FCティアモ、前回ホームで大敗したアルテリーヴォ相手に3-1で勝利しリーグ2位に浮上!雪辱を果たした第9節

枚方からJリーグを目指すサッカークラブ「FCティアモ枚方」の、7月9日に紀三井寺陸上競技場で行われた試合の結果をお届けします。

今回の試合では勝つと最大でリーグ1位に浮上可能で、負けると4位に転落、という可能性がありました。
関西サッカーリーグDivision1
7月9日(日) 18:30キックオフ
FC TIAMO枚方 vs アルテリーヴォ和歌山
@紀三井寺陸上競技場
 
【スコア】合計 3-1
~前半 1-0~
13分 1-0 No.6小川(No.14吉村)
~後半 2-1~
02分 2-0 No.17山浦
04分 3-0 No.17山浦(No.24岡田)
72分 3-1 失点
※( )内はアシスト選手

1
©Jun HATA

前節、首位のアミティエSCに勝利し、勢いに乗ったまま迎えた第9節。アルテリーヴォ和歌山は、前回6失点で大敗した相手ということもあり、必ず勝たなければならない一戦でした。

1
©Jun HATA

日曜日の夜の試合、和歌山という遠方にもかかわらず、多くのスポンサー様、サポーターの方々が応援に駆けつけていただきました。
また、新たな楽器も増えアウェイとは思えないほど(ホームゲームのような)、より一層心強い応援の中で挑む試合に。
 
スターティングイレブン↓
GK No.31石田
DF 右からNo.20岡山、No.4金泉、No.3藤代、No.14吉村
MF 右からNo.6小川、No.10加藤、No.8浦、No.24岡田
FW No.11木田、No.17山浦
 
サブメンバー
No. 21白川、No.2吉田、No.5新地、No.28川崎、No.16柳、No.18豊田、No.23原田
 
交代 65分 No.4金泉 → No.16柳
90分 No.17山浦 → No.23原田
93分 No.24岡田 → No.2吉田

ハイライト↓ 
1
©Jun HATA

試合は、立ち上がりから攻守ともに比較的主導権を握るかたちで進めることができました。
すると前半13分、左サイドNo.14吉村からの折り返しをゴール前で受けた、No.6小川が冷静に一人かわしてゴールを決めて先制。1-0。

1
©Jun HATA

直後には相手に決定的な場面を作られるなど、攻め込まれる場面もありましたが、GKのNo.31石田がファインセーブを見せるなど得点を許さず1-0で前半を折り返します。

1
©Jun HATA

後半は、立ち上がりから相手のペースで嫌な空気が流れますが、安定した守備陣がここを守ると、後半2分、No.24岡田が中央からボールをパス、受けたNo.17山浦がスピードに乗ったドリブルで相手守備陣を切り裂き、落ち着いてゴールに流し込み2-0。

1
©Jun HATA

さらに、2分後の後半4分にも、左サイドを突破したNo.24岡田の絶妙なクロスをNo.17山浦がヘディングで決めて3-0と相手を圧倒します。

その後は、再び相手のペースになり、苦しい時間帯が続くと後半27分に失点を許し1-3。しかし、ディフェンスラインを中心に1失点に抑え、3-1で試合終了。

1
©Jun HATA

後期が始まり上位チームに2連勝することができました。しかし、油断することなく気を引き締め直して、次節もチーム一丸となって戦いたいと思います。
本日も、スポンサーの皆様をはじめ、サポーターおよび、多くの方々に遠方また悪天候にもかかわらず、会場に足を運んでいただきましたことに感謝申し上げます。
引き続き、ご支援、ご声援のほどよろしくお願いいたします。

※ハイライト部分の文章はFCティアモによるものです。

<次節予定>
8月26日(土)11:30キックオフ
FC TIAMO枚方 vs St.Andrew's FC
場所 三木防災補助

<現在の順位>
1位 アミティエSC京都 勝点20
2位  FC TIAMO枚方 勝点19
3位 関大FC2008 勝点16
4位 アルテリーヴォ和歌山 勝点15
5位 阪南大クラブ 勝点11
6位 バンディオンセ加古川 勝点9
7位 St.Andrew's FC 勝点6
8位 レイジェンド滋賀FC 勝点4
 
監督コメント

1
©Jun HATA

本日も遠い所、またナイターゲームにも関わらず、会場まで足を運び共に戦って頂きましてありがとうございました。
ウォーミングアップの時からいつも以上の声援を感じ、とても心強かったです。
スポンサーの皆様、サポーターの皆様、の力添えがあったからこそ、最後まで選手は頑張ることができたのだと思います。
また、この様な環境で試合が出来る素晴らしさを改めて感じさせて頂きました。
良い意味でアウェイを感じながらのゲーム。
スタジアムの雰囲気や応援、運営など、細部に渡り、我々との違いを感じさせられました。
選手にとって試合を多くの方々に観て貰えるというのがモチベーションアップに繋がります。
もっともっと魅力あるゲームをして多くの方々に会場に運んで貰える様に現場は頑張らないといけないと感じさせられました。  
リーグは1ヶ月以上中断となります。状況としては、なんら変化ありません。
貪欲に勝ちを求めてトレーニングから積み上げるのみです。
一喜一憂する事なく前進していきます。
7月23日(日)より第53回全国社会人サッカー選手権関西大会も開幕します。
負けて良い試合は1つもありません。どんな試合も勝ちたいです。
選手と共に良い結果を掴み取れるように頑張ります。引き続き応援よろしくお願い致します。 

選手コメント

1
©Jun HATA

<No.4 DF 金泉 万里 選手コメント>
初めにスポンサー様、サポーター様、和歌山まで足を運んでくださってありがとうございます。
たくさんのご声援のおかげで前期のリベンジを果たせました。  
個人的にも課題の残る試合となりましたが、この中断期間にしっかりトレーニングに励み、次節に備えたいと思います。
引き続き応援のほどよろしくお願いします。  

1
©Jun HATA

<No.5 DF 新地 寿史兆 コメント>
今日の試合は、とても重要な試合でした。  
この試合を勝たないと上位と勝点が開いてしまうので、常に練習から言ってきました、絶対勝たなければいけないと。  
試合はTIAMOの先制から1失点はしたものの3-1で勝利する事が出来ました。  
自分も途中から試合に出て、もう1点取りたかったのですが、取れずに終わってしまいました。
途中交代の選手がチームに勢いを与えないと意味がないと思っています。
次試合に出たら、チームの雰囲気と勢いを上げられるようなプレーをしたいです。
チーム全員が同じ意識で戦うことができた結果、勝利する事ができました。
今回、 遠い所まで応援しに来てくださったスポンサー様、サポーター様TIAMOに関わる全ての方の応援があるから今のチーム、今回の勝利があります。
本当にありがとうございます。さらに強くなれるようトレーニングから頑張ります。
これからも応援よろしくお願いします。

以上、FCティアモ枚方の第9節の結果でした!

ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー

カテゴリ : スポーツ