ひらつープレゼント企画!11/12(火)に枚方市市民会館で開催される映画「舟を編む」上映会に10組20名様をご招待!

平成25年11月12日(火)に、枚方市市民会館大ホールで開催される「舟を編む」上映会に、10組20名様を招待していただけることになりました!

舟を編む 写真
c2013「舟を編む」製作委員会

2012年本屋大賞第1位!ベストセラー映画化!!
辞書【舟】を編集する【編む】人たちの
感動エンタテインメント!! 

2012年本屋大賞に輝いた三浦しをんの小説を実写映画化。本作は、ある出版社の寄せ集め編集部が、気の遠くなるような歳月をかけて二十数万語が収録された新辞書作りに挑む姿をユーモラスに描く。
2013年4月13日(土)の公開以降、動員68万人超え・興行収入8億円突破の大ヒットとなった感動エンタテインメント。
 
物語
玄武書房に勤務する馬締光也(松田龍平)は職場の営業部では変人扱いされていたが、言葉に対する並外れた感性を見込まれ辞書編集部に配属される。新しい辞書「大渡海」の編さんに従事するのは、現代語に強いチャラ男・西岡正志(オダギリジョー)など個性の強いメンツばかり。仲間と共に20数万語に及ぶ言葉の海と格闘するある日、馬締は下宿の大家の孫娘・林香具矢(宮﨑あおい)に一目ぼれし……。
(2013年/松竹 133分)

●監督
石井裕也
●出演
松田龍平、宮﨑あおい、オダギリジョー、渡辺美佐子、池脇千鶴 ほか

予告編はコチラからどうぞ!

辞書の編さんに没頭する主人公・馬締光也には、三浦原作の『まほろ駅前多田便利軒』にも出演した松田龍平。彼が一目ぼれするヒロインには、『ツレがうつになりまして。』の宮崎あおいが扮するほか、オダギリジョーら多彩な顔ぶれがそろいます。

この作品なんと、来年2014年3月にアメリカで受賞作が発表される第86回米国アカデミー賞最優秀外国語映画部門の日本代表作品に選出されました(英語題:The Great Passage)
正式なノミネーション発表は2014年1月16日、さらにノミネーションが決定した場合、授賞式セレモニーは3月2日となるそうなので、こちらの結果にも注目です!(→詳細)

この上映会は①10:30②14:30の2つの時間帯で開催され、各回入替制となります。今回プレゼントする招待券は各回共通のものなので、どちらかお好きな時間帯を選んでください

話題の作品を枚方で見られるいい機会、お見逃しなく

【開催概要】
*日時
平成25年11月12日(火)
①10:30~②14:30~のどちらか
※開場は各回開演の30分前
*会場
枚方市市民会館大ホール【全席自由】
アクセス:京阪「枚方市」駅下車、徒歩約3分
*招待者数
10組20名様
*応募締切
平成25年10月31日(木)
*応募方法
下の応募フォームより応募願います
舟を編む
(※当選者にはメールでお知らせします)

もちろん、現在チケットも絶賛発売中です
入場料
一般 1,000円(当日 1,200円)
割引 800円(当日 900円)
※割引対象は、友の会会員・学生(小学生以上)・60歳以上・障害者の方及びその介護者【要証明書】
販売場所
枚方市市民会館
ひらかた観光ステーション
総合体育館
渚市民体育館
マイライフ新聞社
ローソンチケット(Lコード:52163)
主催・問い合わせ
(公財)枚方市文化国際財団
TEL072-843-1123/FAX072-845-1896 

■関連リンク
・「舟を編む」公式サイト




ライター:ひらつースタッフ ひらつースタッフ