ひらつープレゼント企画!3/13(木)シネプレックス枚方『神様のカルテ2』試写会に15組30名様をご招待!

ひらつー読者のみなさまだけにスペシャルプレゼント!
2014年3月13日(木)にシネプレックス枚方で開催される映画『神様のカルテ2』[3月21日(金・祝)公開]試写会に15組30名様を招待していただけることになりました!!

WEB用
©2014「神様のカルテ2」製作委員会 ©2010 夏川草介/小学館
神様のカルテ2_ロゴ
2011年夏に公開された『神様のカルテ』。若手内科医・栗原一止(櫻井翔)が末期ガン患者の心と向き合い成長していく物語は、日本を温かい涙で包み大ヒットを記録しました。
あの感動作が新たな心をつなぐ物語として還って来ます。

イントロダクション
妻・榛名(宮﨑あおい)の出産を心待ちに本庄病院での仕事に励む一止の前に、大学時代 の同期で「医学部の良心」と言われていたエリート医師・進藤辰也(藤原竜也)が赴任してくる。親友との再会を喜ぶ一止だったが、辰也は勤務時間が終わるとすぐに帰ってしまい、時間外の呼び出しにも応じない。自分の生活を犠牲にしてでも患者のためにつくそうとする一止は、辰也のそんな姿勢に疑問を感じ、ついに衝突してしまう。だが、実は辰也は妻・千夏(吹石一恵)とのある事情を背負っていたのだった…。
そんな折、一止の恩師である貫田内科部長(柄本明)が過労で倒れてしまう。皮肉にも病の床に伏して初めて妻・千代(市毛良枝)との夫婦の時間を持つことが出来た貫田だったが、残された時間は既にわずかなものになっていた…。

友情とは?愛情とは?仕事とは?そして、人間らしく生きるということは何なのか?仕事を取るか“家族”を取るかですれ違ってしまう辰也と千夏――
“家族”を犠牲にして医療に従事してきた貫田とそれを支えてきた千代――
そして、新たな命を授かり“家族”を築こうとしている一止と榛名――
かつては志を同じくした友を失いかけ、尊敬していた師が最期を迎えようとしている、医師として人間として心が揺れ動き、希望を見出せずにいる一止に、貫田は自分の命を削って作った「神様のカルテ」を継承して言葉をかけます。

「それでも希望はある。――それは君たちだ」
『神様のカルテ2』は愛にあふれた3組の夫婦がつなぐ命と希望の物語です。 愛が命に変わっていく、その命のリレーは深い感動を呼び、観る人すべてに力強い希望をもたらしてくれることでしょう。


予告編は公式サイトからどうぞ!

長野県在住の現役医師、夏川草介の小説家デビュー作である「神様のカルテ」は、地方医療の現実とその中で成長していく一人の医師の姿を軽妙な語り口と心温まる感動で紡ぎ出し、全国書店員が一番売りたい本を選ぶ「本屋大賞」で、2010年度2位を受賞しました。
そのシリーズ第二弾となる「神様のカルテ2」。映画としての続編企画は前作『神様のカルテ』が完成した2010年末頃から動いていたそうです。

続編といっても、深川栄洋監督は「単なる続編ではく、新たな1本の映画を作る」という意気込みで本作に臨んだということなので、前作を観ていなくても満足の得られる作品に仕上がってるんではないでしょうか

予告にもありましたが、藤原竜也の「立派な医者ってなんだ?お前がいつも病院にいるってことは、その間ずっと家族のそばにはいられないってことだ。夫婦って何なんだ?」ってセリフ、ドキッとします。

さぁ!『神様のカルテ2』を公開前に一足早くシネプレックス枚方で観たい!という方、どしどしご応募ください!!

『神様のカルテ2』試写会開催概要
開催日時:2014年3月13日(木)
18:00開場予定、18:30開映
招待者数:15組30名様
応募締切:2014年3月2日(日)
会場:シネプレックス枚方(→アクセス
応募方法: 下のフォームから応募願います
神様のカルテ2
(※当選発表は試写状の発送をもって代えさせていただきます)

たくさんのご応募、お待ちしておりまーーーす!!!(*゚∀゚)

■関連サイト
・映画『神様のカルテ2』公式サイト
・映画『神様のカルテ2』公式Twitter
シネプレックス枚方

ライター:ひらつースタッフ ひらつースタッフ