東京パラリンピックの開会式に枚方出身のベーシスト「アヤコノ」と俳優の滝川英治が出演したみたい

東京パラリンピックの開会式に枚方出身のベーシスト「アヤコノ」さんと俳優の滝川英治さんが出演したようです。

アヤコノさんのTwitter↓

アヤコノさんはNHK「ムジカ・ピッコリーノ」、「FUJI ROCK FESTIVAL ’21(フジロックフェスティバル)」にも出演している高校生ベーシスト。

今回アヤコノさんは開会式の演出で、映画「キル・ビル」の有名なテーマ曲が流れる中、デコトラから現れたギタリスト 布袋寅泰さんと一緒に共に演奏していました。



演奏動画↓

この演奏では全盲のギタリスト田川ヒロアキさん、手足に麻痺があり独自の奏法で弾くギタリスト川崎昭仁さんがいたりと個人的に開会式で一番盛り上がったシーン!

その演奏にアヤコノさんがいたってのは枚方市民にとってはなんか鼻高々や〜〜〜って感じですね!

本当凄い!!

また滝川クリステルさんのいとこで枚方出身の滝川英治さんも出演していたようです!↓

滝川英治さんはドラマ撮影中の事故で脊髄損傷の大けがを負い現在は車いすで生活しています。

開会式では、演出のストーリーの舞台となる空港の管制塔クルーとして出演。
告げる笛を吹き、ピッチ上で風を起こすための演出が始まりました。


滝川英治さんの公式Twitter↓


こちらのブログにはパラリンピック向けての思いが綴られています。

パラリンピックには枚方市立陸上競技場ユーザーの中西麻耶選手も出場しますし、まだまだ見逃せないですね〜!

いやぁ…個人的にこの開会式、本当良かったんでまた見直したいです。

ハイライトはこちらから↓

関連リンク

※「きのこ」さん、情報ありがとうございました
■■■情報提供求む!■■■