枚方を365日楽しい街に、と活動する「枚方が好きやん」の代表が朝日新聞で紹介されてる

一般社団法人「枚方が好きやん」代表理事の余田慎太郎さんが朝日新聞に載っています。


余田慎太郎さんは『枚方が好きやん』の代表理事で、去年には淀川河川公園枚方地区で「淀川イカダレース くらわんか杯」を開催するなど、『枚方を365日楽しい街に』をモットーに精力的に活動されています。

aa353171-s
(優勝者は賞金50万円が!淀川をイカダでレースした結果、賞金を手にしたのは…!【ひらつーレポ】より)

去年初開催ながらも123組が参加し、大成功となったこのレース、今年は新型コロナウイルスの影響で中止となったようですが、来年はより規模を拡大して開催するそうです。

淀川イカダレース くらわんか杯公式Facebookページ↓

おはようございます! 本来なら本日がイカダレース当日でした! 2月に発表した通り 今回は、残念ながらコロナの影響で 中止となりましたが来年に向けて準備しております! 来年の今日に皆さんとレースを楽しめる事 楽しみにしております(^^) 今後とも宜しくお願いします!

淀川イカダレース くらわんか杯さんの投稿 2020年5月5日火曜日

こういったイベントなどには資金が必要ですが、余田さんは枚方にあるお店の方々と協力して、枚方が好きやん!カード「YANCA」を作ったんだとか。

枚方が好きやん!カード「YANCA」の詳細はこちら↓


記事中では他にも余田さんが「枚方が好きやん」を設立したきっかけなどを話していますので気になる方は上記リンク先をどうぞ!



ライター:モモ@ひらつー モモ@ひらつー