「対面カウンター型」「壁付型」「アイランド型」あなたのお家のキッチンはどのタイプ?現役ママ建築士がメリット・デメリットを解説【ひらつー不動産】

\どどん!/
いきなりですが、質問です。
あなたのお家のキッチンは何型ですか?

定番の対面カウンターキッチン?


「取材でモデルハウスに行くとだいたいこの形!」

両サイドからアクセスできる、アイランドキッチン?


「うーん、憧れる〜!!」

それとも、昔ながらの壁付キッチン?


「うちは壁付キッチン。
窮屈感がないから料理がしやすいけど、丸見えが気になる!
…他のキッチンも同じようにメリット・デメリットがあるのかな?
知りた〜い!!!」


「ばばっちさん、もちろんありますよ!
キッチンって毎日使うものなんで、お家を建てたり購入する時にはしっかり考えるべきなんです」

「ありさ住宅の和田さん!
いろいろ教えてくださーい」

ありさ住宅の和田さんとは?

一級建築士・お片付けなどのアドバイスをするライフオーガナイザー(R)であり、小学生のお子さんが2人いる現役ママ。
家事動線や水回りの動線など、女性目線の設計が出来るのが強み。
モノを片づける前に「思考の整理」をすることで、自分にあった無理のない片づけ方を提案。片づけに悩んでいてどうしていいかわからない方のお手伝いもします。

▷ありさ住宅の公式HPはこちら

まずは定番の
カウンター対面キッチンってどうなん?


「まずは対面キッチンのお話から。
ここ、ありさ住宅の事務所にもこのような対面キッチンがあります」

「お!ここは以前お料理教室もされていたキッチンですね〜。
…あの人は?」

今回の記事にはここと最後しか登場しませんが、またメインで出演してほしいです。(ばばっちの願望)


「はじめまして。ありさ住宅の新入社員で松本と申します!」

「おお〜フレッシュ!(死語)これからよろしくお願いします♪
ちなみにお家のキッチンは…?」

「対面カウンターキッチンです。
実家なんでずっとこれで育ってきました」

和田さんがわかりやすく図にしてくれました。


「松本さんのお家と同じように対面カウンター型のお家が多くて、家を建てられるときも『なんとなく』希望される方が多いですね。
ただ、この図のように料理をする人としない人のゾーンがはっきり別れてしまうんです。
一旦食卓についてからお箸を取りにいったり途中でご飯を入れに行くのに、行ったり来たりしがちです」

「はっ、確かに。
キッチンに入るにはぐるっと回り込まないとダメですもんね。
よくお母さんがお皿や料理をカウンター越しから子どもに並べてね〜って言ってるイメージがあるんですが…そういうのはちょっと憧れます」

 

ひらつースタッフの自宅キッチン


「元の目的はそうなんですが、どこのお家もカウンターに物をつい置きがちなんです。
一部分ならまだお皿の受け渡しができますが、全面にいろんな物を置いて結局それもできないパターンもあったりします」

「そっか、便利な場所だしつい物を置いちゃいますよね〜」


「なので私が対面キッチンで設計する場合、このようにカウンター下にちょい置きスペースを提案したりします!
お箸やコップなどを置いてもいいですし、カウンターに置きがちなペン立てや書類なんかもここにしまっておくとスッキリしますね。
どうしても上に置きたいものはインテリアに合う籠に入れると見た目にも◎です」

「なるほど~!!
建てたあとのことまで考えて提案してくれるのってうれしいです♪」


「ちなみにこのキッチンではこんなもみの木でできたケースにお砂糖なんかを入れています」

「わぉ!さすがー!」

できたてホヤホヤの時の写真。

ありさ住宅ではもみの木を使ったお家をつくっていて、この事務所内にあるキッチン&フリースペースももみの木でできています。

▷もみの木のお家を建てられた方のインタビュー記事はこちら

キッチン内の幅にも注意!


「あと大事なのがキッチン内の通路幅。
私もこの仕事を始めばかりの頃、80cmは取りましょうと習ったんですが実際に主婦を経験して80cmはちょっと狭いな〜と。
100cmあれば子どもや旦那さんが一緒に入っても使いやすいですね!」


「それとよくあるのが冷蔵庫の置く位置を奥にしてしまうと、飲み物を取りにきた家族とバッティングしてしまうんですね。
なので広めにとりつつ、冷蔵庫は手前をオススメしています!」

「なるほど~。これは対面カウンターキッチンを考えている人に知っておいてほしいですね!」

じゃあ、壁付キッチンは?


「じゃあ意外と壁付キッチンは使いやすい…?」

「そうですね。
ただ、やっぱりオープンになるので生活感がどうしても出てしています。
少しでもスッキリ見せるためには、キッチンツールの色を揃えたり出しっぱなしでも気にならないデザインの小物を選ぶといいと思います」

キッチンアイテムを黒にしたり、木目やラタンなどナチュラルな物で揃えるのも◎


「ほえー!なるほど。
うちは生活感が全面に出てしまってるので見習いたい(泣)」

壁付ではありませんが、このようにキッチンとお部屋の統一感を出すとすっきりします。


「あとはなるべくキッチン自体をお部屋に馴染むデザイン・色にすることですね。
壁付は丸ごと見えてしまうので。
例えばお部屋全体がウッドテイストであれば木目調にしたり、モノトーンでクールな雰囲気ならキッチンも光沢がある白・黒・グレーにしたり」

「お部屋の中で目立つ存在な分、そのあたりを気を付けたほうがいいんですね!」

ちゃんと宿題してるか見守りたい人には不便?


「もうひとつ、デメリットとして壁を向いて家事をするのでカウンター越しに子どもの様子を見れないことですかね。
ただ私は子どもが小学生のためそこまで見守りが必要ないと感じているんですが、小さいお子さんの様子を見たりカウンター越しで家事しながら会話したいという人には向いていないかもしれません。
ちゃんと宿題やってるかみたい人とか(笑)
これは一昔前のお家やマンションによくあった独立型キッチンも同じことが言えますね」

「後ろを振り返ったり、横を向かないといけなかったりしますもんね。
お手伝いしてもらう時に子どもと一緒に作業はしやすいけど、そういうのはたまに不便を感じるかな〜」


「そんなデメリットもありますが、壁付のメリットは結構あります。
まずお部屋を広く使えることですね。
ダイニングテーブルを大きくしたり、ソファを置くスペースを確保することもしやすいです。
あとは、冷蔵庫や食器棚はまわりこまなくてもダイニングからアクセスしやすいんですよ」

「なるほどー!!
確かにキッチンとダイニングの境目がないから、喉が乾いたらすぐ冷蔵庫を開けられるし配膳もすぐ横がテーブルだから楽かも」

〜ちょっと番外編〜
キッチン本体の高さにも注意?!


「ちょっと話はそれますが、キッチン自体の高さもかなり重要です。
高すぎるとフライパンが振りにくかったり…」


「逆に低すぎると洗い物などの作業の時にかがむか、こうやって足を広げて体の高さ調整が必要になります。
ちなみにこの足を広げる体制は、以前住んでいた賃貸のキッチンで私の夫がやってたものです(笑)
家を建てた今は、夫の身長に合わせたキッチンの高さにしているので食器も洗いやすそうですよ」

「確かに毎日のことだから高さって大事ですよね!」

「キッチンは各メーカー、小刻みにサイズがあるのでそのあたりも参考にしてもらえたらいいかと思います!」

アイランドキッチンは広いお家しか無理?


