「神様の御用人」って小説の9・10巻に枚方がでてる

「神様の御用人」という小説の9巻・10巻に枚方というワードが出ています。

神様の御用人9巻

「神様の御用人」は、フリーターの主人公『萩原良彦』と狐の姿をした神『黄金』が神様たちの御用を聞いて回る物語のようです。作者は浅葉なつさん(→Twitter)。

公式サイト↓

KADOKAWA公式YouTubeチャンネルより「神様の御用人」PV↓

こちらの小説の9巻・10巻では、実際に物語の中で主人公「萩原良彦」らが枚方を訪れているようなシーンがあり、『百済寺』『阿弖流為と母礼の首塚』などといった枚方市に実在するものの記載もありました。

枚方八景のひとつでもある中宮の「百済寺跡」は国の何に指定されているでしょう?【ひらかたクイズ】より百済寺跡

ちなみに10巻では枚方市の隣にある「交野」というワードも登場していましたよ。
気になる方はぜひー!