船橋本町、二ノ宮神社【枚方フォト】

20110306DSC06113

2月の「枚方きょうは何の日」でいつか使おうと思って船橋にある二ノ宮神社の写真を撮ってたんですが、使わずに3月になってしまいまいました もったいないので枚方フォトとして載せちゃいます。ちなみにネタとしては慶長8年(1603年)2月某日に豊臣秀頼(秀吉の子)が二ノ宮神社を再建させたというものです。
20110306DSC06104
説明の立て札。

枚方が大阪城の鬼門の方向にあるため牧野の一ノ宮(片埜神社)、ここ二ノ宮、穂谷にある三之宮を再建させたそうです。なぜ秀頼がそんなことをしたのかというと、この年の3月には江戸幕府が成立していることから考えると豊臣家がすでに危うい状態で、縁起をかつぐしかないような悲壮な思いからだったんじゃないかと思います。

写真そのものは特におもしろいもんじゃないですけど、枚方ってけっこうこういう日本史上のメジャーな出来事に(ちょっとだけ)関係する場所がたくさんあるので頭の中でいろいろ絡めながら見るとなかなか楽しいですよー。学校で歴史の勉強してるときはこういうことに全く興味が持てなかったんですけど(笑)

20110306DSC06107

20110306DSC06114

20110306DSC06115

20110306DSC06117

20110306DSC06123

20110306DSC06130

20110306DSC06132

20110306DSC06149

20110306DSC06140

20110306DSC06142

20110306DSC06143

ちなみに、狛犬の縦向きの写真と他の横向きの写真は縦横比が同じ3:2なんですが、縦向きの方が細長く見えません?目の錯覚というやつですね

関連リンク

ライター:カズマ カズマ

カテゴリ : 枚方フォト 

この記事へのコメント

4. カズマ@ひらつー   2011年03月08日 11:03
>forzaさん
なるほど!徳川家側からお金を使わせてたという側面もあるんですね!昔読んだ司馬遼太郎の「関ヶ原」をまた読みたくなってきました(笑)
3. forza   2011年03月07日 20:42
理系クラスで日本史を選択しなかったのでうろ覚えですが…

関ヶ原以降も財力のある大大名だった豊臣家の財力を削ごうと「秀吉公の供養」などと様々な寺社への寄進を勧めていたようですね。
その一つが方広寺。鐘の銘で家康を呪っていると、大阪冬の陣の発端となったものです。

まぁ、真田幸村などの浪人を沢山召し抱えた2度の大きな戦の後に落城した大阪城からも大量の金銀が見つかったらしいので、没落したと言っても豊臣家の財力はハンパ無かったのでしょうね
2. カズマ@ひらつー   2011年03月07日 14:25
>ひだかさん
僕は今回初めて行ったんですが、鎮守の森もあっていい雰囲気の場所ですね!神主さんがそんなに強いとは
1. ひだか   2011年03月07日 08:18
5 二ノ宮神社の鳥居から境内までの直線は、なにか神秘的な感じします
確か二ノ宮神社の神主さんは、大阪府警の警察道場の師範代って噂を昔聞いたことあります
ホントかわかんないですが(笑)