FCティアモ枚方VS鈴鹿ポイントゲッターズは2-4で悔しい敗戦。次節11月27日はホームで今シーズン最後の戦い

枚方からJリーグを目指すサッカークラブ「FCティアモ枚方」の11月21日に行われたvs鈴鹿ポイントゲッターズの試合結果をお届けします。

※この記事は、サッカー好き外部ライターひろちゃん@交野タイムズによるFCティアモ枚方応援企画記事です。

1M5A4803

今回の試合の会場はホーム、枚方市立陸上競技場。

IMG_6147

会場入り口にて大阪リゾート&スポーツ専門学校の皆さんが「選手・監督・スタッフへのメッセージ募集」というイベントをしていました。

FullSizeRender

ハート型の折り紙にメッセージを書いて、

IMG_6144

手作りのポストに入れます。めっちゃ味があります。
ハートの折り紙も一つ一つ学生達が折っているとのこと。

メッセージカードは、後日選手たちに渡されるそうです。

1M5A4795

さて、今回の対戦相手は鈴鹿ポイントゲッターズ。

前期の対戦では敗戦しているので今回は勝利したいところ。

試合の模様は下記で見ることができます↓

1M5A5211
佐藤諒選手のアシストにより今期10得点目の松本孝平選手

前半ガンガン攻めたティアモは、22分に松本孝平選手、

1M5A5305
加入後初得点の児玉慎太郎選手

33分に児玉慎太郎選手のゴールにより前半2-0で折り返します。

しかし、後半52分に失点したあと退場者が出て10人となり1人少ない状況に。
交代枠を使ってなんとか踏ん張るティアモでしたが、鈴鹿の勢いに押されて3失点。

終わってみれば2-4と逆転され4連敗という結果になりました。

1M5A5686

ティアモは勝ち点45のまま、順位は7位。

前半戦の貯蓄が功を奏していますが、勝利の笑顔をみたいところです。

現在の順位

1 いわきFC(65)
2 HondaFC(61)
3 ヴェルスパ大分(56)
4 F.C.大阪(48)
5 鈴鹿ポイントゲッターズ(47)
6 ソニー仙台FC(45)
7 FCティアモ枚方(45) 
8 松江シティFC(44)
9 ラインメール青森(42)
10 ヴィアティン三重(40)
11 奈良クラブ(39)
12 MIOびわこ滋賀(34)
13 高知ユナイテッドSC(32)
14 FCマルヤス岡崎(30)
15 東京武蔵野ユナイテッドFC(29)
16 ホンダロックSC(27)
17 FC刈谷(18)

※()内の数字は勝ち点
参照:日本フットボールリーグオフィシャルWebサイト

次節は11月27日(土)
今シーズン最後の試合はホーム、枚方市立陸上競技場にて開催されます。
対戦相手はソニー仙台FCです。

今季ラストゲームを勝利で飾りたいですね!
頑張れ!ティアモ!!

1M5A4837

【サッカーってよくわかんない‥‥という方へのサッカー解説】

初めて見るサッカー。
点も入らないし面白くないという声もよく聞きます。実は私もその中の1人でした。


そんな私も実際に試合を観戦し、疑問に思ったことを聞きまくり調べてみて今に至ります。

サッカーは面白い!

と言ってもらえるようにルールや豆知識などを不定期で紹介していきます。

1M5A4795

「イエローカード」
「レッドカード」
という言葉は聞いたことがあると思います。

サッカー以外の競技でも使われるそうですが、サッカーでの「イエローカード」は、悪質なファウルなどをした選手に対して警告の意味で提示される黄色のカードです。

1試合のうちに2回「イエローカード」をもらうと「レッドカード」が出されて退場になります。

そして、次の試合には出場停止処分となり出場できません。
また、累積警告の規約もあり、シーズン中のイエローカードの累積によって次の試合に出れません。

イエローカードは、競技をしている選手だけでなく監督・コーチ・交代選手などにも出されることがあります。

参考:JFA サッカー競技規則2021/2022

記事:ひろちゃん@交野タイムズ