FCティアモ枚方のアウェイでのミネイロ戦の結果は0-0でスコアレスドロー。順位は変動なしの4位

FCティアモ枚方のオフィシャルメディアパートナーの枚方つーしんがお送りする、詳細レポ付きの試合の様子。
今週は6月19日(日)12時より高砂市陸上競技場にて行われた関西サッカーリーグDivision2の第8節、VS 高砂ミネイロFC戦をお届けします。

集合写真20
(今回のスタメン)
  対戦相手「高砂ミネイロFC」 とは?
高砂ミネイロFCは兵庫県高砂市に本拠地をおくサッカーチームで、ミネイロというのはポルトガル語でブラジルのミナスジェライス州出身者という意味なんだそう。(→Wikipedia
FCティアモ枚方の今季の開幕戦の相手でもあり、開幕戦は1-2で惜敗2年前の1部昇格時の対戦相手でもあり、因縁の相手……は言いすぎかもしれませんが、強敵です。

この試合で勝利した場合、最大で3位に浮上することが可能で、もし敗北した場合は6位まで下がる可能性がありました。
関西サッカーリーグDivision2
6月19日(日)12:00キックオフ
高砂ミネイロFC vs FC TIAMO枚方
@高砂市陸上競技場

前半 0−0
後半 0−0
合計 0−0 引き分け

会場2
大雨のため、30分遅れて12時に試合開始となった高砂ミネイロFC対FC TIAMO枚方の一戦。

入場10
FC TIAMO枚方としては、4月の対戦で敗れているだけに、しっかりとリベンジを果たしたいところだったのですが、試合は互いに譲らない展開になりました。

第8節のスターティングイレブン↓
GK No.1堀之内
DF右から No.2吉田・No.4金泉・No.3藤代・No.5新地
MF右から No.23原田・No.8浦・No.14片岡・No.6岡田
FW No.16吉薗・No.11木田

交代
71分 No.23原田→No.24古川

1堀之内214
(No.1堀之内選手)

前半開始早々に、相手にコーナーキックを与えてしまいますが、そこはNo.1堀之内がビッグセーブをみせ相手の得点を許しません。

2吉田相手とボールを奪い合う18
(No.2吉田選手)

その後、少しずつ落ち着きを取り戻し、相手ゴールに迫るシーンも見られるように。

4金泉20
(No.4金泉選手)

守備はNo.1堀之内を中心に、No.2吉田、No.3藤代、No.4金泉、No.5新地の守備陣が鉄壁の守りをみせ、しっかりとゼロに抑えます。

16吉薗228
(No.16吉薗選手)

攻撃はNo.11木田とNo.16吉薗の2トップが相手のゴールに迫るも最後のところで相手に防がれ得点できずに、前半0-0で折り返します。

後半前の円陣26
(後半前の円陣)

ハーフタイムではもっと積極的にゴールを目指すこと、守備ではシンプルに対応することを全員で確認し後半戦へ。

11木田31
(No.11木田選手)

後半は、前半途中からの勢いをそのままに相手ゴールに迫るシーンが次第に多くなるも、なかなか決定的なところまでは辿りつけません。

14片岡222
(No.14片岡選手)

20分すぎには、右サイドからのクロスがゴール前に入るもあと一歩が届かずクリアされてしまいます。

3藤代29
(No.3藤代選手)

その後は、セットプレーから、No.3藤代、No.4金泉を中心に怒涛の攻めを見せるも相手の堅い守りを崩せず、そのままタイムアップ。

最後の構成を考えるととても悔しいドローという結果になりました。

<次節予定>
6月25日(日)11:30キックオフ
FC TIAMO枚方 vs ディアブロッサ奈良
場所 鶴見緑地球技場
<現在の順位>
1位 ASL京都 勝点17
2位 セントアンドリュー 勝点16
3位 ディアブロッサ奈良 勝点13
4位 FC TIAMO枚方 勝点12
5位 アイン食品 勝点11
6位 ミネイロ高砂 勝点10
7位 関学クラブ 勝点7
8位 岸和田クラブ 勝点4

監督コメント

山本監督225
(山本監督)

まずは、とても悔しい想いでいっぱいです。
前期終了から3週間、選手たちと共にしっかりと準備し、今日の試合を迎えました。

しかし、結果が出なかった。
選手たちはとてもよく闘ってくれたので、本当に勝利という結果がほしかった。

ですがまだまだリーグ戦は続きますし、7月10日は枚方市陸上競技場で試合が行われます。
それまでの2試合を勝って、いい状態で7月10日を迎えられればと。
そしてまずは、次週のディアブロッサ奈良戦に向けてしっかりと準備し、闘いたいと思います。
今日も雨の中、応援に駆けつけてくださったサポーターの皆様、本当にありがとうございました。
これからも皆様の熱いご声援をお願いします。

選手コメント

1堀之内13

No.1 堀之内選手コメント
後期の初戦ということで優勝するためにも勝ちたかったですが、引き分けに終わってしまい残念です。
雨の影響で普段通りのプレーをすることは難しかったですが、こういう試合を勝ち切れる様にならないと上には行けないと思います。ただ攻守に渡って気持ちの入ったプレーは出来ていたと思いますし、ベンチも含めたチーム一丸となって戦えていたんじゃないでしょうか。
着実にチーム力は上がってきているので、次の試合こそ勝てる様にまた1週間準備したいです。
残り6試合全勝すれば優勝も見えてくると思いますので、応援よろしくお願いします。

16吉薗15

No.16 吉薗選手コメント
前期7試合を終えて悔しい思いもし、課題も多く見つかりさらにチーム一丸となり迎えた後期リーグ、今日の相手は前期開幕戦で負けた高砂ミネイロ。
大雨のため30分遅れての試合でしたが、試合前のミーティング、アップから良い雰囲気で試合に臨む事ができました。
前半早々は蹴り合いとなり何度かピンチもありながら激しい攻防が続きましたが、お互い譲る事なくスコアレスドローで前半を終了。
ハーフタイムでは監督からの指示や選手同士の意思疎通ができ、後半を迎えました。
後半は前線のピッチ状況も良く、後半開始早々からチャンスも作る事に成功。
また、キーパーを含むディフェンス陣の固い守りで安定し、攻撃のリズムも良くなりいい形で相手ゴール前まで運ぶ事ができたのですが、ゴール前で一歩及ばずゴールネットを揺らす事ができず、0対0のスコアレスドローで試合を終えました。

前期負けた相手に勝つ事が出来ずとても悔しく思います。
夏の中断期間までの来週からの3連戦を落としてしまうとリーグ昇格も難しくなるので、この3連戦を全て勝てるように、今日の反省を活かしながらこの1週間調整を行い万全の準備を尽くしたいと思います!
雨の中遠くまでお越しいただいたファンやスポンサーの方々応援ありがとうございました。来週から続く3連戦を勝利して上位との対戦を迎えられるように頑張りますので、応援よろしくお願いします!

以上、FCティアモ枚方の第8節の結果でした。
次回は6月25日開催予定のVSディアブロッサ奈良@鶴見緑地球技場をお届けしますので、お楽しみに!

◇関連リンク
関西サッカーリーグ 公式サイト
FC TIAMO枚方 公式サイト
これまでのFCティアモ関連の記事 
ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー

カテゴリ : スポーツ