9月24日放送「中川家 ザ・ラジオショー」で枚方という発言がでてきたのはなんで?【ひらかたクイズ】

通勤・通学途中に枚方のことがもっと詳しくなれる【ひらかたクイズ】コーナー!

今回のクイズはこちら↓

Q.9月24日放送「中川家 ザ・ラジオショー」で『枚方』という発言がでてきたのはなんででしょう?


a.中川礼二さんが枚方の高校に通っていたっていうくだりから
b.地元の守口の人たちはどこいったんってくだりから
c.最近枚方で不良に絡まれたってくだりから
d.光善寺駅に斜めで止まる京阪電車についてのくだりから



※ひらつー内正解率70%

特に関係ない枚方公園駅の写真

中川家 プロフィール|吉本興業株式会社

お笑いコンビ「中川家」は兄の中川剛さんと弟の中川礼二さんとの兄弟漫才コンビ「中川家」を組んでいるお笑い芸人。守口市出身です。

そして、中川礼二さんは枚方にある学校、近畿情報高等専修学校の卒業生でもあります↓

さて、正解は…



b.地元の守口の人たちはどこいったんってくだりから

でしたー。

実家の守口市の話の中で、昔は団地だけでソフトボールチームを作れるほどの住民がいたといった地元トーク中、その人たちはどこに行ったん?という話題に。

その流れで中川礼二さんが「ドーナツ化現象みたいに枚方とか〜」との発言がありました。



社会の授業でおなじみ「ドーナツ化現象」とは都心の居住人口が減少し、郊外の居住人口が増加する現象。懐かしい響き。

ちなみに守口市の人口のピークは1970年(昭和45年)の184466人(これは中川 剛さんが生まれた年)。そして、この時の枚方市の人口は219759人。この時はまだどちらの市も人口の差はなかったのですが、現在、枚方は約40万と2倍以上の差ができています。実際に守口から枚方に来たって方も多かった のでしょうか?

やっぱり枚方市は日本最初のオープンモール「京阪くずはモール街」ができたり、くずはの宅地・団地開発などが人口を一気に増やした要因なんですかね。他にも色々と理由はあると思いますが。

枚方市議会議員 木村亮太さんのブログ↓

ちなみ周辺の市と比べると、意外に枚方はベットタウンではないようでした。
勤務地は枚方市内って方が結構多いようです。(ちょっと古いデータにはなりますが)


…と話ズレましたが、今回クイズにした放送回は10月2日14:00まででしたらradikoでプレミアム会員なら聴くことができますので、気になる方はどうぞ!開始30分あたりです。


■中川家関係の記事↓