東海大仰星高のラグビー部が今年も全国大会に出場するみたい。これで5年連続18回目

東海大学付属仰星高等学校のラグビー部が第97回全国高校ラグビーフットボール大会府予選を勝ち抜き、全国大会へ出場を決めています。

20171211東海大仰星高-8
(左から湯浅監督、長田主将、魚谷副将。市長表敬訪問の際に撮影した写真。)
試合結果についてはこちらのページに掲載されていて、11月19日に行われた決勝で関西大学北陽高等学校を相手に38-5で東海大仰星が勝利し、全国大会に駒を進めたようです。

東海大仰星のラグビー部といえば、一昨年の全国大会では4度目の優勝を勝ち取り・昨年の全国大会では3位の成績を残したラグビー強豪校。全国大会には5年連続18回目の出場です。
ひらつーでも決勝戦全国大会の報告会の様子を見に行ったりと、これまでに何度も紹介しています

20171211東海大仰星高-7
(左から魚谷副将、長田主将)

なお、大阪大会の予選は第三地区にわかれていまして、大阪代表として全国大会に出場できるのは3校。

今年の代表は東海大仰星と常翔学園、大阪桐蔭の3校となっていて、昨年と同じ顔ぶれになっています。

第97回全国高校ラグビーフットボール全国大会は12月27日から開幕予定。
ぜひ花園ラグビー場まで応援に行ってみてはいかがでしょうか!

今年の活躍も楽しみですねー!

◇関連リンク
MBS全国高校ラグビーファンサイト
これまでの東海大仰星関連の記事

※「TH130」さん、情報ありがとうございました
■■■情報提供求む!■■■

ライター:クロ@ひらつー クロ@ひらつー