枚方市が「Twitterアラート」の運用を開始。登録しておくと緊急時にプッシュ通知


b9340036

枚方市役所が「Twitterアラート」の運用をはじめたそうです。

↓告知

市役所のホームページに書かれている内容は主にTwitterアラートとは何かということと、Twitterアラートを登録する方法についてです。ニュースリリース(PDF)によると大阪府内の市町村では枚方市が初めてだそうな。

そもそもTwitterアラートとはなにかというと、「災害や緊急事態の発生時に特定の公共団体や緊急対策機関が発信するツイートのこと」だとTwitterヘルプセンターにありました。普通のTwitterの発言のようにタイムラインに埋もれていってしまわないように、音や振動がするプッシュ通知で教えてくれるそうです。
なお、PCには通知はいかないのと、恐らく「twicca」や「twitcle」などのような非公式のアプリをケータイにインストールしているだけではプッシュ通知にはならなさそうなので、登録される場合はTwitter公式アプリをインストールしましょう。

ツイート内容が「自然災害など市民の生命および財産に甚大な被害が及ぶと予想される緊急時の情報」とのことなので、緊急地震速報みたいなものなのかと思ったのですが、あくまでTwitterなので、補足的な情報として取り扱われるようです。
何かあった時に少しでも詳細が知りたいのなら登録しておいたほうが良さそうですね。そもそもTwitterのアカウントを持っていないという方も、この機会に登録してみるのもいいんじゃないでしょうか。



ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー

カテゴリ : 話題