「では、最後にアイランドキッチンってどうなんですか?
なんか広くて大きなお家にあるイメージ。
普段不動産の取材に行っている私でも、住宅展示場やモデルハウスでたまーに見かける程度です」

「そうですね。
アイランドキッチンは文字通りアイランド=『島』なんです。
4面どこも壁についていないキッチンということですね。
なので、アイランドキッチンはある程度お部屋の広さが必要なんです」


「どれくらい幅がいるんですか?」

「ありさ住宅で標準仕様にしているキッチン255cmを設置しようとすると、部屋の幅は2間(けん)半いります。
1間が約182cmなので、大体455cmですね。
これに対して対面キッチンとして片面を壁につけるので364cmでいいんです。
アイランドキッチンだと1坪分キッチンの面積が広くなるので、他のスペースの影響がでることがあります」

「あ〜やっぱりそうですか。
もしアイランドキッチンを希望する場合、どのくらいの広さのお家がベストなんですか?」

横並びの配置にするのもひとつの手。


「LDKが16帖くらいだと家具の配置がすこし難しくなるかもしれません。
20帖くらいあるとアイランドも可能だと思います。
アイランドキッチンを優先させるのであれば、ソファはあきらめて高さが低めのダイニングテーブルを置き、食事のときもリラックスするときも1ヶ所ですむ生活スタイルもおすすめです」

「できません!ではなく、こうやって色々提案してくれるのがさすがです〜」

「アイランドキッチンはキッチンまわりをぐるぐる回遊できるので、家事動線もいいんです。
壁付に比べて隠したい部分は隠せて、対面カウンターに比べると閉塞感がすくないのでスペースの問題さえなければおすすめですよ」

お茶休憩中。


「どの形にしろ、どこのスペースが家族にとって大事なのかを聞かせてもらって提案していますね!」

「ふむふむ、となりで聞いていましたが勉強になります!」

「アイランドキッチン、憧れますね♪
写真でなく、実際に見てみたい…という人も多そうですがなかなか施工例ってないですよね?」

「いえ、見ることができます!!」

\どどん/

【完成見学会】
アイランドキッチンが主役の家

枚方市渚南町で新築中の注文住宅完成見学会を、お施主さまのご厚意により開催させていただきます。
(パースはイメージです。実際には家具はありません)

▷見学会詳細ページはこちら

お家の特徴
清潔感のある白にこだわったインテリア
■南向きの吹き抜けのあるリビング
■スッキリ片付く収納計画
長期優良住宅の認定を取得
■換気しても寒くならない、ダクトレス熱交換換気システム「せせらぎ」
お引渡し前、限定2日間の開催となりますので、お見逃しなく。


開催日:2021年6月19日(土)・20日(日)
場所:枚方市渚南町
時間:10:00~16:00

詳細は場所は、お申込みいただいた方にお知らせしております。

また、今回はファイナンシャルプランナーによる、「ライフプラン相談会」も同時開催します。
子どもの教育資金はどのくらい用意すればいい?
貯蓄が思うようにできないのはどうしたらいい?
共働きの夫婦の保険はどう考えたらいい?

などなど、日ごろ抱えている家計への漠然とした不安を解消してみませんか。
相談会は19日のみ、イベント予約時に「FP相談希望」と書き添えてください。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: e9bbede7.png
↑ご予約・お問い合わせはこちら

完全予約制となります。お問合せより、希望日時を記載の上お申し込みください。折り返しこちらからご連絡させていただきます。

見学は1時間一組限定。混みあわないように配慮しております。入室時には手指の除菌洗浄、マスクの着用にご協力をお願いいたします。

03fcfbf9

質問があれば、当日に和田さんをはじめとしたスタッフさんがお話を聞いてくださります!

・注文住宅でおうちを建てようかと検討中。
・リノベーションにも興味ある。
・和田さんに色々聞いてみたい!


そんな方は実際にお部屋の良さを体感しに来てみてださいね

「お気軽にお問い合わせくださいね♪」


header_logo

▶ありさ住宅のLINE@登録はコチラ

【 お問い合わせ・資料請求】 

0120-361-020(フリーダイヤル) 

見学も随時行っておりますので、お気軽にお問合せ下さい。

住所:〒573-1192 枚方市西禁野2丁目9番16号 
定休日:水曜日 

■ありさ住宅株式会社 公式サイト 

Sponsored by ありさ住宅

【ひらつー不動産】についてのお問い合わせはこちらから!