戦争時、枚方出身の兵士が戦闘機で枚方小学校上空を飛び、帰ってこなかった話

いまお盆休みということでいろんなところで戦争の話を聞くと思いますが、枚方での戦争時のお話が↓のブログに掲載されています。

京街道沿いにある塩熊商店さんのブログです。先日「レトロな扇風機」の記事でもリンクさせていただきましたが、画像を提供していただきました。

古い写真_0002 のコピー
戦時中の小学校の写真。おそらく枚方小学校とのことです。

当時塩熊さんの家にいた子ども5人のうち4人が従軍し、そのうちの1人、久雄さんは海軍の戦闘機乗りになったそうです。久雄さんはその後戦争で亡くなっているんですが、同級生だったというおじいさんが塩熊商店を訪れたことがあるらしく、当時の話を聞かせてくれたんだとか。

その話というのが、「久雄さんが帰ってくる」という連絡を受けて同級生が小学校に集まったという話なんですが、続きはリンク先で読んでみてください。久雄さんの写真も掲載されていますが、少し切ないです。

リンク先にも書かれていますが、当時の20歳そこそこの青年の顔つきって『精悍』といえばいいのか、『芯がある』というか、笑顔などでもどこか気合が入った顔をしてますね。戦地から家族へ送った手紙などの文章を読んだことがある方も多いと思いますが、とても若者が書いたとは思えないような文章だったりします。ほんと勝てません。

戦争についてのいろんな意見や議論は別として、当時の若者の犠牲の上に現代があるのだなということを年に1度はしっかり考えるという意味でもお盆って大事ですね。

20110816IMG_3110
こちらは今の塩熊商店さん。ここは今年新しく建てられました。
————–
※塩熊商店さん、写真提供ありがとうございました!

月間約300万ページビュー <デデン!
月間約70万ユーザー <ドドン!

そんな枚方市民のほぼ2倍くらい見ている関西最大級の地域情報サイト「ひらつー」。
5610円 でお手軽にあなたの事業をPRしてみませんか?

詳細は下記リンク先をどうぞー↓

お店の宣伝や求人、もっと気軽にやってみませんか?「ひらつーパートナー・ライト」がはじまります!

通常の広告やひらつーパートナーはこちら↓

枚方つーしんに広告を掲載しませんか?広告掲載について

投げ銭コーナー

 

いいお店、見つかるかも?