FCティアモのリーグ初戦は0-2で高砂ミネイロFCに敗北。次は枚方陸上競技場でホーム戦!

枚方からJリーグを目指すサッカークラブ「FCティアモ枚方」の4月15日にアスパ五色で行われたホームゲームの試合結果をお届けします。

まずは動画から↓


関西サッカーリーグ2018 Division1
4月15日(日)11:30キックオフ
FC TIAMO枚方 vs 高砂ミネイロFC
@アスパ五色

【スコア】合計 0-2
~前半 0-1~
36分 0-1 失点
~後半 0-1~
50分 0-2 失点

4-15-1804152
©Jun YOSHIDA

開幕戦の舞台は昨年の開幕戦と同じくアスパ五色。
同じ轍は踏まない、開幕戦に勝利し勢いに乗りたい、という想いで臨みました。


前日からの雨の影響が心配でしたが、ウォーミングアップ前には雨も止み、ピッチコンディションも良好でした。


対戦相手は今年関西1部リーグに昇格してきたチーム。
JFL昇格を目指す上で絶対に勝利したい一戦でした。

4-15-18041512
©Jun YOSHIDA

そんな中で迎えた開幕戦、観客席にはスポンサー、ファンの方々が応援に駆けつけてくださり、大応援団に!!
淡路島まで多くのサポーター、スポンサー様が見守ってくださる中、試合開始のホイッスル。

6174649936_IMG_9626
©Jun YOSHIDA

スターティングイレブン↓
GK No.31 キローラン 菜入
DF No.4 金泉 万里、No.14 吉村 泰良、No.24 戸田 航平、No.40 野本 泰崇
MF No.6 小川 直毅 、No.8 浦 紘史、No.10 加藤 博人、No.37 濱中 優俊 、No.41 飯田 涼
FW No.9 山浦 大和

サブメンバー
No.28 岩脇 力哉
No.2 吉田 時雄
No.3 藤代 健太
No.5 新地 寿史兆
No.16 柳 星旭
No.17 福森 大樹
No.18 豊田 亮磨

交代
HT  No.14 吉村 泰良→NO.5 新地 寿史兆
後半33分 No.37濱中 優俊→No.17 福森 大樹
後半82分 No.8浦 紘史→No.3藤代 健太

ハイライト↓
4-15-1804155
©Jun YOSHIDA

今季より加入したGKのNo.31キローラン、DFのNo.40野本、No24.戸田、MFのNo.37濱中、FWのNo.41飯田がスタメン入り。

新たな戦力が加わり、満を辞して迎えた一戦でした。

開幕戦にかける想いはどのチームも同じ。
緊張感漂う中試合が進みます。

4-15-1804156
©Jun YOSHIDA

決め手を欠き、攻めあぐねている状況で、前半36分に相手のショートカウンターから失点してしまい0-1となります。


4-15-18041513
©Jun YOSHIDA

ハーフタイムには戦術的な狙いを確認し、逆転すべく後半に臨みましたが、後半開始早々に出してしまった退場者。

4-15-18041514
©Jun YOSHIDA

そのフリーキックのこぼれ球を押し込まれ0-2となります。


4-15-1804151-5
©Jun YOSHIDA

劣勢の中、最後まで諦めずに相手ゴールを目指しましたが、決定機をものにできず無得点で試合終了となりました。
今年のチームに期待してくださっている多くの方々の想いに応えられずとても悔しいですが、下を向いてはいられません。


次節ホーム枚方陸上競技場では、リーグ戦初勝利をお届けできるようチーム一体となって闘います。

今年のスローガンでもある「共闘」。


選手、スタッフ、スポンサーの皆様、ファンの方、アカデミーの子ども達、保護者
TIAMOに関わる全ての人と一緒に闘いたいと思います。

宜しくお願いいたします。

<次節予定>
4月29日(日)14:00 キックオフ
FC TIAMO枚方 VS バンディオンセ加古川
場所: 枚方市立陸上競技場
<現在の順位>
1 高砂ミネイロFC 勝ち点3
2 おこしやす京都AC 勝ち点3
3 関大FC2008 勝ち点3
4 アルテリーヴォ和歌山 勝ち点1
4 バンディオンセ加古川 勝ち点1
6 AS.ラランジャ京都 勝ち点0
7 阪南大クラブ 勝ち点0
8 FC TIAMO枚方 勝ち点0

監督コメント

4-15-1804151-4
(山本監督) 

開幕戦という事で、良いスタートをきる意味でも、どんな形でも勝利したかったというのが感想です。良い意味で、またサッカーを勉強させて貰いました。

コンパクトに守備をして、早く攻める。
前線の流動性など、相手のやりたい事を自由にやらしてしまい、逆にもっと嫌な所を突いていけたら良かったのかなと思います。

何名かの選手は本来の力を発揮出来ませんでした。
要因は色々あると思います。

結果として、最下位からのスタートです。あとは上がるしかありません。
決して簡単なリーグでは無いというのが今節の結果でも分かると思います。

しかし、今年はなんとしてもリーグ優勝したいと思っています。
全ては日々の積み重ねです。一つ一つ課題をクリアしながら最後、目標を成し遂げられる様に、選手と共にトレーニングからという気持ちで再度取り組んで行こうと思います。

次節は躍動感あるサッカーをして、必ず勝利出来るよう頑張ります。
応援よろしくお願い致します。

選手コメント

No.37 MF 濱中 優俊 選手
4-15-1804151

今年は必ず「JFL昇格」といった目標を掲げた中での開幕戦で、このような結果になってしまい、応援やサポートをして頂いている皆様に申し訳ない気持ちでいっぱいです。ただ、まだ1試合が終わっただけです。この敗戦を意味のあるものに、今後自分たちがどう変われるか、どう戦えるかがすごく大事です。
リーグ戦が終わった時に、この開幕戦で負けて良かったなと笑って話せるように、チーム全体で日々の練習からより一層高い意識で練習に取り組んでいきたいと思います。これからも熱い応援を宜しくお願いします。

以上、FCティアモ枚方の第1節の結果でした。

そして昨年同様に、ひらつー事務所も入っている枚方公園駅ちかくにある鍵屋別館4階のひらばにて、FCティアモ枚方の新加入選手の入団会見が行われました↓
1
2018年度のスローガンは共闘。

1
去年と違い、今年は坊主頭じゃない山本監督からのシーズン抱負や、

1
新加入選手たちの紹介などが行われました。

ひらつー的注目の選手は、
1
17番福森選手。注目理由は、記者会見をいい感じに盛り上げてくれてたという理由です(笑)

前述したとおり次節は枚方市立陸上競技場での開催、つまりはホーム戦です。
4月29日、枚方にいるという方はぜひFCティアモの試合観戦におこしくださいねー!