1円でも高く売りたい!〜車買取にかける漢たちの熱き記録〜【ひらつー広告】

消費税増税…

不況…

安月給…

そしてボーナスカット…

市民生活は困窮するばかり…

クロ@ひらつー
彼の名前はクロ@ひらつー
会社からボーナスカットを宣告され、泣く泣く愛車を売りに来た若者。

永沼社長1
そして彼はこの道20年以上の車買取のプロ、車買取専門店 エムスタッフの永沼社長。

エムスタッフ-19120222
これは少しでも高く車を買い取ってほしい男と、車買取に生涯を捧げる男との熱い攻防の物語である。
プロジェクトM2

オープニング1

1円でも高く

キッカケは枚方つーしん社長のはらだ@ひらつーからの無慈悲な一言からはじまった。
はらだ
はらだ「今年増税もあったし、不況やからボーナス50%OFFな」

クロ
ウソやろ!?
そんな50%OFFなんか全然うれしくないし…

何言っとんねんこのピーーーーー!!(自主規制)」

クロは絶望の淵に立たされた。
この冬をどう乗り切ればいいのか?

ここまで困窮するのにはワケがあった。

IMG_901211
そう、ボーナスに期待してすでに散財してしまっていたのである。

クロは悩んだ。
このままでは生活に支障を来してしまう。

そんな悩めるクロに一筋の光が見えた。

売ろう

車を購入して持っていたものの、あまり乗る機会もなく持て余していたのである。
しかし税金や整備代など、維持費にもお金がかかる。

エムスタッフ-1912023211
ならば一層のこと売ってしまえばいい。
それがクロの出した答えであった。

ならば善は急げだ。
さっそくクロが相談にやってきたのは…

5f80e4c8
車買取専門店 エムスタッフ。

これまでにもひらつー記事で紹介している

場所はこちら 

ケンタッキーがある池之宮北交差点から307号線沿いを藤阪・津田方面へ。
BOOKOFF スーパーバザー 307号枚方池之宮店(旧ヤマダ電機)を過ぎて少し進むと右手にある。

クロがこのお店を選んだ理由はシンプルだ。
「昔からぱどに載ってるし、高く買い取るって書いてるし」

エムスタッフ-1912023011
恐る恐る足を踏み入れるクロ。
果たしてクロの思惑通りに車を高く買い取ってもらえるのだろうか。

ここからクロの熱い攻防が始まる。

クロを出迎えてくれたのは、エムスタッフの永沼社長。
永沼社長2
この道20年以上になる車買取のプロである。

永沼さん
「いらっしゃい。
今日はどうされましたか?」

クロ
「今乗っている車を売ろうかなぁ〜と思って。」

永沼さん
「そうなんやね。
売るのは乗ってきた車?」

クロ
「そうです。」

ミライース
クロが売る予定のダイハツのミライース

メーカー:ダイハツ
車種:ミライース
年式:2018年
走行距離:662km
新車時の車両価格:93万円

クロの車は購入してまだ1年ほど。
世間的にはまだまだ新しい車である。

そこがクロの勝算であった。

クロ
「この車、まだ買ってから1年ほどしか経っていないんですよ。
走行距離も1,000km以下で大きなキズもありません。
そして無事故無違反でぼくはゴールド免許です。」

永沼さん
「免許の色は関係ないな(笑)」

クロは脱線してしまった。

だが、車の状態は良いハズだ。
クロは畳み掛ける。

クロ
「でも!購入から日が浅くて、走行距離も少ないのは良い点だと思います。
高く買ってください!お願いします!

お願い

直球すぎる。

永沼さん
「うんまぁ、一概には言えへんかな。」

衝撃である。

永沼さん

走行距離は少ないほうが高いってわけでもなく、車によったら10万キロ走ってても高値がつくときもあるねん。
めっちゃ距離走ってるから安いわけじゃないから、まずは持ってきて見せてほしいな。
車種だけじゃ判断できひんから。」

そう、世の中の車はどれひとつとっても同じものは存在しない。
人によって乗る頻度も違えば距離も用途も違う。

その当たり前の事実を、クロは突きつけられた。

クロ
「たしかに…そう言われればそうですね。
でも、ぼくはとっても大事に乗っていたんです!!
毎週洗車して、車内もキレイにして、今日だって手洗い洗車してきたんです!
だから…

高く買ってください!お願いします!

お願い2

永沼さん
「そうなんや、そんなに大事に乗ってたんやね。
ありがとう。それで査定が高くなるわけじゃないけど、気持ちは受け取っとくわ。」

衝撃である。
洗車はそれほど重要な要素ではなかったのだ。

クロ
「あっ…そうなんや。」

永沼さん
「査定額ってのは、車種や年式、走行距離とかによって細かい相場があるから。
まぁそしたら車査定してみるわ。」

そう言うと永沼社長はオモテに停めてあるクロの愛車へと向かった。
エムスタッフ-18081634
ボンネットを開け、念入りにチェックする永沼社長。

エムスタッフ-18081643
ボディに歪みがないかもしっかりとチェック。

クロ
「おぉ、めっちゃ念入りに見てくれてる。
これは30分ぐらいかかるんかな…スマホゲームでもして待っとこかな…」

永沼さん
「終わったよ。」

クロ
「えっ!?えっ、ええっ!?」

衝撃である。

査定はものの3分で終わった。
想定の10分の1の時間である。

クロ
「も、もう終わったんですか!?」

永沼さん
「うん、もう確認せなあかんポイントってのは決まってるから。」

これが車買取歴20年超のなせるワザなのだ。
すると永沼社長は買取価格の推移を教えてくれた。

永沼さん
「車種とか事故歴によって変わるけど、単純に年数だけで言うと…」


エムスタッフ-18081621

永沼さん
「まず新車の車両価格が150万円とすると、例えば買ってスグの時点で売ると110万円
これが1年経ったところでおそらく100万〜110万円ぐらい。
2年経ったところで80万〜90万円
3年で60万〜70万円
4年で45万〜55万円
とかそんな感じかな。

もちろん車種によって違いはあるけど、まず最初の下がり方はだいたい平均は新車価格の70%ぐらい
新車の価格っていうのはあくまでもユーザーさんが新車で買うときの値段っていうだけ。
たとえ未登録の新車やったとしても競りに出したら70%ぐらいの値段になるよね。」

エムスタッフ-1912026

素人のクロには初めて聞く話である。
そう、単純に年式だけでいけばクロの車は購入時の60〜70%ぐらいの価格ということになる。

正直この時点でほぼほぼ価格は決まったようなものだが、クロは最後の悪あがきを見せた。

クロ
「わかりました。
査定額を聞く前に僕の話を聞いてもらってもいいですか?」

永沼さん
「え?
いいけど、どうしたん?」

クロ
「実はぼくの勤める会社が、折からの不況と増税の影響を受けて…今年のボーナスが50%カットになったんです!!
だから!
だからぼくは泣く泣く愛車を売ることになったんです…!」

エムスタッフ-19120222

泣き落としである。

クロ
「だから〜…だからちょっとでも高く〜…買ってくださいぃ〜…お願いしますぅ〜!」

お願い3

だが、永沼社長は動じない。

永沼さん
「うん、それは同情するわ。
いい転職先紹介したろか?」

desuyone

クロは全てを察して諦めた。
ようやく査定額の発表である。

クロ
「じゃあ査定額はいくらですか…?」

永沼さん
「査定額は…70万円。」
70万円

クロ
「売ります。」

即答である。

売ることを決意し、取引が成立したクロと永沼社長は固い握手を交わした。
エムスタッフ-19120225
そして…

エムスタッフ-19120226
なぜかそこから始まる腕相撲!!

エムスタッフ-19120228
負ける永沼社長!

クロ
「やった!勝った!!
勝ったんで査定額は…??」

永沼さん
「変わらんよ。」

クロ
「ですよねー。」

いかがだっただろうか?
車買取をめぐる漢(おとこ)たちの熱い攻防。
車を売るのに水面下の駆け引きは不要。

ただ「売りたいな」と思った時こそが売り時なのである。

完
※この物語はだいたい半分ぐらいフィクションです。

まずは電話でも気軽に相談してくださいね!

車買取で悩んだときは、エムスタッフへGOGO!

今なら、
ひらつーを見て車を売りに行くと、
嬉しい4つの特典が!

エムスタッフ特典2

エムスタッフで車を売った方は
こちらをクリック!
売ったよ
※売却契約後、14日以内の方が対象です。
※上記フォームからご連絡いただくと
 Amazonギフト券をプレゼントいたします。

◆電話番号

買取のご相談はコチラ
0120-990-033
8:00〜22:00までお電話受け付けております
まずはお電話でお気軽にお問い合わせください


「ひらつー見た」とお伝えください♪

◆住所 枚方市池之宮1-26-4
◆営業時間 9:00〜19:00
◆定休日 無し