長尾と松井山手間の第二京阪にアクセスできる新しい道路が事業認可されたみたい。長尾杉線

3月13日(水)に菅原生涯学習市民センターで開かれた「都市計画道路長尾杉線事業認可取得に伴う説明会」に出席してわかったことをお伝えしようと思います。

菅原生涯学習市民センター-1902181
(説明会が行われた菅原生涯学習市民センター)

まずどこのことなのか、ということで資料↓
地図-1903141
ここの道路に関しては2014年にも一度記事にしています

地図ではここ↓

松井山手から長尾津田方面へ向かう時に、下に降りたらUターンさせられちゃう道路のところ。よく白バイが潜んでいるところでもあります。

長尾杉線は名前のとおり、長尾と杉を結ぶ道路です。今回事業認可されたのは全線ではなく一部。

上の画像でいうと赤線の左端からさらに左側に進んでいき、長尾大池沿いに長尾駅方面へ向かい、現在作っている「牧野長尾線」に合流するかたち。

市のHPにもっといい資料があったので引用します↓
1
説明会のお知らせ (pdf サイズ:323.30KB)より)
多分これで大まかな工事区間は理解してもらえたと思います。

なぜこの道を作ることになったかと言いますと、地域住民からの要望があったためだそう。
長尾杉線ができることによって、
渋滞箇所-1903142
国道307号線の第二京阪周辺の渋滞や、

渋滞箇所-1903141
長尾駅大阪側1つめの踏切周辺の渋滞が緩和されると予想されますし、近隣の住民の方にとってはだいぶ便利になりそう。

実際に予定地を見に行ってきましたので、写真と共に現地を紹介します↓
長尾杉線-1903141
スタート地点は杉の方から。

地図ではここ↓

国道307号線からのアクセスで、現時点でも新道路とかぶっている道路があるところ。

長尾杉線-1903142
こっちにいく杉五兵衛。

長尾杉線-1903143
反対方向には枚方紫峰霊苑が。つまりその2つの間あたりの位置です。

長尾杉線-1903144
進んでいきます。前述のとおり、現時点でも道路が。
用地取得に関しては昨年12月からはじまっているそうです。

長尾杉線-1903145
もう少し進むと、杉五兵衛に住宅側から入ることができるあたりに出ますが、このあたりで長尾杉線は右側にそれていくかたち。右側の……

長尾杉線-1903146
この川沿いあたりの方を通ります。

長尾杉線-1903147
そしてその川あたり。ちなみに新しくできる道路は片側1車線の計2車線になるそうです。
交差点部分に関しては右折レーン含む3車線。

長尾杉線-1903148
そのまま進むと現状の道路は右にそれますが、新道は川沿いにまっすぐ進む模様。

長尾杉線-19031410
川沿いに進むと現状ではこの辺りに出まして、

長尾杉線-19031411
今は徒歩か自転車しか通れない道になっています。ちなみに新道は両側歩道で自転車専用道路もできるんだそう。

長尾杉線-19031412
最終的にこの第二京阪の下に繋がりまして、現在フェンスが設置されているところから、第二京阪に入ることができるようになるそうです。

長尾杉線-19031413
もちろん新道ができたら反対側、京都方面の方も通れるようになるようです。
ここが通れるようになると、長尾東町や長尾台、杉山手の方が松井山手方面から帰る際にも便利になりそうですし、逆もまたしかり。

長尾杉線-19031415
最後に、第二京阪を背にして予定地を撮影。

スケジュールとしては、2023年度中に完成予定なんだそうです。つまりはだいたい4〜5年後くらいあと。

2023年度といえば、新名神高速道路の枚方部分が2024年3月に完成予定なので、それと同じタイミングくらいに通れるようになるんじゃないでしょうか。

なお、この道路の説明会のようすに関してはスライドを市のHPに後日掲載とのことですので、記事作成時点では見当たりませんが、興味がある方はそちらをご覧になってみては。

ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー