ウルトラマン好き必見!ひらパーで開催の「特撮のDNA」はファンのテンションがウルトラ上がる【ひらつーレポ】

74b855b7

イベントなどに実際に行ってご紹介する【ひらつーレポ】 


今回は僕すどん@ひらつーガーサン@ひらつーの2人で、ひらパーで開催される「特撮のDNA」のメディア向け内覧会に行ってきましたので、その様子をお届けします!

ウルトラマン-20120447
「特撮のDNA」は明日12月5日から来年の1月末まで開催の、ウルトラマンやそれを作る円谷プロ特集のイベントです。ひらパーに入場しなくても楽しめまして、入場料は大人2000円子ども1000円。

詳しくは公式サイトをどうぞ↓

ウルトラマン-2012041
そんなわけで我々、休園日のひらパーにやってきました。

ウルトラマン-2012042
戦闘中のウルトラマンのポーズを見てもらったらわかるとおり、ガーサンはガチのウルトラマン好き。
ガーサンの解説を聞きながら楽しんできましたので、それを少しでも伝えられたらと思います。

それでは……ジュワッ!!
ガーサン登場
というわけで現地に到着した雰囲気。

まずはホール内のマップからどうぞ↓
ウルトラマン-2012046
入り口から入ったら大きな空間がありまして、左下部にあるとおり、順路はありませんので好きなヒーローから見ればいいんだとか。時計回りに進むとウルトラマンの系譜が楽しめます。

つづいてメッセージ的な↓
ウルトラマン-2012044
エモい。

ウルトラマン-2012043
入り口入ってすぐで出迎えてくれるのは、歴代ウルトラマン集合エリア。

各ウルトラマンの立ち姿だけでなく、
ウルトラマン-2012045
よく見たらサインが描かれていたり。モロボシダンはウルトラマンに詳しくない僕でも知ってる!

ウルトラマン-2012047
そこで上をむいたらウルトラマンが飛んでいました。こちらは東京の展示にはなかったモノだそう。

ウルトラマン-20120414
こちらはホールの角から撮影した写真。よく見たらわかるんですが、展示に対して解説するような文章はありません。

ウルトラマン-2012048
入り口付近に置いてあった紙を見たらある程度わかるんですが、基本的には解説がないという面白い展示方法です。ウルトラマン好きに言葉は要らない……は言いすぎました(笑)

ウルトラマン-2012049
入ってまず見たのは、初代ウルトラマンのマスクタイプBとタイプC。
ガーサンはタイプAが見たかったそうですが、タイプAは展示はありませんでした。

タイプAは最初期に使用されたもので、口が動く仕様だったんだそう。
当初は口パクしたり火を出す予定だったりとかガーサンは言ってました。

タイプB(写真中央)はタイプAが傷んできたため、途中で用意されたバージョンのもの。口が動かなくなっているそう。

タイプC(写真右)は比べるとやや丸みを帯びていて、ウルトラマンといえばこの顔!的なポジションなんだそうです。

差がわからない…っ!(素人の感想)

ウルトラマン-20120410
そんなことを思いながら進んでいくと、快獣ブースカがいました。

僕は全く知らなかったんですが、推し怪獣のようでこのあといろんなところで見ました。

これとか↓
ウルトラマン-20120411
映画化もされたようです。大人気感がすごい。

ウルトラマン-20120412
これは2021年公開予定の、エヴァンゲリヲンやシン・ゴジラでおなじみの庵野監督による、シンウルトラマン関連のもの。ガーサン曰く、初代ウルトラマンのデザイナーである成田亨さんをリスペクトしたデザインになっているそうです。

ウルトラマン-20120413
確かにその隣には、 成田亨さんの複製絵画がかけられていました。家に飾ってたら面白そう。

ウルトラマン-20120415
つづいてはガーサンが見た途端に「ツインテールや!」って奇声を発したくらいの怪獣。

というかウルトラマンファンのガーサンは終始、見たことはないくらいハイテンションでした。

確かにツインテールという名前がしっくりくるような形をしていますが、こいつは……

ウルトラマン-20120416
おいしいそうです。

ガーサンいわく、エビみたいな味がするという設定があり、そもそも味が設定されている怪獣はレアなんだとか。

この顔で海老かぁ……。

ウルトラマン-20120417
壁にはいろんなウルトラマンの説明がありまして、中でも個人的に驚いたのは、

ウルトラマン-20120418
アニメで放送されていたという「ザ★ウルトラマン」と「ウルトラマンUSA」の2つ。

…クセがすごい。

スコットとベスとチャックとジョーニアスか……。
ガーサン的には「常識」って感じで普通に解説してくれました。USAはムキムキです。

ウルトラマン-20120419
さてこちらのビッグな角といえば、ウルトラの父ですね。僕もギリギリ知ってました。

そして後ろの方にぼんやり写ってるあのマスク、

ウルトラマン-20120420
あれもウルトラの父です。

ガーサンになんで?って聞いてみたら、手前はウルトラマンAに出てくるウルトラの父で、奥はウルトラマンタロウに出てくるウルトラの父なんだそうです。

違いはヒゲのかたち。わかるかーい。

ガーサンにそもそも楽しみ方的なものを聞いてみると、撮影当時のことに思いを馳せることが大切的なことを言っていまして、たとえばこれ↓
ウルトラマン-20120421
角の塗装の剥げている部分とか、スーツによくみたらチャックがついてるところとか、そういうところを見ると興奮するようでした。

ウルトラマン-20120422
これは僕が右のウルトラマン(ユリアン)に対して、サザエさんかロックマンみたいだねって言ったら、王女的な存在だと教えてくれたので撮影した写真。不敬でしたすみません。

ウルトラマン-20120424
このウルトラマン80はいじめられたのかな?と思ったんですが、これは必殺技の途中だそう。

その図↓
ウルトラマン-20120426
1周まわってかっこいい気がしてきた…!

最近のヒーローでコレやる奴はまずおらんでって気持ち!(おかしくなってきた)

ウルトラマン-20120428
さて、展示を見てすごいと思ったのがこちらのウルトラマンティガ。違和感ありませんよね。

これを横からみると……
ウルトラマン-20120427
手がめっちゃでかいのがわかります(ピント合わずですみません)。

前から映すときにええ感じになるように、手がめっちゃ大きく作られているんですね〜。

また、円谷プロ特集ということで、
ウルトラマン-20120430
ウルトラマン以外のヒーローの展示も。子どもは一緒に写真撮ったりすると喜ぶかも。
一番左のグリッドマンは最近アニメ化されてヒットしていましたね。

そういえば写真なんですが、撮影は自由です。それをネットにアップするのもOK。
寛容だな〜と思いますが、やはり実物のパワーは違う!ということで。

そんなわけでフォトスポットがいくつかありました↓
ウルトラマン-20120433
ウルトラマンZのフォトスポット。

ウルトラマン-20120425
こちらは大阪の展示限定となる、ゴモラのところ。大阪城を壊す怪獣として有名なので、大阪人の天敵ともいえる怪獣です。

ウルトラマン-20120436
この日はハヤカワ・サトミ隊員役の鵜川薫さんが来ていて、バッチリ隊員っぽいポーズを決めてくれました。

ウルトラマン
ホールの中央には人物大の歴代ウルトラマンたちが立っていて、時間ごとにスモークと共に照明がひかり、めっちゃかっこいい写真が撮れたりします。

ウルトラマン-20120439
そのライトアップの際には、どこかにいるこのウルトラマンベリアルも連動しているそうなので、よかったら探してみてください!

ウルトラマン-20120437
そんな中央にいるウルトラマンを見ていたら、ガーサンが写真中央のウルトラマングレートはオーストラリアのウルトラマンだと教えてくれました。

普通のウルトラマンとはスーツの素材が違うとのことで、確かによく見てみると他のウルトラマンがゴムっぽいのに対して、
ウルトラマン-20120438
グレートは繊維っぽい感じがしました。こういう小ネタは、ウルトラマン好きと巡ると楽しいってやつですね!

また、どんな映像が流されるのかは取材時はわからなかったんですが、
ウルトラマン-20120434
シアターエリアがあったので、ファン的には嬉しい映像が流れるんじゃないでしょうか。

シアターの前には、
バルタン
バルタン星人とケムール人が背中合わせだったので、ドラマみたいな雰囲気で撮影してみました。

最後にオススメなんですが、昭和っぽいものが好きな人にはたまらないイラストがたくさんありましたので、その一部を貼っていきます↓
ウルトラマン-20120423
ですね!下にある、とりあえず置いたみたいなチューリップなに!

ウルトラマン-20120429
エメラルド星からのおくりもの、確かに受け取りました。

ウルトラマン-20120432
妙にムチムチなウルトラの母。

ウルトラマン-20120440
頑張れ僕らのウルトラマン!

ウルトラマン-20120441
負けるな僕らのウルトラセブン!新幹線がレトロ!

ウルトラマン-20120442
えいがや テレビの かいじゅうが、 みんな でて いるよ。

右上にいるジャミラって稲中卓球部でしか知らなかったとか話していたら、ジャミラは実は元は人間なんだけど……みたいな悲しい話をしてくれました。

ウルトラマン-20120443
最後にグッズショップにいってみると、

ウルトラマン-20120444
前述のブースカTシャツがほしくなったり、

ウルトラマン-20120445
アートなブースカや怪獣たちがいて、家に飾ってみたい!という気持ちになりながら、

ウルトラマン-20120446
大阪限定のウルトラマンと写真を撮って、帰路につきました。
初代ウルトラマンは胸筋がすごいってガーサンが言ってたんですが、確かに。

ウルトラマン好きなら絶対にいっておきたいようなこちらのイベント。

今は土曜の朝にウルトラマンゼットが放送中ですし、ご覧になっている方も多いのでは。
気になった方はぜひ!ガーサンはまた今度プライベートでも見に行くとか言ってましたよ!

以上、ひらつーレポでした!