楠葉中之芝につくってた京阪を跨ぐ橋梁が完成して通れるようになってる

楠葉中之芝に作っていた京阪を跨ぐ橋梁が完成して通行可能になっています。

↓こちら
橋本南山線-1703309
この橋梁に関してはこれまでにも記事にしています
地図ではこの辺↓

枚方市と八幡市の境目あたりです。

橋本南山線-17033010
道路にかかっていたアーチには「祝 橋本南山線開通」の文字と、今日3月30日の日付。

橋本南山線-17033014
これまでは男山病院の方から旧1号線へとアプローチする時、左折して踏切を越える必要がありましたが、橋の完成により線路の上を直進できるようになりました。

立て看板の地図↓
橋本南山線-17033011
新ルートについての記載。踏切部分は廃道になるそうです。

橋本南山線-17033012
今日の午前中に見に行ったんですが、その時はまだ式典の前だったので一般人の通行はできなかったです。係の人に聞いてみたところ、15時以降は通行可能になるとのことだったので、記事アップ時点では既に通ることができるようになっているはず。

橋本南山線-17033013
入れないので仕方なく遠くからズームで撮影。橋の途中には予告信号があるようです。

橋本南山線-1703302
続いて旧1号線側へ移動して撮影した写真。

橋本南山線-1703303
旧1号線との合流地点には交差点「橋本小金川」が出来ていて、信号も設置されていました。写真左の看板には右折不可とありますが、おそらく開通後は道路に書かれた矢印的に右折もできると思われます。

橋本南山線-1703304
旧1号線上から別角度で撮影した橋梁部分。旧1号線に出る時は2車線に分かれるようです。
歩道も片側に設置されているので、歩行者も通行可能のよう。

橋本南山線-1703306
そして最後は橋の下にある、前述の廃道になる踏切部分。

再び立て看板↓
橋本南山線-1703307
踏切そばにも廃道予告が。廃道になったら踏切の扱いがどうなるのか、気になるところです。

この橋が開通したことにより考えられるのは、くずは北部にお住まいの方の旧1号線へのアクセスが今までよりもよくなることとかでしょうか。例えば京都の行き帰りの際に旧1号線を使用するという選択肢を選ぶ人が少し増えると思うので、結果的には1号線の混雑がちょっと緩和されたり……もあるかもしれません。

また、橋本駅へのアクセスもよくなったと思いますし、楠葉中之芝も開発途中。アクセスがよくなった橋本駅周辺がこれからさらに賑やかになっていったりする可能性もあるんじゃないでしょうか。

◇関連記事
これまでの楠葉中之芝関連の記事
枚方の開店・閉店まとめ2017

※「枚方の暇人」さん、「だいツィン」さん、「マラソン」さん、「ひろき」さん、情報ありがとうございました
■■■情報提供求む!■■■

ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー