉しいと思ってます。ミュージシャンなので音楽で伝えていけたらといいな、と思っています」

ベースの中原一真さんは「枚方の端っこともいえる長尾の方に住んでいたので、端っこの外回りからできることをやっていけたらな、と思っています」

ドラムの谷口菜穂子さんは「寝屋川出身ですみません。仲間はずれにならないように一生懸命枚方を盛り上げていけたらいいなと思います」とコメント。

PR大使-17041013
コメントが終わると、モニターに映し出されたのは川崎麻世さん。

「枚方という街が大好きです。これからもPR大使の方々と共に枚方市を盛り上げていきたいと思います」とコメント。

PR大使-17041014
続いて森脇健児さんもビデオレターというかたちで登場。

「枚方に帰ってきたら牧野から御殿山、枚方市駅あたりを走って、最後は高陵小の坂道をダッシュするというのが僕のコースです。枚方は生まれ育った街ですし、どんどんと元気になって貰って、すみやすい街になってほしいと思います。そのために僕が役に立てることがあればどんなことでも言ってほしい」とコメント。

PR大使-17041020
ビデオレターを見たハイヒールリンゴさんは「森脇健児さんは絶対にここに来れたと思う。ビデオの方がかっこいいって思ったやろ!」と会場を沸かすコメントを言っていました。

その後質問タイムに入り、枚方のPRしたいところについて各自のコメントへ。
PR大使-17041027
「殿山第一小を卒業した時は桜が小さかったんですが、数年で桜が綺麗に咲き誇りました。その桜がものすごく綺麗だったので桜の綺麗な街ということを訴えていきたい。また、京都大阪共に地の利がいい枚方やのになぜか住んでもらえない枚方。いろいろと補助もあるのでぜひ住み移って枚方の良さを実感していただきたい」と、ハイヒールリンゴさん。

辰巳満次郎さんは「枚方の文化に対する意識は高いと思いますし、能にも禁野とか天野川といった単語も出てきます。そういった歴史文化に誇れる宿場町だとおもいますし、ここ数年、『千人の月見の宴』というイベントをさせていただいておりますが、去年は3000人いらっしゃいました。そういった文化に対する枚方市民の思い、感覚というのは素晴らしいと思っています。枚方は特急も停まりますし、ぜひ枚方に訪れていただきたいと思っております」

棋士の佐藤康光さんは「枚方公園には師匠の将棋教室がありましたが、反対側にはひらかたパークがあり、子供の頃よく行っていた街として記憶に残っています。将棋教室の近くにあった駄菓子屋さんにまた行ってみたいなと。古くて良いものをアピールしていけたらと思います」

続いて新井場徹さんは「茨城県の鹿島アントラーズに所属していたとき、サポーターの盛り上がりを見ていたら、これは地元の枚方でもできるんじゃないかなと考えました。枚方は小学生のサッカー人口が多いわりに、枚方出身のJリーガーが少ないんです」とコメント。(途中で電池がきれてしまい、録音できず。すみません)

PR大使-17041025
アンダーグラフのボーカル真戸原さんは「枚方にいる時はこれが普通だと思っていたけど、外に出てみるとすごい住みやすくて自然もあって、いい市だったんだなぁと。枚方って面白いねんって住んでるこどもたちが言えるように出来たら良いなと思っています。この市に生まれて育ってよかったなぁって、こんなおもろいことやってるなら住んでてよかったなぁと思えるようなことを音楽を通してやっていけたらなと思います」

ベースの中原一真さんは「山田池公園も昔は池と山があるだけでしたが、今はバーベキュー場ができたりして、自然がたくさんあって誰でも来やすい感じになっていて、自然は大切だと。近所の祭りに有名人がきたとき、サインをもらったというのが思い出に残っているので、僕らもそういう風に思ってもらえるようになりたいと思います」

ドラムの谷口菜穂子さんは「ビブレや百貨店が駅前にあったので昔はよく枚方にいっていました。今はT-SITEやくずはモールなんかもあって、そういう枚方の魅力的な、だれでも背伸びせずにいけるところがたくさんあるなぁと思っています」とコメント。

PR大使-17041023

最後にフォトセッションがあったんですが、ハイヒールリンゴさんが「枚方出身といえば岡田くん(V6岡田准一さん)は無理やったん?」と市役所の方に聞いたり、「ひらパー姉さんよりもおけいはんを狙っている」と仰っていたりしました(笑)

岡田准一さんに関しては「スケジュールの都合上、お断りされました」と、市役所の方が一応お願いしたことも明かされていました。

以上になります!

ちなみにアンダーグラフはPR大使就任以外にも、4月1日よりふるさと納税の返礼品にもグッズなどを登録されたそうです。

ふるさと納税のサイト↓
1
アンダーグラフLIVE DVD2枚&グッズ&メンバー直筆サイン入りポスター
 さとふる

返礼品は1万円と10万円のコースがあり、10万円のコースには4月5日に発売されたばかりの「Live DVD~僕らは変わらずに、変わり続ける旅をする2015~」というDVDも返礼品の1つに。

そしてアンダーグラフのPR大使就任記念としてなんと今回、アンダーグラフofficial store「U.G.TOWN」×枚方つーしん企画として、前述のNEW Live DVDも入った『PR大使就任記念DVDセット』を3900円で発売することになりました!



内容は
1:六本木exシアターで行なわれた、アンダーグラフデビュー11周年記念のライブDVD「11th Anniversary Live~僕らは変わらずに、変わり続ける旅をする2015~」
2:直筆サイン入りポスター
3:アンダーグラフが書き下ろた京阪電車イメージチューン「おけいはんパレード」ショートムービーDVD
の3つが入って3900円。20セット限定ですのでお早めに!購入は上記バナーよりどうぞ。


そして最後に話を戻しますと、今日このあとに会見の動画バージョンもアップ予定ですので、お楽しみにー!

※「じゅんデザイン」さん、「高校野球ばかみずほ」さん、情報ありがとうございました
■■■情報提供求む!■■■

ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー