今日は雨水と書いて「うすい」の日。最近枚方でもやたらと降る雪も雨に変わるかも?

寒さと暖かさが交互に来始めて、春が近づくのを感じています

目に入る光も、ちょっと眩しく…

……眩しく……(ゴシゴシ)
……ん、かゆい

まだ花粉は来なくていいと思います。

まいど、ほんちゃん@ひらつーです

ほんちゃん-1608221 ライター:ほんちゃん@ひらつー
全国でも稀有な、フリーランス「科学コミュニケーター」を本業とする、ひらつーの外部ライター。愛してやまない枚方を拠点に、全国で活動中。そろそろ春が近づいてきたので、ここでさっぱり髪が切りたいらしい。(→ほんちゃんについて詳細

2月も気づけば、もう後半戦
年度末はどうしてこう急ぎ足になるんでしょうね…

そうこうするうちに、季節もまた一つ進んでいきますよ

そろそろ雪も終わり……かな? 

近頃は、すごい寒い日があったと思ったら、やたら暖かかったり
そろそろ季節が次に進もうとしてます。

今日2月18日は、

「雨水」

の日でした。
あまみず、じゃないですよ。「うすい」と読みます

雨-1702091
(雨の日の枚方市駅)

そろそろ空から降るものが雪から雨に変わる頃ですよー、ということですね。
大雪の地域の積雪量も、雨水の頃を境として徐々に減っていくことが多いようです。

とはいえ、溶けたと思ったらまた雪になったりして
なかなか暦通りにそうはいかないものの、着々と季節は春へと移っていくんですね。

この日から始めると縁起がいい 

雪が雨に変わったり、雪解けが始まる目安となる雨水の日…

…ということは。
昔の百姓さんからすると、待ちに待った「仕事始め」な日でもあるんです
1
(大峰北町の田畑)

そんな待ちに待った日だからかどうかは知りませんが…

「雨水の日に雛人形を飾り始めると、良縁に恵まれる」

ということで、この日に合わせてお雛さまを飾るのを良いとする地方もあるそうな

そういえば。
ひらつー事務所のある鍵屋別館のすぐお隣でもお雛さまが

今、枚方市立枚方宿鍵屋資料館にて「和紙の雛人形展」を行っています。
鍵屋資料館
(鍵屋資料館)

期間は2月11日(日)から3月30日(水)まで。
開館時間は9時半から17時まで(入館受付は16時30分まで)、火曜日休館です。

物語仕立てでいろんなお雛さまを見ることができるみたいですよ
ぜひお出かけしてみては

三寒四温、季節は行ったり戻ったり。

よく冬から春にかけての天気は
「三寒四温」
と言ったりします。

3日寒い日が来たら、4日暖かい日が来て…ということですね。
季節が行ったり戻ったりしながら、徐々に暖かい日が増えて行く感じでしょうか

とはいえ、ここから数日はもっと小刻みに寒暖を繰り返しそうです。
週間天気を見ると、毎日の気温差が激しくて…

どんな服を着たらいいやら、よくわからなくなりそうですね

689df26d
「枚方で一番しんどい坂道はどこ!?香里ヶ丘にゲレンデがあると聞いてスキーウェアで挑んできた」よりスノーウェア)

こんな時こそ体調を崩しやすくなるので、皆さん気をつけて下さい!

そろそろインフルエンザの流行もピークは超えたようですが…
まだまだ油断はしないでください。

それと。

暖かい日が来るということは、そろそろスギ花粉が飛び始めます
花粉症の人は、今からマスクやメガネ、薬の用意などしてくださいね
早めの対策が肝心らしいですよ
(自戒の念を込めて)

さ、早速マスクを大人買いしてきます

◇関連記事
これまでのひらつー歳時記