森脇健児にパンサーズの選手らも!ハーフマラソンを実際に走ってみたら達成感ハンパなかった【ひらつーレポ】

74b855b7
イベントなどに実際に行ってご紹介する【ひらつーレポ】 


今回は1月13日(月)成人の日に開催された、第43回「新春走ろう会」ひらかたハーフマラソンに僕クロ@ひらつーすどん@ひらつーが行ってきましたー!

1
(写真中央にいる、モジモジくんみたいなのがクロ@ひらつー)
僕クロはハーフマラソンのランナーとして参加してきましたので、会場の様子とあわせてハーフマラソンの体験レポをお届けしていきたいと思います!

2
新春走ろう会について簡単にご紹介すると、毎年1月の成人の日に淀川河川敷で行われているマラソン大会。(→公式サイト)
今回で43回目を迎えるイベントで、マラソン初心者から上級者の方まで誰でも楽しめる種目が用意されています。

新成人が振り袖や袴を着て走る「二十歳のメモリアルRUN」やコスプレして走る『パフォーマンス(仮装)の部』などが名物種目。

それではレポートしていきまーす!

イベント会場の雰囲気はこんな感じ

まずはじめにイベントの全体のプログラム↓
20200113-新春走ろう会(小)-5
前述の通り、僕クロは10:30開始のハーフマラソンに参加してきました。
新成人のキラキラした様子を見たかったのですが、体力を温存したかったので今回はひらつーの振袖姿コレクションを見てガマンしました(笑)

ちなみに振袖姿コレクションはこちら↓


会場・コースのマップはこんな感じ↓
20200113-新春走ろう会(小)-7
ハーフマラソンのコースは、淀川河川公園の枚方地区〜出口地区で折り返し第1地点を通過し、樟葉まで走り抜けると折り返し第2地点に到着、あとはひたすらイベント会場のゴールラインを目指して走ると行ったコースです。(→公式サイト コース紹介ページ

上記マップの会場図部分をズーム↓
20200113-新春走ろう会(小)-1-2
枚方河川公園の野球場内に受付やブースなどが集まっている配置。
昨年もイベントに参加した僕の印象としては、会場の配置などはあまり変わりなかったので来年参加してみたいという方は参考にどうぞ。

(補足)淀川河川公園に駐車場はありますがイベント当日は満車状態で、会場近隣のコインパーキングも僕が見た感じどこもいっぱいでした。会場は枚方公園駅・枚方市駅から徒歩で行ける距離なので、公共交通機関をつかって行くのがオススメです!

3
会場に到着したのは10:00ごろ。
スタートラインには、ハーフマラソンに参加するランナー達はちらほらスタンバイされていました。

4
こちらはスタートライン近くにある仮設トイレエリア。ちなみにトイレは男女共用です。
スタート前はお手洗いに行くランナーが多いのでめっちゃ並びます。

20200113-新春走ろう会(小)-12
荷物を預けるためにクロークがある野球場にむかってると、吉野家の出張販売なんかも。
こんな晴天&寒い中食べる牛丼なんてうまいに決まってるやん!って思いましたが、今食べたら走ってる途中にお腹痛くなるのでガマン。

5
こちらは野球場へと続く入口。
こういう大会とかで見るランナーの方たちって、みんなめっちゃ早そうに見える現象が起きるのは僕だけでしょうか。

野球場内に入りまして、
20200113-新春走ろう会(小)-16
枚方出身の「走る男」こと森脇健児さんの横断幕などやフォトスポットなどを横目に会場中央へと進み、

6
野球場中央へ!めっちゃ人多い!

そして僕がまずはじめに向かったのは、
7
受付ブース。ここで事前に自宅に郵送された引換券を渡して、イベントのプログラムや参加賞などを受け取ります。

会場内にはイベント参加者以外の方も楽しめるようなブースがありまして、
8
グルメやスポーツ用品などの販売のお店があったり、

9
購入した食事を食べられる休憩テントなんかも。

いろんなブースがあったんですが、
20200113-新春走ろう会(小)-38
その中でも特にテントサウナが気になりました(笑)

10
会場内にはステージもあり、ここで上位ランナーの表彰や催し物が行われたりも。

この時、ハーフマラソン開始まで残り15分!

そろそろ準備しないと!と思って向かったのが、
11
荷物を預けられるクローク。マラソン参加者の方は無料で使えるんです!

クロークの利用方法を簡単に説明すると、
12
荷物をいれるためのビニール袋と選手番号&名前を記入するタグをもらう→袋にタグを取り付ける→荷物保管スペースにあずける。以上!

ちなみに返却時は荷物を自分で取り出して、クローク出口でタグに付いている選手番号&名前をスタッフさんに確認してもらって荷物を持ち出せるという流れです。

ちなみに今回は利用しなかったのですが、
20200113-新春走ろう会(小)-29
(スタートに間に合わなさそうで焦って撮影したため、手荷物写ってるのに気づきませんでした)

こんな感じで男女それぞれに更衣室を用意されているので、会場内で着替えを済ませることができます。
マラソン後も汗でカラダを冷やす心配ナッシング!

ハーフマラソンはじまるよ!

ここからちょっとだけ見に来てたすどん@ひらつーが撮った写真を交えつつ、会場全体の様子をお届けしていきます↓
マラソン-2001133
スタート直前のスタートラインの様子。
ハーフマラソンの結果一覧をみると、男女あわせて約1900人の方が参加されたようです!

スタート順はこんな感じです↓
20200113-新春走ろう会(小)-6
完走予測タイムをもとに自己申告制で並ぶスタイル。

13
スタート前には、関西外国語大学のチアリーディングチームよりパフォーマンスが披露されたり、

14
ゲストランナーとしてイベントに参加されていた、森脇健児さんよりアナウンスなども。

スタートラインそばにはこんなゲストも↓
15
(パナソニックパンサーズの清水邦広選手)
枚方を拠点に活動しているバレーボールチーム、パナソニックパンサーズの清水選手らが!

マラソン-20011312
ランナーの皆さんにエールを送られてました!

会場が盛り上がる中、開始の時刻もせまり・・・
17
よーいスタート!(パンッ)
と、スタートの合図とともに走り出すランナー!

18
大勢のランナー達が一斉に走る姿は迫力があります!

ちなみに僕クロはこの時、どこにいたかというと…
19
トイレ待ちの列の中にいました(笑)
コースにはトイレも設置されてるんですが、途中で足を止めてしまうと足が動かなくなってしまった過去の経験があったので、すませておきたかったんです。

20
めちゃめちゃ焦りながらもなんとかランナー達の群れに合流。
順にランナー達がスタートを切るので、開始時刻を多少遅れても大丈夫でした。

21
森脇さんにエールをもらいながら、いざ出陣!!
昨年参加した時は1時間56分でゴールしたのですが、今回の目標タイムは1時間40分ぐらい!です。

ランナー視点はこんな感じ

ここからはスマホで撮影した写真を中心に、ランナー視点で様子をお届けしていきます!
※写真は周囲の方たちとぶつからないよう、安全確保ができる距離をとって撮影しています。
※公道での歩き(走り)スマホはやめましょうね!


23
走り出して3kmぐらいの様子。折返し地点を通過した先頭ランナーたちを通すために、誘導スタッフによりコース左側に寄るよう誘導されます。

「こんなはよ走って大丈夫なん!?」って思うぐらいのスピードで走るトップのランナーたちにビビりながら、僕も折返し地点を目指します(笑)

22
そして出口地区にある折返し第1地点を通過し、

24
再び同じコースを走り、枚方大橋のちょっと手前で淀川沿いのコースに入っていきます。

25
この辺りで4km〜5kmぐらい。まだ体力的には余裕です。
天気もよくてそこまで寒くなかったので、淀川ぞいのRUNはめっちゃ気持ちよかった!

淀川といえば、淀川の水でコーヒーを淹れた思い出が蘇ります(笑)


26
枚方大橋をくぐり、会場そばのコースへ。
参加者のご家族などギャラリーがたくさんいて、声援をおくってくれるのがまた嬉しいんです。

27
アクアシアター周辺を通って、樟葉方面へ進みます。

関西医大ちかくぐらいのコースを走っていたら…
28
枚方各地に出没しているドナルドダック(令和Tシャツ着用)を発見!
めっちゃ久しぶりに見ることができたんで、なんか嬉しかったです(笑)

ドナルドダックについてはこちらの記事をどうぞ↓


29
ドナルドダックをみれてテンション上がっていたら、7km地点を通過!
磯島の野球グラウンドあたりです。

30
こちらは8km時点ぐらいのクロの様子。やや疲れ気味の表情。
体験レポートってことで、臨場感出すために一応撮ってみたんですが…。突然のお見苦しい写真をすみません。

31
そんなこんなで、ようやく給水所に到着!
コースには給水所は3箇所ありまして、こまめに水分補給することができます。

32
給水所ではスタッフさんから「頑張れー!」と声をかけてもらいながら、水もしくはスポーツドリンクをGETできます。そばには仮設トイレの設置も。

僕は走りながらドリンクを飲むのが苦手なので、水分補給はスルーです。もちろん、歩きながらや止まって飲むこともできます!

33
牧野のゴルフ場近くまで進んで、11km地点あたり。
最初密集して走っていたランナーたちもちょっとずつ分散しつつあります。

35
そしてもうちょっと進んだところで右方向みると、くずはタワーシティ&くずはモールを発見!
マラソンも終盤にきてると思ってテンションあがります。

36
13km地点を通過し、折返し第2地点に到着ー!バテはじめて写真も斜めってますが、お許しください!

