「ビストロアンリ」の‘黒毛和牛ビーフシチュー’など。ついでに「ビストロ」の意味・語源【枚方グルメ】

★注目の枚方グルメレビューを紹介

↓のブログで、香里園にある「ビストロアンリ」の‘黒毛和牛ビーフシチュー’などが紹介されています。LINK:グルメ記◆『ビストロ・アンリ(Bistro ANRI)』 大阪府枚方市香里園町 JOECOOLさんの旅行ブログ

お店の場所は香里園駅の近くの結婚式場とかがあるらへんですね。

↓使用されている画像が張り付けられるようになってましたので利用させていただきました。

 
‘黒毛和牛のビーフシチュー’なんてもう名前だけで美味しそうですが画像見てもやはり美味しそうですw

公式サイトを見たところ、シェフはフランスの14ヶ所もの二ツ星、三ツ星レストランで修行したんだそうです。すごいですねー。

でも看板には「お箸で食べるフランス料理」とあって気取らず親しみやすそう。

あと予約販売のみの「ビストロアンリ特製ロールケーキ」なんてものもありました。こっちも気になりますな!

ついでに。

「ビストロ」というのはフランスで「気軽に利用できる小さなレストラン」といった意味の言葉なんだそうです。僕は「高いお店」のイメージがあったので意外でした。

でもそれだけで「へぇ~」で終わっては面白くないのでもうちょっと掘り下げて調べてみると語源まで解説してる記事がありました。
もう少し意味をさかのぼると、「そもそもカフェとか小さなレストランを併設している葡萄酒商人のことを指した」のだそうです。

ほんでもっとさかのぼると、1814年にパリのシャンゼリゼで野営したロシア軍の兵士が料理屋のサービスが遅いのにいらついてロシア語で「ヴィストロ(はやく)」と怒鳴ったのが語源だという説があってフランスでもそう信じられてきたらしいんですけど、それはちょっと怪しいんだそうな。

結局確かなことは分からないみたいなんですが、別の説もあります。
昔「キャバレー」というのは「ボヘミアン(移動生活者)が寝るとところ」という意味だったらしく、その当時そこででる粗悪な酒を「ビストゥーユ」と呼び、それがビストロの語源になったという説。

まぁ、日本人が判断できる話ではないですが、興味ある方は記事を読んでみてください。けっこうおもしろいですよ。

月間約300万ページビュー <デデン!
月間約70万ユーザー <ドドン!

そんな枚方市民のほぼ2倍くらい見ている関西最大級の地域情報サイト「ひらつー」。
5610円 でお手軽にあなたの事業をPRしてみませんか?

詳細は下記リンク先をどうぞー↓

お店の宣伝や求人、もっと気軽にやってみませんか?「ひらつーパートナー・ライト」がはじまります!

通常の広告やひらつーパートナーはこちら↓

枚方つーしんに広告を掲載しませんか?広告掲載について
 
 

広告の後にも続きます

広告の後にも続きます

いいお店、見つかるかも?

投げ銭コーナー