優勝者は賞金50万円が!淀川をイカダでレースした結果、賞金を手にしたのは…!【ひらつーレポ】

69ad0f96
イベントなどに実際に行ってご紹介する【ひらつーレポ】 


今回は淀川河川公園枚方地区で本日8月4日に行われた「淀川イカダレース くらわんか杯」の様子をお届けします。

イカダレース-19080450
以前記事にしたとおり本当は7月29日に開催予定でしたが、雨による川の増水のため、本日8月4日開催へと延期になった「淀川イカダレース くらわんか杯」。

優勝者には賞金50万円!ということで、ひらつーからはお金に目がくらんだガーサン@ひらつーお枚の方が出場、応援&レポ担当が僕すどん@ひらつーという構成です。2人が優勝したあかつきには応援費用を請求しようと思い、やってまいりました。

イカダレース-19080413
今日はイカダレースをやるにふさわしい天気というか、快晴です。

イカダレース-1908041
現地についたらまずは受付。出場者たちが行列を作っていました。

イカダレース-1908042
その後はステージにて開会式。

イカダレース-1908043
最後には「イカダーーー!!!」的な掛け声で『淀川イカダレース くらわんか杯』がはじまりました!大航海時代の幕開けや!!!!

出場チーム↓
イカダレース-1908044
みんないろんな名前で登録していて、中でも個人的にグッときたのは、

イカダレース-1908045
「チーム中東の顔面」「ぽっちゃり特攻隊」の2つ。
どんな人か見てみたかった(笑)

イカダレース-19080411
会場にはこんな感じでフォトスポットもありまして、ガーサンを撮影。

イカダレース-19080448
飲食もできるようにいくつか出店もありました。

イカダレース-1908046
そうこうしているうちに、最初のレースがスタート。

イカダレース-1908047
インとアウトに分かれてレースが進行。

イカダレース-1908048
ですが最終的には……

イカダレース-1908049
インコースを攻めた方がこの回は勝っておりました。

なお、レースがおわると……
イカダレース-19080410
ボートは回収され、

イカダレース-19080418
トラックでスタート地点へと運ばれ、クレーンで戻されるというかたちでした。

イカダレース-19080415
そしてこれはまた別の回の、スタート前のようす。ロープをもって開始位置につきます。

イカダレース-19080416
スタート!

イカダレース-19080417
スタートして左にカーブしてきたところを撮影した写真。

イカダレース-19080419
レースは進んでいきますが、写真中央のように進行方向に対して垂直になることもありましたし、

イカダレース-19080420
このように意図せず右側のエリアに入ってしまう、みたいなこともありました。
イカダレース、大変そう!!

開始前は運がメインかな?と思っていたんですが、実力もかなり出てきそうです。

イカダレース-19080421
そしていよいよ、チームひらつーのレースもスタート。上記写真だと一番左側です。

イカダレース-19080423
すぐレースはこのようにキレイに並びましたが……

イカダレース-19080424
1位と2位のチームが他と差をつけます。

イカダレース-19080426
頑張れ!頑張れ!と思っていたら、ガーサンがなぜか立ちあがりました。

ガーサンにあとあと聞いてみると、

「レース中に立ち上がったのは僕たちしかいない」

みたいなことを言っていました。どんな理由やねん(笑)

イカダレース-19080427
ガーサンが立ち上がろうとレースは進み、順位は変わらず3位につけております。
なお、1位になれば準決勝に進むことができるという仕組み。

イカダレース-19080428
時には変な方向に進んだりして、必死にがんばるチームひらつー。

イカダレース-19080429
これはそんな中撮影した、まるでガーサンがお枚の方をねぎらっているみたいに見える写真です。
「大丈夫?」とか言いながら背中さすってあげてる感じ。

イカダレース-19080431
こげどもこげども、1位どころか2位の背中も見えやしない。そんな絶望的な状況に陥ったチームひらつー。

イカダレース2-1908041
しかし、ガーサンに秘策がありました…!








それは、遡ること昨日……!!!


イカダだって船なので、帆を張ることにより風の力を借りることができるんじゃないかと考えたガーサン!!

回想-1908032
そうして買ってきたこれらの材料!

回想-1908031
ポンチョをつなげることにより、風の力を我が物にしようとし!!

回想-1908033
完成っ!!!したらなんか違うってなったので、

回想-1908034
また買い出し!!買ってきたのはレースカーテン!!

回想-1908035
広げてっ……!!

回想-1908036
麻ひもで(雑に)縫い付けてっ!!

回想-1908037
ひらつー事務所の窓に貼られている「ひらつー」の文字を勝手に拝借!!

回想-1908038
そうして完成したこの帆!!!
風の力を利用して、ひらつーも宣伝するというこの!!
夜22時近くにようやく完成したこの!!


この帆がっ!!!
チームひらつーを遥か高みへと連れて行く原動力にっ!!!





イカダレース-19080432
なりませんでした。

イカダレース-19080433
なんかボートの後ろに置いといたらびしょ濡れになってたそう。

イカダレース-19080434
しかもレースカーテンを素材にしているためか、スッケスケで風とおしまくり。
そしてガーサンが何かやっている間も必死で漕ぐお枚の方。頑張れお枚の方!!

イカダレース-19080435
(ガーサンあきらめました)

いよいよレースも終盤というところで……

イカダレース-19080436
なんかポールっぽいのに接触!!

イカダレース-19080437
あ……

イカダレース-19080438
ついに進行方向に対して逆方向を向いてしまった!!

そんな時……
イカダレース-19080439
やってきたのが……!

イカダレース-19080440
4位だった、宇宙一キミと向き合う……

イカダレース-19080441
K・E・C〜〜〜〜〜!!!
宇宙一キミと向き合うから抜かさないで〜〜〜!!!

イカダレース-19080442
しかしやはりキミと向き合う真剣さが世界一レベルだった我々は

イカダレース-19080443
そのまま宇宙一のKECチームに抜かれてしました。
チームひらつーは4位でゴール。

イカダレース-19080444
こうしてイカダ児達の暑い夏がまたひとつ終わりを迎えました……。

イカダレース-19080445
なお、ゴール後はこんな感じで誘導してもらえます。

イカダレース-19080446
レースを終えた2人に感想を聞いてみると……

お枚の方「思ったより距離が長くて腕にきました!
体力には結構自信があったんですが、不安定な所に座って板で漕ぐというのは、手の短さも相まって辛いものがありました笑
でも、本気で1位を狙おうと思って準備したらいけそう💡💡💡な気がする!
来年も、頑張ろうよガーさん!!!」

ガーサン次はくらわんか船の原点に立ち返ってふんどしで出場します

って言ってました。

外はあっついので、ここでチームひらつーは一旦ひらつー事務所に撤退し、事務所からレースを見学することに。

そしていよいよ決勝がはじまるということで、再びレースを見に現地へ。
イカダ決勝-1908041
スタート地点近くの浅いところでは、淀川に入って遊んでいる人たちもいました。

そして決勝のようすは……動画でどうぞ↓


ちなみにNHKでもこのレースが開かれるまでが取り上げられていまして、NHKのサイトで視聴可能ですので気になる方はぜひ。

イカダ決勝-1908042
参加者には大黒屋のどら焼きのレモンアイスなんかも。

イカダ決勝-1908044
最後はステージで、表彰者を発表する閉会式・表彰式が開催。
ここでいろんな賞が発表されましたが、既に帰ってしまったチームもいてもったいない感じ。

イカダ決勝-1908045
順位としては、3位に司会の人も入ってるチーム「イナゾエ」。2万円の賞金をゲットです。

イカダ決勝-1908046
2位は「PROTEIN LOVERS」ですが、この人は代わりだと言っていたような。

イカダ決勝-1908047
そして1位に輝いたのは「KMU-Bチーム」のお2人でした!

イカダ決勝-1908048
貼ってあった紙によると、KMUとは関西医大のことで、そこのカヌー部の方々らしいです!
優勝おめでとうございます〜〜!!50万円の使いみちについては、聞き取れませんでした(笑)

イカダ決勝-1908049
そんなこんなでイベントは終了。夏らしい、ステキなイベントでした。

今回は自社から出場者がいるということで、ガーサンとお枚の方にスポットをあてましたが、たくさんの出場者さん、それぞれにいろんな工夫があったと思います。

表彰式ではゴールちかくで転覆した人に賞をあげていたりもしていて、そういった工夫やドラマ感、面白さなどもカバーしようとされているのが伝わってきていました。

来年も賞金100万円で開催できればとおっしゃっていたので、来年も要注目ですね!

なお次に挑戦を考えている方向けに、実際に出た2人からアドバイスをもらっておきました↓
お枚の方:かなりの暑さ・待ち時間が結構長いです。
なので飲み物・保冷剤・タオル・塩分補給・めっちゃ濡れるので、替えの服や靴・椅子を用意して、テントがあれば最高!
軍手は、滑り止め付きがよくて、ちょっと良いやつの方がしっかりグリップしてくれるからオススメです!

貴重品置き場がないので、出場者以外に誰か見張り役や動ける人に来てもらうか、ジッパー付きの袋を用意して身につけておくのが良いかも!

板の回転率が高い方が進んだ気がするので、腕の筋トレは頑張りましょう!
筏の上はグラグラするのでバランス感覚あった方が良いです!

後ろ漕ぎ前漕ぎどちらでもOKだったので、得意な方を見つけておくといいんじゃないでしょうか。
1回でも練習した方が絶対に有利!あと最後に大事なことを言います。
風では進まない。

ガーサン:最初のコース取りが大切。
真ん中くらいが一番勝率高そうな気がします。

最初に距離を離されたら追いつけないので、どうにかして前に出ましょう。
競馬で言うなら逃げのスタイル。

前に出たら船のコントロールを重視したほうがよさげ。
スタート地点は浅瀬なので水底を利用したり。
なによりも障害物にぶつからない。

レースカーテンの帆は水に濡れたら結構重くなるのでおすすめしません。
あと、カメラを持って船に乗るのも邪魔になるのでやめた方が良いですよ。
まあ、つまり邪魔なものは何も持ち込まない方が良いです。
あと最後に大事なことを言います。
風で進む。

以上、「淀川イカダレース くらわんか杯」のレポでした〜〜!!
来年以降も毎年つづく、枚方の風物詩的なイベントになればステキですね!


ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー