新しい入居施設で同期の仲間が出来るチャンス!人を支える仕事を一緒にしませんか―ぐっどケア【ひらつー求人】

今回のひらつー求人
グッドケア-91
利用者さんの自分らしい暮らしをサポートをする訪問介護のお仕事と、

goodcare_b1
こどもたちの成長を見守る放課後デイサービス、児童発達支援のお仕事をご紹介します!

自立支援を必要としているすべての方の力になりたい
という考えで枚方市内で福祉サービスを提供している
スクリーンショット 2020-01-23 15.59.25
画像クリックで公式サイトへ
ぐっどケアです!

spica2
訪問介護のお仕事は、2020年4月にOPEN障がい者入居施設ぐっどケアSpica(スピカ)のスタッフ募集です!

資格を持っている方から持っていない方まで、同期の仲間がたくさんできるチャンス!

goodcare_小-59

今回は枚方市印田町にあるぐっどケアLu-Na(ルナ)の敷地内にあるぐっどケアJuno(ジュノー)にお邪魔しました。
地図ではここ↓
住所は大阪府枚方市印田町39−3です。

今回募集をするお仕事はどんな仕事内容なのか、実際に働いている方々にお話を聞いてきました!

「ありがとう!」って言ってもらえる喜び

まずは訪問介護のお仕事について川村(カワムラ)さんにお話を聞いていきます。

goodcare_小-41

新しくできるぐっどケアSpica(スピカ)とは何の施設ですか?

川村:障がい者の方の入居施設になります。

ぐっどケアLu-Na(ルナ)は住宅型の有料老人ホームという施設になりますが、スピカの方は60歳未満の方、若年層の方を対象とさせていただいています。

スピカに住まれる利用者の方のサポートのお仕事ですか?

川村:そうですね。システムとしては住宅型有料老人ホームと特に変わりありませんが、スピカに入居していただいて、お部屋に訪問させていただいてその方に必要なサポートをします。

例えばトイレに行けない方にはトイレのサポート、おむつ交換のサポート、食事介助などその方に必要な支援、サービスを提供させていただいています。

spica2

ぐっどケアSpica(スピカ)

そうなんですね。介護職とのことですがお仕事をするきっかけは何でしたか?

川村:10代の頃、知り合いの方のお母さんが高齢者施設で働いていて、施設の夏祭りの時にお手伝いに行かせていただいたんです。

その時に高齢者の方も、スタッフさんもすごい楽しそうにされていて、その時に私も介護の仕事がしたいなと感じたのがきっかけでした。

このお仕事されて何年になるんですか?

川村:約10年ですね。

ここで働き始める前と後のギャップはありましたか?

川村:障がい者の方と接する機会がありませんでしたので、こんな感じなのかな、あんな感じなのかなと想像をすごい膨らませていた部分があったので働き始めてからもギャップは感じませんでした。

335194

川村:高齢者福祉から障がい福祉の方に行くと、対応方法や支援内容、声かけのひとつをとっても色々と違う部分があると思うのですが、私はスッと入れたかなという印象がありますね。

コミュニケーションを取るという部分では、高齢者の方とは違う接し方だったり、こだわりを強くお持ちの方であったり、あまり高齢者の方では感じない部分もありました。

どういった感じでコミュニケーションを取るんですか?

川村:一番大事なのは相手のお話をしっかり聞く。それが一番なのかなと私は思ってます。

どうしても訴えたい、聞いてほしいとおっしゃる方が多数いらっしゃいます。

例えば「今してることが終わってから伺います」とお伝えするとそこでパニックの要因となります。

goodcare_小-38

障がいにしても一人ひとり対応方法が違っているので、その方に合ったサポートをさせて頂きます。

声掛けのコミュニケーションが苦手かもって方でも取れるようになりますか?

川村:コミュニケーションが苦手という方はおそらく、コミュニケーションの成功体験として「こうやって話しかけることでこういう楽しい会話ができた」という経験が少ない方が多いのではないかと私は思います。

そこで、先輩職員が同行し、一緒に楽しくコミュニケーションを取ることによって「あ、こういうのもいいな」と思えたら障がいの方と話すことも楽しくなるのかなと思います。

―どうやって話し掛けているのか気になっていました

グッドケア-91

川村:あまり意識しすぎないことも必要なのかなと思います。

例えば最初は挨拶だけでもいいと思います。「こんにちは」「お元気ですか?」「また何かあったら言ってくださいね」と素直な接し方でいいと思います。

それがだんだん打ち解けていくことによって利用者さんから「最近どうや?」って逆に聞いてもらえることも増えていきます。

この仕事をする上で心がけてることはありますか?

goodcare_小-45

川村:スタッフ同士であればもちろん連携というのが大事になってきますし、楽しく仕事をするというのが一番大事かなと思います。

この仕事をしていて心に残ってるエピソードは何かありますか?

川村:前の職場でのエピソードですが、退職する時に仲良くしてくださった利用者様にお伝えしに行った時に寂しく思われて泣いてくださった方がいらっしゃったり、それがすごく私の中では心に残ってますね。

このお仕事をしていて大変だなと思うことは?

川村:この仕事を初めた頃は、おむつ自体を見たことがなかったのでどのように付けるのかなど、未体験の部分が非常に多いので、その苦労という部分が大きかったかなと思います。

あとは高齢の方の利用者様で、お亡くなりになることもあったのでそういった部分ではちょっと落ち込むこともありましたね。

しかし、そのような経験があったからこそ、今があるのかなと思うので、1人の利用者様の終末期までケアさせて頂いた全てがいい経験と思っています。

―未経験の方でも出来る仕事ですか?

goodcare_小-40

川村:居宅(きょたく)介護という、ご自宅に訪問させて頂きますので、資格がどうしても必要になってきます。

資格は種類があり、初任者研修、実務者研修、介護福祉士(国家資格)、初任者研修以上の資格を持ってる方に関しては訪問サービスで働くことができます。

ただ資格がない方でも、例えば弊社の話をさせて頂くと、初任者研修のスクールをしていますので働きながらスクールに通って資格を取り、働くことができます。

資格を取るまでの期間は資格が必要ない部署で働くんですか?

川村見学という形であったり、無資格、未経験で来られた方は施設の雰囲気にまず慣れて頂くというのも必要だと思います。

たとえば雑務は施設の業務になるので、施設内で色々なことをやってもらったり、利用者さんとお話したり、そういったところで慣れていただいて、その間スクール通って頂いて、そして資格を取得して初めてヘルパー業務が行えるようになります。

資格を持って入社しても研修などはありますか?

川村:例えば私が働いている施設であればフロア会議というのが毎月に1度があります。

報告事項や利用者様のケアについてがメインとなりますが、会議の中でコミュニケーションの研修であったり、誤嚥(ごえん)、感染症、接遇も取り組んでいます。

goodcare-18120550
津田の本社にある研修室
あとは本社で開催される研修もあります。

資格を取る研修とはまた違う研修になりますが、初任者研修を取得された方は次に実務者研修、その次に介護福祉士とつながっていくので、そういった研修はまた個人のスキルアップに必要となってくると思います。

夜勤の時はどういうことをされてるんですか?

川村:夜勤は16時半からなので夕食前に薬チェックをしたり、夕食の準備をします。

夕食が終わったらお部屋に誘導して寝る準備をします。
就寝介助をさせてもらって、眠前薬が必要な方は眠前薬の服薬介助をして就寝されます。

あとはナースコール対応です。

goodcare-18120520
人間力がアップする!訪問介護&訪問看護は必要とされるやりがいのあるお仕事― ぐっどケア【ひらつー求人】より

ナースコールでの訴えがあればお部屋まで訪問して、例えばトイレのサポートをさせて頂いたり、トイレに行けない方は定期的におむつ交換をさせて頂いています。

あとは事務仕事や書き物、それとは別に定期的な巡回もします。

夜勤もお仕事が結構あるんですね

川村:そうですね。ナースコールもたくさん鳴る時は鳴りますし。
私たちも今日は寝れたな、今日なんか寝付き悪かったななどがあるのと一緒だと思います。

利用者様も寝付きのいい日と悪い日があり、今日はナースコールがすごい鳴ったなという日や、鳴らなかったなどその日によって様々かと思います。

お休みはどのように取られてるんですか?

川村:シフト制で365日24時間体制で施設を運営しています。
スタッフは15〜16名の方がおり、月の休みで回数が決まってます。

「30日の月は8回、31日の月は9回」とその中でシフト調整をしています。

その時の希望休の兼ね合いもあるので調整しながらシフトを作成しています。

goodcare_小-48

10年この業界のお仕事をされていますが、ここが自分に合ってるという部分は?

川村:単純に「ありがとう」と言って頂くことが好きなんだろうなと思います。

何かをしてあげてるという上から目線ではなく、利用者様の力になりたいと思う気持ちが大切で、利用者様のためにさせて頂くことに「ありがとう」と言葉で返して下さる、この繰り返しを常にできる仕事かなと思います。

どんな人にこの仕事は向いてますか?

川村:私自身の考え方はコミュニケーションが好きな方や、人のために何かしたいと思うのはすごく大事な気持ちかなと思います。

例えば「ちょっと物取って」って言われたことに対して「そんなんめんどくさいわ」と思う方は難しいのかなと私は思います。

あとは言葉のやわらかい人はすごい向いてるかなと思いますね。

トゲのある言い方であったりとか語尾がきつい言い方よりは「これお願いしてもいいですか?」とやわらかい言い方ができる人は向いていると思います。

大切なことは、相手の気持ちに寄り添うことだと思います。

川村さんありがとうございました!

子どもたちの日々の成長を見守れる喜び

ここからは児童発達支援・放課後等デイサービスの「じゅぴたぁ」と「Juno(ジュノー)」で働いているお二人にお話を聞いていきます。

goodcare_小-31
左から村瀬(ムラセ)さん(Juno)小森(コモリ)さん(じゅぴたぁ)

児童発達支援・放課後等デイサービスとはなんですか?

小森:放課後等デイサービスは就学後から高校卒業までの方を対象としていて、児童発達支援は就学前のお子さまを対象とさせていただいています。

具体的にはどのようなことをされているんですか?

小森療育(医療+保育)を大事にしていて、障がいを抱えた子どもたちを対象に通っていただいています。

療育というのは簡単に言うと、その子を見ていてこの子には何が必要なのか、どういった支援があればコミュニケーションを取っていけるのかっていうところを考えて支援をさせていただいています。

放課後を中心にされているんですか?

グッドケア-18050728
ぐっどケアじゅぴたぁ

小森:そうですね。主に放課後、じゅぴたぁでは月曜日から日曜日まで営業させていただいています。

平日に関しては、子どもたちは学校に通っていますので、放課後は学校に迎えに行かせていただいていて、土日や祝日、夏休みなどの長期休暇の時期はは朝からご利用できます。

児童発達支援・放課後等デイサービスの具体的な仕事内容の1日の流れは?

小森:平日は学校や保育園に通っている子どもたちは放課後から、就学前の児童発達支援の子どもたちもいますので、利用者さんの割合としては半々です。

平日の児童発達支援をご利用されている方もいらっしゃるので、その方たちは朝10時頃にお家の方までお迎えにいって施設で過ごしてもらってお昼ごはんを食べたり、介助が必要な子であれば必要な支援をさせていただいています。

そのあと14時頃から学校に通っている子たちのお迎えに行って、公立の学校に通っている子たちは宿題を一緒にします。

goodcare_b1
一緒に宿題をするようす

小森:支援学校に通っていて宿題がない子たちには、絵合わせカードをしたり言葉の発音を練習してみたりとその子一人ひとりに何が出来るかと考えながら課題を一緒にしていきます。

その後にレクリエーションをします。室内で出来る遊びを楽しんでもらって、あとはおやつを食べて自由に過ごしもらい、17時半にお家まで送り届けるのが仕事内容ですね。

放課後前は何をされているんですか?

goodcare_小

小森:平日の児童発達支援の子がいない場合は14時ぐらいまでは空きの時間が長いので、レクリエーションの準備であったり、「昼食レク」というお昼ごはんを一緒に作るレクとかもあったりするので、食材を買いに行ったりとかしています。

他にもレクで何かされたりするんですか?

村瀬:土日は利用時間も長いので、子どもたちと遠出をするときもあります。例えば京都市動物園や公園、一番遠いところだと伊丹空港にも行きましたね。

利用者さんたちもやっぱり外に出るのは好きなので。

もちろん他の一般の方もいらっしゃいますし、外に出るので車も走っているし安全第一でしっかり手をつないで職員は気を張って出掛けています。

goodcare_小-22

この仕事を始めるきっかけは何でしたか?

