宮之阪の「TSUTAYA BOOK GARAGE」閉店時のようす。レンタルは隣の建物で引き続き営業

国道1号線沿い宮之阪の「TSUTAYA BOOK GARAGE 枚方ベルパルレ店」閉店時のようすを見てきましたのでお届けします。

ベルパルレ-21013130
(閉店20分前くらいのTSUTAYA BOOK GARAGE 枚方ベルパルレ店)

とはいえ閉店時の様子は動画で撮ってきましたので、動画でどうぞ↓

最後のお礼とか、感傷的になるというか、ちょっとくるものがありました。

つづいて閉店前に店内の写真を撮影させていただきましたので、写真でお届けします。
ベルパルレ-21012528
そんなわけでまず外観。

「TSUTAYA BOOK GARAGE 枚方ベルパルレ店」は2017年に普通のTSUTAYAからリニューアルして、当時は福岡しかなかった全国2店舗目のTSUTAYA BOOK GARAGEとなった店舗。

TSUTAYA BOOK GARAGEになる前の外観↓
20170919TSUTAYAベルパルレ

さらに前の外観↓
1
個人的にはこの外観のイメージでした。

つづいて内装を見ていきます。

ベルパルレ-2101252
マクドナルド側の出入り口から入って正面の写真です。

ベルパルレ-2101253

ベルパルレ-2101251

ベルパルレ-2101255
写真正面の位置には、TSUTAYA BOOK GARAGEになる前は1階のレジがありましたね。

ベルパルレ-2101254
よくみたらHRKT(ひらかた)BP(ベルパルレ)を意図していると思われる文字。

ベルパルレ-21013132
他にも壁のコンテナには、ここのTSUTAYAができた日である1988年7月25日の文字や、

ベルパルレ-21013133
歴代店長のイニシャルなどが。閉店直前にこういう小ネタを知るというのはなんとなくさみしげ。

ベルパルレ-21012516
他にもスタッフさんの名字とかもありました。
どうでもいいんですが、僕すどんはここでバイトしてたことがありまして、思い入れもちょっとひとしお。

ベルパルレ-21012515

ベルパルレ-2101258
1階の本売り場。

ベルパルレ-21012510

ベルパルレ-2101259
奥に進むとトイレがありました。

ベルパルレ-2101256
また、おおきにコーヒーも併設されていましたが1月末でこちらも閉店。

ベルパルレ-21013131
最終日には「今までほんまにおおきに」の文字が。

ベルパルレ-21012513
レジ前。

ベルパルレ-21012511
そしてレジ横の階段。

ベルパルレ-21012512

ベルパルレ-21012514
登っていくと2階です。

ベルパルレ-21012517
そして2階。以前は2階がレンタル、1階が本など販売という分け方でしたが、レンタル館となって隣に移転してからはゲームやトレーディングカード、漫画などを取り扱うコーナーとなっていました。

ベルパルレ-21012525
登ってすぐの位置にはかつてレンタルのカウンターがありましたね。

ベルパルレ-21012519
トレーディングカードのスペースは、見に行った時点でレンタル館へと移転し、がらんどう。

ベルパルレ-21012521
どうでもいいんですが、僕がバイトしていた時にすごい大雨が降って、2階なのに床上浸水みたいになったことがありました。床をみて思い出しました。

ベルパルレ-21012522
円形の建物ということで、端っこに角がないのも特徴的。

ベルパルレ-21013134
そしてこれは閉店直前の出入り口。

このあとドアが閉められて、1月31日の22時をもって閉店となりました。
2度めになりますが、閉店時の様子は動画でどうぞ。

なおTSUTAYA BOOK GARAGEは閉店となりましたが、レンタル館は引き続き営業しています。

ベルパルレ-21012529
そのレンタル館ですが、

ベルパルレ2-2102021
2月1日からは料金が改定されたり、

ベルパルレ2-2102022
入会金や更新料が無料となるキャンペーンが行われるとのこと。最近レンタルしてないなって方はこの機会にぜひ。

32年この場所にあったということで、枚方市民で知らない人は少ないんじゃないでしょうか。ほぼ同い年の僕としては悲しいというよりは寂しいような、そんな気がします。

ベルパルレに以前あった「Ed Debevic’s(エド・デベヴィックス)」みたいな、後々語り継がれるような存在になるのかもしれませんね。

「今はレンタル館だけがあるけど、昔はこっちの建物も〜」みたいな。