市駅中央改札前に木の床が貼られはじめてる

枚方市駅中央改札前のエリアに木の床が貼られはじめています。

↓こちら
木の床-1804163

木の床-1804162
本日4月16日13時ごろのようすです。

木の床-1804161
写真左側のように、もう一部は足で踏みしめることができるようになっていました。

最後に市駅リニューアルに関するイメージパース↓
パース改札口側

パース百貨店側

昨年11月に発表された、世界初の無印による駅デザインにリニューアル予定の枚方市駅。
枚方市駅の新しいコンセプトは『いつも使いたい、一度は行ってみたい駅』で、「シンプルで心地よいデザイン」「郊外駅ナカ商業」「駅の観光資源化」といった3つの観点で枚方市駅を進化させるとのこと。


16日昼時点であの貼り具合だと、4月中には木の床のエリアもだいぶ拡がるんじゃないでしょうか。

床の次は柱とかその辺も木にかわっていくと思われる枚方市駅。引き続き変化をウォッチしていこうと思います!

ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー

カテゴリ : まち