小森:僕は高校時代、進路を探している時に福祉に興味を持って福祉の専門学校に行きました。その後3年程福祉施設で働いて2年半前にじゅぴたぁに来ました。

村瀬:僕は高校卒業後に理学療法士の大学に行きました。

大学時代に、障がいを持っている子に対して「動物療法という動物を通してコミュニケーションを取ろうっていうボランティアがあるんやけど一緒に行かへん?」と誘われてそのボランティアに参加したことが最初のきっかけです。

そこで障がいを持った子と関わることがあるんだなと学ばせていただいて、子どもともっと関われる仕事に就きたいと思い、保育士の専門学校に2年間行きました。

最初は保育園に就職して、もしかして障がいを持っているかも?という子どもたちとも関わる機会があり、そういった子どもたちと関われるような仕事に就きたいと思って、こちらで働かせていただくことになりました。

これまでの経験の中で今の仕事に役立っているなっていう部分はありますか?

goodcare_小-23

小森:いろいろ経験して考えて、どのように次につなげていくかを考えて自身も成長できるところですね。

専門学校の時のバイトから今までで7年程経ちますが、色々な経験をしました。

未経験でもこのお仕事は出来ますか?

小森:はい、未経験の方でも大丈夫です。
僕自身も未経験から始めましたし、未経験だからこそ学べることっていっぱいあると思います。

じゅぴたぁには未経験のスタッフも多いんですが、様々な視点から支援について考えを持っているので色々な人がいてチームだなと思うので、未経験の方でも大丈夫です。

必要な資格とかはありますか?

小森:資格に関してはなくても大丈夫です。

未経験から入っても児童指導員や保育士の資格を目指して、2年働いたら児童指導員という資格を取ることが出来ます。

スキルアップにつながると思うので、入ってから資格を取っていただくのも大事かなと思いますので無資格からのスタートでも大丈夫です。

資格がないと福祉施設では働けない、みたいな感覚がありました

goodcare_小-15

村瀬:僕も友達に話してみても「結局何してんの?」って聞かれることが多いんです。

障がいを持った方が自分の身近にいたら、放課後等デイとか児童発達支援を知っているんですが、そうではない若い方からは認知されていないので、意外と若い人が求人に来ないんです。

利用者さんの中には高校生もいるので、力仕事も必要になってきます。

もちろん男性ばっかりというわけではないですが、女性の視点も大事だと思うので、そこに若い人がいたらもっといいのではないかと思います。

―力仕事っていうのはどういった内容ですか?

村瀬:車イスを使う子もおられるので、移動とかですかね。

あと元気な子が多いので、公園へ行った時に全力で追いかけっことか、体を使って遊びたい子もいるので、ぜひそこで体力を発揮していただける方がいれば(笑)

座って遊びたいって子もいるんですけどね。

じゃあ体力には自信がないんですけど…っていう方は?

goodcare_b2

小森:それこそ絵を描くことが好きな子もいるのでそこで一緒に描いたりしています。

ブロック遊びであったり静かに遊ぶことが出来るところを活かしていただけたら。

スタッフも体力に自信のある人ばかりではないとは思うので、そこは分けてもいいのかなと。

村瀬:スタッフ同士がフォローしあうというのはやはり働く上では必要だと思うので、スタッフのチームワークは絶対大事だと働いていてすごく感じるところです。

では明るさに自信がない…という方は?

goodcare_小-9

村瀬:もちろん子供と関わるので明るいに越したことはないんですけど、でもやっぱり第一に子供と関わるのが好きという気持ちがあればできる仕事だと思いますね。

もちろん明るく楽しくワァーッてなりたい子もいれば、絵を描きたい、ブロックで遊びたい。と思っている子に寄り添うことも絶対に必要だと思います。

もちろんスタッフも様々ですし利用者さんも様々なのでそこは適材適所で対応していけますね。

小森:僕自身もここに入った時は、なかなか明るくするのが苦手で、どちらかと言うと内気な方だったんです。

ただ働いていくうちに周りのスタッフさんや、子供との関わりの中で自然と笑顔が出てきます。

自然とみんないつの間にか集まっていて、この前もいろんな話をしてたらいつの間にか立ち話でまわりのみんなを囲んでしゃべって笑い合っていたり。

自然とみんなが笑顔になっていける職場です。

―土日祝も営業されてますが、スタッフのお休みはどれぐらい取れるんですか?

小森:じゅぴたぁの方に関しては、年末年始やゴールデンウィークは休みがありますが、基本的にはシフト制で休みを取っています。

Junoは火・水が休みになっていまして、1ヶ月内の火・水曜日の数が休みの数になります。

なので月によってはお休みが8日の月もあれば、9日の場合もあります。それをシフト制で取っています。

休日は何して過ごされてるんですか?

goodcare_小-32

村瀬:僕は友達と遊んだり買い物に行ったりとか。ボウリングが好きなのでボウリングに行ったりとか。あとはゲームしたりとか、年相応な遊びを(笑)

小森:僕は友達と遊びに行ったり飲みに行ったり、基本的に僕はインドアなので結構家にいるのが多いかなと。

音楽が好きでギターとか弾いてて、最近は電子ピアノを買って練習してます(笑)

休みの日も充実しているので一週間があっという間ですね。


goodcare_b3

―どういった人に向いていますか?

小森:恐れずに何事もチャレンジできる人。

やはり、いろいろ試してみることが大事になってくるので、これをしてしまったら失敗するかもとか思わずに、まずやってみることが大事だと思います。失敗を恐れずに積極的に取り組んでいける人はすごく向いているかなと。

あとはいろいろな視点で考えられる人ですね。

村瀬:僕もこの分野に関わる前は障がい分野ってどうなんだろう、難しいのかなって思っていました。

バイトも学生時代からずっと飲食店で、保育士になって保育園で働いていても障がいを持ってる子と密に関わることはありませんでした。

でも実際働いてみたらそういう考えもなくなっていて、本当に日々が楽しいです。

応募を考えている方に一言お願いします!

goodcare_小-27


村瀬
:Junoもそうなんですけど、スタッフ間もすごく他愛のない話で盛り上がったりしています。

たとえば利用者さんのいない午前中や、空きの時間で楽しく他愛のない話をしながらコミュニケーションを取っています。

小森:この仕事のイメージとしては大変であったり、人と関わるところで「自分は苦手やしどうなんやろ」と思っている人もいると思いますが、ぐっどケアの行動指針の1つに「笑顔になれる方法を一緒に考えます」ってあるんですね。

なのでぜひ、いろいろチャレンジしたいとか、いろいろ気になるっていう人は来ていただいて、一緒に学んで一緒に笑顔になって楽しくやっていけたらなと思います。

村瀬さん、小森さんありがとうございました!


goodcare_小-59
見学も出来ますので、是非ご連絡ください!

みなさんのご応募お待ちしています!

◇募集概要

会社名 ぐっどケア有限会社
雇用形態 正社員
仕事内容 施設スタッフ
放課後等デイサービススタッフ
資格・経験 施設スタッフ・放課後等デイサービスは未経験でもOK
施設スタッフは初任者研修以上必須
放課後等デイサービスは普通自動車運転免許(AT限定可)必須
スクールは介護福祉士の資格、かつ実働3年以上
給与 施設スタッフ:244,500円〜
放課後等デイサービス:220,000円〜
スクール:1,500円〜 / h
勤務地 (施設スタッフ)大阪府枚方市出屋敷元町2-9-1
(施設スタッフ、放課後等デイサービス)大阪府枚方市印田町39-1、39-3
(施設スタッフ、放課後等デイサービス)大阪府枚方市大峰元町2-3-10
ご応募
電話番号
072-808-0910
勤務時間 ◯放課後等デイサービス
10:00〜19:00(休憩60分)

◯施設スタッフ
【1】7:00 〜 16:00(休憩60分)
【2】9:00 〜 18:00(休憩60分)
【3】11:00 〜 20:00(休憩60分)
【4】16:30 〜 翌日9:30(休憩120分)

勤務日数 施設スタッフ:週5日勤務シフト制
放課後等デイサービス:火・水定休(印田町)週休2日制(大峰)
待遇
・社会保険完備、有給休暇あり
・交通費規定支給(上限1万円)
・別途資格手当
・賞与年2回 
・退職金共済 会社が5,000円負担
・リゾートクラブ会員
募集人数 若干名
募集期間 決まり次第終了
選考プロセス 会社に直接電話 (072-808-0910)担当:井田
もしくはフォームから応募
 ↓ 
面接(履歴書持参) 
 ↓ 
試用期間2ヶ月〜6ヶ月 (条件は同等)
 ↓ 
正採用 

※取得した個人情報は、採用選考にのみ使用します。 
※不採用についての問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。


ご応募は
応募
もしくは
072-808-0910
までお電話をお願いします

※お問い合わせは会社に直接お願いします。

Sponsored by ぐっどケア