FCティアモ枚方の第3節は5−0で快勝!VS岸和田クラブ。詳細レポ有

FCティアモ枚方のオフィシャルメディアパートナーの枚方つーしんがお送りする、詳細レポ付きの試合の様子。
今週は4月23日(土)11時半よりヤンマースタジアム長居にて行われたVS岸和田クラブ戦をお届けします。

集合写真3
(今回のスタメン)
  対戦相手「岸和田クラブ」 とは?  
「岸和田クラブ」は大阪府堺市を拠点とする岸和田高校OBが母体となったチーム。
Wikipediaによると、所属選手に元京都サンガFC・愛媛FCの選手がいる模様。
2016年の開幕戦は関学クラブと戦い、1−1で引き分け。 第2節はアイン食品と0-4で敗北。
関西サッカーリーグDivision2
4月23日(土)11:30キックオフ
FC TIAMO枚方 vs 岸和田クラブ
@ヤンマースタジアム長居

前半 3−0(得点:藤代・木田・采女)
後半 2−0(得点:木田・金泉)
合計 5−0

入場前1
入場前のシーン。試合が行われたヤンマースタジアム長居は大阪市東住吉区にある施設で、枚方からは車でおよそ50分の距離です。

キックオフ4
キックオフ前。

先週、苦しい中全員で勝ち取った初勝利。その勢いを全面に出した試合となりました!
さらにヤンマースタジアム長居という場所も選手1人1人のモチベーションを高める要因となり、良い雰囲気で試合に挑むことができました。
それでは、試合内容です。

第3節のスターティングイレブン↓
GK No.1堀之内
DF  右からNo.14片岡・No.4金泉・No.3藤代・No.5新地
MF 右からNo.13浅井・No.7神田・No.8浦・No.16吉薗
FW No.9采女・No.11木田

交代
48分 No.7神田→No.23原田
64分 No13浅井→No.19上村
77分 No.16吉薗→No.10加藤

13浅井26
(No.13浅井選手)

先週の初勝利から1週間、初勝利の勢いをそのままに、キックオフと同時に相手陣内に攻め込むFC TIAMO枚方の選手たち。

3藤代23
(以前インタビューさせてもらったNo.3藤代選手)

そして、その勢いで開始早々前半3分のコーナーキック、No.11木田の蹴ったボールをNo.3藤代が打点の高いヘディングで相手のゴールネットに突き刺し先制!

9采女10
前回の試合で得点したNo.9采女(うねめ)選手)

その後も開幕から少しずつ良くなってきているコンビネーションを生かして、相手ゴールに迫っていきます。

11木田7
(No.11木田選手)

前半28分左サイドをうまくぬけだしたNo.9采女のグラウンダーのクロスをNo.11木田が相手ゴールにうまく流し込み追加点を得ます。

9采女シュート15
(No.9采女(うねめ)選手のシュート)

さらに同じ28分には、No.13浅井のパスを受けたNo.9采女が右足を振り抜き3点目。

7神田220
(No.7神田選手)

FCティアモ枚方は前半だけで3点のリードを奪い、試合は後半へとゲームを進めます。

15山野選手(4月24日誕生日)27
(控えのNo.15山野選手。試合翌日の4月24日が誕生日でした)

23原田(左)24
 (控え選手No.19上村選手(右)、No.23原田選手(左))

 山本監督221
ところが後半立ち上がり、ちょっとしたアクシデントが発生。

23原田34
(No.23原田選手)

それに対応するため、No.7神田に変え、No.23原田を投入しRSB(右サイドバック)No.14片岡をボランチ(→Weblio辞書)に、交代で入ったNo.23原田をRSBにし、追加点を狙っていきます。

19上村32
(No.19上村選手(右))

さらに64分には、No.13浅井からNo.19上村に交代し、相手に傾きかけたリズムを引き戻しに。

ゴール後13
(得点直後の様子)

攻勢を強めると、75分にNo.11木田が本日2度目となる4点目を決め、3試合で3ゴール目と結果を残し、試合を決定づけます。

10加藤シュート31
(以前インタビューさせてもらったNo.10加藤選手)

その後は、77分にNo.16吉薗にかわり、No.10加藤を投入。

14片岡12
(No.14片岡選手)

