パンサーズVSジェイテクトSTINGSは悔しい2連敗。次戦はホーム戦!京阪とのコラボも

枚方市を拠点に活動するパナソニックパンサーズの2021-22 V.LEAGUE DIVISION1 MENにおける試合結果をお伝えします。

先週に続き今週もアウェイゲーム。
対戦相手はVリーグ2019-20の優勝チーム・ジェイテクトSTINGSです。

果たして試合結果は‥‥

悔しい2連敗。

©パナソニックパンサーズ

6日の試合詳細↓

7日の試合詳細↓

6日の試合、セットを先取したのはパンサーズ。
しかし、第2・第3セットを相手に奪われる厳しい展開に。
第4セットはなんとか取り返し、試合はフルセットとなりますが激闘を取り切れず敗戦となりました。

7日は第1セットを16-25という点差で奪われます。
第2セットは取り返したものの、その後パンサーズは力を発揮することができずセットカウント1-3で悔しい敗戦。
深津選手は「昨日は相手に力負けという感じでしたが今日は自分たちで勝ちを逃した感覚です」
と話していました。

チーム順位

1.堺ブレイザーズ(20)
2.ウルフドッグス名古屋(20)
3.サントリーサンバーズ(14)
4.パナソニックパンサーズ(17)
5.東レアローズ(17)
6.ジェイテクトSTINGS(13)
7.FC東京(9)
8.JTサンダーズ広島(7)
9.大分三好ヴァイセアドラー(3)
10.VC長野トライデンツ(0)

参照:バレーボール Vリーグ オフィシャルサイト
()内の数字はポイント

パンサーズは現在5勝3敗17ポイントで4位です。

次戦は11月13日・14日、ホーム(パナソニックアリーナ)戦です!
対戦相手は現在首位の堺ブレイザーズ。

この日は、ひらつーでも記事にした地域社会発展のパートナーシップ協定を締結した京阪ホールディングス株式会社との「コラボデー」となっているそう。

パンサーズと京阪ホールディングスがパートナーシップ協定を結んだみたい。今後イベントなども開催予定より

当日来場した方には試合観戦者特典として限定「オリジナルステッカー」やオリジナルデザインの応援ハリセンなどが配布され、京阪電車枚方エリアの「駅長」による始球式なんかもあるそうです。
駅長さんの始球式がちょっと気になります。笑

選手たちも声援がすごく力になるとよくお話していたので、お時間がある方はぜひー!
なお、パンサーズのホーム戦、毎度かなりの人気があり、来週のホーム戦も既に完売のエリアがあるようです。

気になる方はお早めに!

頑張れパンサーズ〜!!