枚方市内で人口の増えてる地区、減ってる地区ランキング2016

72738ee4

枚方市内で人口の増えてる地区、減ってる地区ランキング2016年版です!(2016年中に記事を作るのを忘れていました笑 今は2017年ですが、2016年度ということでお願いします!)

このシリーズは2015年2014年2013年2012年も作成し、毎年結構人気な記事。

以下の表は第45回統計書(平成27年版)の「町丁字別人口の動態」と「町丁字別・男女別・年齢別(3区分)人口・世帯数」を元に作成していて、平成27年(2015年)1月〜12月の1年間の変化を表しています。つまり正確には2015年の増減ということになります!
増えた順

住所増減数人口前年比
藤阪東町1丁目272482229.52%
西招提町128599127.18%
交北3丁目1052,226104.95%
楠葉面取町1丁目741,382105.66%
東香里南町611,440104.42%
香里ケ丘2丁目613,399101.83%
山田池東町602,024103.05%
長尾西町2丁目571,111105.41%
香里ケ丘1丁目521,538103.50%
香里ケ丘5丁目51635108.73%
東船橋2丁目501,519103.40%
田宮本町49812106.42%
田口2丁目45920105.14%
北中振4丁目44289117.96%
香里園山之手町442,110102.13%
津田南町2丁目43639107.21%
南中振1丁目422,003102.14%
伊加賀西町416,086100.68%
渚元町381,396102.80%
渚南町351,661102.15%
楠葉朝日1丁目34883104.00%
楠葉美咲3丁目321,011103.27%
甲斐田東町31416108.05%
伊加賀東町30399108.13%

30人以上増えてるところを並べ、参考として前年比を出しております。

そして今年もっとも人口が増えた町は藤阪東町1丁目という結果に。

地図ではここ↓

長尾駅のちかくです。

藤阪東町1丁目の人口増加の原因として考えられるのは、2015年の記事で予告したとおり、「ランフォルセ枚方長尾」「レオグランデ枚方長尾」が出来たということが大きいんじゃないでしょうか。

2位の西招提町(→地図)は、オリティア樟葉の存在でしょうか。住宅地ですね。
3位の昨年と同じで交北3丁目(→地図)。団地内にできた大きなマンション?団地?が要因じゃないでしょうか。

ちなみに増えた順の歴代1位をリストアップすると、
2012年が上野2丁目
2013年が東牧野町
2014年が津田南町2丁目
2015年が宮之阪1丁目
といった感じ。

減った順

住所増減数人口前年比
西船橋2丁目-1671,51090.04%
香里ケ丘9丁目-1002,22095.69%
北山1丁目-863,97097.88%
招提南町3丁目-852,72796.98%
南船橋2丁目-812,47596.83%
北中振1丁目-641,98496.88%
南中振2丁目-633,70598.33%
香里ケ丘8丁目-612,18097.28%
長尾谷町2丁目-562,08097.38%
船橋本町1丁目-5675293.07%
須山町-523,18998.40%
西船橋1丁目-511,20095.92%
楠葉中町-501,81497.32%
長尾家具町2丁目-501,29696.29%
東中振1丁目-493,54398.64%
牧野下島町-4993195.00%
楠葉花園町-433,61098.82%
渚西1丁目-431,66297.48%
招提中町1丁目-421,80397.72%
氷室台1丁目-411,54197.41%
村野南町-392,34698.36%
桜丘町-382,88198.70%
田口4丁目-3888895.90%
交北1丁目-3877295.31%
大峰南町-3697296.43%
牧野阪1丁目-3681795.78%
北中振3丁目-351,79798.09%
樋之上町-351,54197.78%
香里ケ丘4丁目-351,29197.36%
藤阪中町-341,04396.84%
田口1丁目-331,71598.11%
東船橋1丁目-321,02296.96%
津田東町3丁目-3287796.48%
楠葉野田1丁目-312,00598.48%
養父丘2丁目-311,49897.97%
伊加賀栄町-311,33697.73%
御殿山町-311,23597.55%
東山2丁目-302,76398.93%
楠葉丘1丁目-302,06498.57%
岡南町-3047294.02%

これは減った順で、こっちも30人以上減ったところをピックアップし、並び替えました。

1位は西船橋2丁目といった結果に。

地図ではここ↓

樟葉駅から南の方へ行った、楠葉西中学校があるあたりです。

こちらは理由は一目瞭然。新名神による立ち退き等の理由だと思われます。

2位には去年も一昨年も3位だった香里ケ丘9丁目(→地図)。
D12、13棟裏にあった社宅っぽい建物がたて壊されましたし、要因の1つにそれもありそうです。

3位は北山1丁目がランクイン。大きなマンションなどはないので、要因を検討してみたところ、北山の住宅街が出来たのは1992年周辺だと思われ、子供が成人して巣立っていったとかでしょうか。

なお、今年の枚方市の人口は1,395人減少といった結果に。
ですが去年は1,082人の減少だったので、減少スピードがちょっと加速したことになります。

その他様々な統計が載っているので詳しくは「第45回枚方市統計書(平成27年版)」をどうぞ。見るだけでも面白いですよー。
ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー