枚方市での犬・猫の引き取り数・殺処分数(2014年分)を聞いてきた

たまにテレビや新聞で動物の殺処分が話題になることがあります。枚方市ではどれぐらいの数の犬・猫が収容・殺処分されてるんだろうかと思って調べてみました。

枚方市の前に、まず全国の数値を見てみます。

全国の猫の引取り数と殺処分数

年度 引取り数 処分数
返還・譲渡数 殺処分数
平成16年度 237,246 4,026 238,929
平成17年度 228,654 3,936 226,702
平成18年度 232,050 4,427 228,373
平成19年度 206,412 6,179 200,760
平成20年度 201,619 8,311 193,748
平成21年度 177,785 10,621 165,771
平成22年度 164,308 11,876 152,729
平成23年度 143,195 12,680 131,136
平成24年度 137,745 14,858 123,400
平成25年度 115,273 16,328 99,566

全国の犬の引取り数と殺処分数

年度 引取り数 処分数
返還・譲渡数 殺処分数
平成16年度 181,167 25,297 155,870
平成17年度 163,578 24,979 138,599
平成18年度 142,110 28,942 112,690
平成19年度 129,937 29,942 98,556
平成20年度 113,488 32,774 82,464
平成21年度 93,807 32,944 64,061
平成22年度 85,166 33,464 51,964
平成23年度 77,805 34,282 43,606
平成24年度 71,643 33,269 38,447
平成25年度 60,813 32,080 28,569

(※16,17年度の犬の引取り数は、狂犬病予防法に基づく抑留を勘案した推計値)

どちらも環境省のページより。上の表にない期間で最も多かったのは、犬では昭和49年の115万9千頭、猫では平成元年の32万8千頭でした。それらよりは大幅に減少しているものの、現在でも年間で猫は約10万頭、犬は約2万9千頭もの数が殺処分されています。
返還・譲渡数がどんどん増えていってるのは、殺処分しないで済むような取り組みがされていってるのだろうなということが読み取れますね。

それでは、枚方市ではどういう数字になってるんでしょうか?

枚方市保健所-1
「枚方市保健所」に行って聞いてきました。

枚方市は平成26年(2014年)度から『中核市』になったため、犬・猫などに関する業務を行う保健所を自前で運営するようになりました。枚方市での殺処分数を聞いてみようと思ったのもそのためです。

枚方市での犬・猫の引取り数、殺処分は以下のとおり。枚方市の猫の引取り数・負傷収容数・殺処分数

2014年 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
引取り数 4 12 0 7 5 3 3 0 1 34
負傷収容数 4 2 1 0 1 2 1 3 0 14
殺処分数 1 13 0 5 5 1 1 0 0 26

枚方市の犬の引取り数・捕獲数・殺処分数

2014年 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
引取り数 1 0 2 0 0 0 0 0 1 4
捕獲数 0 3 2 1 0 1 0 1 2 10
殺処分数 1 0 1 0 0 0 0 0 0 2

中核市になったのが4月からなので9ヶ月分だけですが、上記のとおりだそうです。みなさんどう感じたでしょうか。個人的には予想していたよりかなり少なかったです。

全国平均と比較できるように計算してみます。

【全国】
人口:1億2729万8000人(2013年10月)
人口1万人・1ヶ月あたりの殺処分数(2013年度)
猫 0.65頭
犬 0.19頭

【枚方市】
人口40万7528人(2014年12月末)
人口1万人・1ヶ月あたりの殺処分数(2014年4月~12月)
猫 0.05頭
犬 0.004頭
(※全国のほうは2013年度、枚方市のほうは2014年4月~12月の数値を用いています。枚方市の年間データがまだないので月あたりで算出しました)

やはり枚方市はかなり少ないようです。
枚方市では以前から動物の殺処分を減らすような努力がされてきたということでしょうか。それとももしかして枚方市保健所ができたばかりでまだあまり認知されてないから、とか何か特殊な理由でもあるんでしょうか。
なお比較のために人口1万人・1ヶ月あたりの数値にしてみたものの、どちらもとても少なく見えてしまうのでこの表し方がいいのかどうかは微妙なところです。

さらに環境省のページには全国の他の地域の数値も載ってまして、殺処分数の多い順にあげると

・茨城県 4735頭
・沖縄県 4474頭
・広島県 4019頭
(犬・猫合計。都道府県・政令指定都市・中核市で別々にカウントされてます)

となってました。必ずしも人口の多いところが殺処分も多いというわけではなさそうな感じです。

枚方市と同格の中核市に目を向けてみても、例えば

・長崎市(人口43万人) 1929頭
・長野市(人口38万人) 24頭

と全然違うことがわかります。何か地域によって仕方がない理由があるのか、それともやる気や取り組み方の違いでしょうか。

ちなみに海外ではドイツは殺処分ゼロが当たり前らしい(そのへんの理由は検索したらいろいろ出てくるので詳しいサイトを読んでみてください)です。日本でゼロにしようと思ったらペット産業まわりの構造が根本的に変わることになるので、なかなか難しい局面がありそうですが、理屈的にはちゃんとやればできることのようです。

掘り下げるときりがない話題なのでひとまず枚方市の数字を提示することで終わりますが、枚方市では1月23日~28日の期間、枚方市駅前で「譲渡動物の写真展」が開催されるそうです。

現在枚方市保健所で飼い主を募集している動物はこちら。記事作成時点では犬・猫1頭ずつ掲載されてました。

その他、動物に関する情報は以下の関連リンクで。

◇関連リンク
枚方市
保健衛生課
枚方市

環境省
動物の愛護と適切な管理 環境省

投げ銭コーナー

月間約300万ページビュー <デデン!
月間約70万ユーザー <ドドン!

そんな枚方市民のほぼ2倍くらい見ている関西最大級の地域情報サイト「ひらつー」。
5610円 でお手軽にあなたの事業をPRしてみませんか?

詳細は下記リンク先をどうぞー↓

お店の宣伝や求人、もっと気軽にやってみませんか?「ひらつーパートナー・ライト」がはじまります!

通常の広告やひらつーパートナーはこちら↓

枚方つーしんに広告を掲載しませんか?広告掲載について