37
折返し地点のそばには仮設トイレ・2つ目の給水所・給食所がありまして、

38
給食所では片手で食べられるステックタイプのようかん(指でギュッと押すと中身がでてくる!)と、うろ覚えですがチョコやアメなんかももらえます。カロリーを消化しまくってるんで、エネルギー補給にめっちゃ助かるんです。

ちなみにこの時、ようやく水分補給したんですが、走りながら飲むのが苦手なクロは服がビシャビシャになりました(笑)

39
ここで再び、クロの様子をお届けします(いらん)
15km地点ぐらいでしょうか…。疲労で老け顔が更に老けてきました。

40
そんなしんどい状況ではありますが、ランナーの中には仮装している方もいまして、いろんな仮装を見ながら気を紛らすことができます(笑)目の前のランナーのTシャツのデザインをチェックするのとかも楽しい。
※仮装メインのランナーが参加する種目「パフォーマンス(仮装)の部」もあります。

あとは進んできたコースを戻りつつゴールを目指し、
41
17kmを過ぎたあたりにある、最後の給水所へ!

42
最後のひと踏ん張りをするために水分補給をしたいところですが、さっき服がビシャビシャになったトラウマがあるのでそのまま通過(笑)

43
そして19km地点通過!
昨年はこの辺りで横腹と膝が痛すぎて泣きそうだったんですが、思ったよりしんどくなくて「これ、目標タイムいけそうじゃね?」とレポの撮影してたから無理やったんです、とか言い訳を用意していた僕に希望の光が!

最後の力を振り絞ってペースアップしていると…
44
!!

IMG20200113120509
DO NA RU DO!!

「クロなら目標クリアできるよ」とは言われてないけど、そんなエールをもらったような気がしてラストスパートをかけます。ていうか、まだおったんやって驚きの方がでかかったです(笑)

行きも帰りもカメラを向けたら、手を降ってくれるドナルドダックさんの優しさに癒やされました。

45
遠目で会場が見えてきました!ゴールまであとちょっと!

ですが、この時向かい風が強すぎて心が折れそうになったところ、
46
「ナイスラン!」「このペースやったら1時間40分切るよ!」など、会場に近づくにつれてギャラリーの方々から声援をたくさんいただき、再び気合いをいれます!

47
ゴールまで数m!ハッハッハッハッ!(息切れ)

48
そしてついに…

49
ゴール!!!ハーフマラソン完走!!

この時、誰も僕のゴールを見に来てくれてないよなと思ったら、すどん@ひらつーがちゃんと写真を撮ってくれてました(笑)

マラソン-20011325
すどんの存在に気づいていないのにカメラ目線のクロ。
わざわざゴールを見に来てくれたすどんですが、僕に声をかけることなく事務所に帰っていきました(笑)ツンデレか!

50
(ゴールしてしばらくした後に駆けつけてくれたmyワイフに撮ってもらいました)
ゴール後は完走証もらうことができるので、ゴールをバックに記念撮影。

ちなみに完走タイムは…
20200113-新春走ろう会(小)-46
目標タイムジャストの1時間40分!(前回より16分早い)
それでも順位は1655人中311位と、上にはまだまだ早い人がいる…。ちなみに1位の方は1時間7分でゴールしたようです。早ッ!

マラソン大会はこれでしばらく参加せんとこって思ってたのですが、予想外に結果がよかったので近々開催する寛平マラソン淀川マラソンも参加したくなりました(笑)

20200113-新春走ろう会(小)-31
そして完走後にむかったのは、参加したランナーが無料でもらえるみそ汁配布ブース!(先着)

51
汗でながした水分&塩分を補給しつつ、カラダを温めます。
染み渡る〜!

52
そして帰りにたまたま森脇健児さん&同じく松竹芸能のドキドキ☆純情ガールズのお2人との無料の撮影会に参加することができたので、写真を撮ってもらい帰宅しました!


今回の2回目の出場でしたが、やっぱりゴールした時の達成感がめちゃくちゃ気持ちいい!

僕クロはマラソン大会デビューは昨年の新春走ろう会でして、それがきっかけで更にランニングが好きになりました。初めて参加したときに、会場の様子をうちょっと知りたいなぁって思ってたので今回レポートしてみたカタチ。

ランニングをされている方でマラソン大会未経験の方は、ぜひチャレンジしてみてもらいたい!
日頃のランニングのモチベーションが上がりますし、なにより大会当日の高揚感・達成感・大勢のランナーと走る楽しさが魅力なのでオススメですよー!

 
ちなみに寛平マラソンは同じく枚方河川公園が会場でして、種目によっては1月20日(月)までエントリー受付しているようなので興味のある方はぜひ!(→公式サイト

以上、第43回「新春走ろう会」ひらかたハーフマラソンのレポートでしたー!

■関連リンク


ライター:クロ@ひらつー クロ@ひらつー