ボールの支配率を高め、さらにゴールを目指していきます。

4金泉ゴール祝福36
(得点直後のNo.4金泉選手。いい笑顔です)

最後のゴールは、後半アディショナルタイムにセットプレーからこぼれたボールをNo.4金泉が豪快に決めて5−0で試合終了。

1堀之内35
(GKのNo.1堀之内選手)

5新地230
(No.5新地選手)

No.1堀之内、No.3藤代、No.4金泉、No.5新地、そしてNo.14片岡の5人を中心とした守備陣は安定した守りを見せ、完封勝利となりました。

試合後40
(試合後の様子)

とはいえ全体としてすこしずつ良くなってきていますが、まだまだチームとして発展途上。

整列41
今後さらに高いレベルを目指して、トレーニングしていきます。

試合後の挨拶42
本日もヤンマースタジアム長居まで、応援に駆けつけてくださったサポーターの皆様、スポンサー企業の皆様、本当にありがとうございました。

5-0で勝利38
次節、アウェイでの関学クラブ戦も良い結果をご報告できるように全員で取り組んでいきたいと思います。

<次節予定>
5月1日(日)11:00キックオフ
関学クラブ vs FC TIAMO枚方
場所 神戸総合運動公園ユニバー記念競技場

なお、今回の試合の様子は対戦相手「岸和田クラブ」のFacebookページに1075枚ほど写真がアップされていますので、そちらもどうぞ!

監督コメント

白川選手・山本監督39
(山本監督と白川選手)

今日の試合は、本当に良い環境でプレーでき、選手たちも良いパフォーマンスを発揮してくれたと思います。
リーグが開幕して3戦目、少し疲れも出てきた中で、これだけのプレーを見せてくれたことは、チーム全体としてよくなってきているなと感じます。

試合としては、立ち上がりから積極的にゴールを目指しセットプレーから得点できたことで、良い入り方ができました。
その後も2点目、3点目ととることができましたし、守備陣もしっかりと0で抑えてくれました。

今日良い形で勝つことができ、選手たちのコミュニケーションも多くなってきて、来週はさらに良いプレーを見せてくれると思います。

もちろん、修正しなければいけないところはたくさんありますし、もっともっと良くなるチームだと思っています。
これからまだまだシーズンは続きますし、自分たちの目標は1部に昇格すること。
そのことを全員が頭に入れて、毎試合毎試合、全員で全力を出し切って闘っていきたいと思います。

明日から1週間しっかりと準備して、次節を迎えたいと思います。
本日も応援に駆けつけてくださった皆様本当にありがとうございます。
皆様1人ひとりの声援が選手たちの力になります。これからも熱いご声援お願いします。
これからもご声援よろしくお願いいたします。

選手コメント

1堀之内19

No.1堀之内選手(GK)コメント
今日はいい試合が出来たと思います。
特に前半は攻守において相手よりもいいプレーが出来ました。
後半は押し込まれる時間もありましたが、守備陣としては無失点で終えられたのは収穫だと思います。
次節も勝って連勝を伸ばせるようにチーム一丸となってがんばりますので、応援よろしくお願いします。

7神田19

No.7神田選手 コメント
まずは前節に続き、勝利をおさめることができてよかったと思います。
初戦、2戦目での反省から今日の試合では、90分間通して攻守ともに主導権を握り続ける試合運びをすることに重点をおき、試合に挑みました。
攻守にわたって積極的にアクションを起こし、常に相手より先手を取ることで、ある程度は狙い通りのゲーム展開になったと思っています。

後半は相手にペースを握られる時間帯もあり、まだまだ課題はありますが、その中でも90分間とおして積極的なプレーを続け、勝つことができたことは、チームが少しずつでも成長できている証だと思います。

最後になりますが、スポンサーの皆様、サポーターの皆様、いつもご支援ご声援いただきありがとうございます。
このような素晴らしい環境でプレーできることに感謝し、次節も勝つことはもちろん、応援してくださる皆様に楽しんでいただけるような試合をお見せできるよう、チーム一丸となって戦いますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

以上、FCティアモ枚方の第3節の結果でした。
来週は5月1日開催予定のVS関学クラブ@神戸総合運動公園ユニバー記念競技場をお届けしますので、お楽しみに!

◇関連記事
これまでのFCティアモ関連の記事 
ライター:すどん すどん

カテゴリ : スポーツ