明石海峡大橋も肉眼で見えた!生駒のぼくらの広場から見た枚方の景色

公共交通機関の利用をルールとして、市内市外問わずの枚方が見える景色が綺麗なところを案内・紹介する「ひらかた眺望」のコーナー!

すどん-1607061-2


今回ご紹介する場所は東大阪市にある「なるかわ園地 ぼくらの広場」からみた枚方の景色です!
表紙-1806131

まずは枚方の五常公園から見たぼくらの広場方面↓
枚方から-1806131
赤丸した部分の、手前ではなく奥の山です。(多分)
以前紹介した、いろんな鉄塔がある左側の生駒山上遊園地あたりから右側に下っていった先あたり。

今回紹介する場所からは、こんな風になんか闇に包まれてる風の梅田周辺なんかも見えます↓
生駒景色-1806132
ちょうど梅田あたりが曇りになっているタイミングで撮影したためです。

生駒景色-1806131
あと明石海峡大橋なんかも見えたりして!

公共交通機関を使用したぼくらの広場への行き方

行き方なんて知ってる!という方は、このコーナーは飛ばしてもらって大丈夫!

行き方はこんな感じ↓


  • 1:今回はせっかくなのでJRで行こう!ということでまずは藤阪駅スタート。お枚の方、目をつむっている時に写真とってごめんなさい。

  • 2:JRで木津方面に向かいまして、今回は祝園駅で降りました。近鉄に乗り換えたいだけなので、別に他の駅でもOKです。

  • 3:祝園駅はこんな感じで連絡通路で近鉄と結ばれています。京阪でいうと丹波橋的なノリですね。

  • 4:そんなわけで近鉄にのりま〜す!レッツ近鉄!ちなみに京阪で行く場合は、京橋→鶴橋からの近鉄ですねー!

  • 5:近鉄はいろんな乗り換えがありますが、とにかく南生駒駅を目指して下さい!南生駒駅では改札を出ると左にいくとここに出ます。

  • 6:5番の写真から180°ターンしたらこんな感じ。こっちにいきます!

  • 7:まさかのピンぼけすみません!さっきの方向へ40mほどいくとこのバス停がありまして、

  • 8:このワゴン車っぽいバスに乗ります!生駒コミュニティバスのたけまる号!時刻表はこのPDF
    を参照で、西畑コースの方しか目的地にいかないので注意です!

  • 9:西畑コースの終着バス停、暗峠(くらがりとうげ)でバスを下車。

  • 10:降りたらもう少し登っていきます。

  • 11:なんかオシャレなカフェなんかもありますし、

  • 12:振り返ると見える奈良側の景色に思いを馳せながらソフトクリームを食べてみたりするのもいいんじゃないでしょうか。

  • 13:そんなカフェも通り過ぎると、異様に角度がついてるトンネルがあるので、もちろんくぐります。

  • 14:トンネルをくぐるとお茶屋さんがあって、お枚の方が左ってやってるところで左に行きます。奈良と大阪の境目。

  • 15:めっちゃ細い道なのでちょっと不安になりますが、ここで正解!

  • 16:緑に包まれた道を抜けると……

  • 17:分かれ道に出ますが、ここは直進。ちなみに左側には信貴生駒スカイラインが走っています。なお、ここからの5分くらいが今回で一番角度のキツイ坂道で、一番しんどいところ。でもまぁ知れてます。

  • 18:しんどい坂道を登り終えると、右に進みます。

  • 19:するとなんか丸太がささってるところがありまして、ここが正解ルート。

  • 20:丸太をすぎると池ゾーン。亀や鯉がいっぱいいますが、今回は

  • 21:蛇がいたのでビックリしました。

  • 22:そのまま進むとレストハウスは左、なんて看板がありますが今回は右というか直進です。

  • 23:この丘が見えるといよいよゴール直前!丘を越えると……

  • 24:はい景色いいところーー!!!ゴールです。

(横に左右にスライドでき、ほっとくとオート再生します)

今回のナビゲーターは前回に引き続きお枚の方。

ゴールまでは24枚の画像で案内しまして、今回はJR出発となっております。途中にも書いてますが、京阪でももちろん行けまして、鶴橋乗り換えで近鉄コースです!

地図ではここ。生駒って書いてますが、住所的には東大阪になります。
バスを降りてからは10分〜15分程度の登山タイム。

あと帰りのバスは15時28分が最後なので、その辺を気にして行くのがオススメです。

景色解説

生駒-1806131
絶景が見られるのはこの場所!

そこから見たパノラマ画像↓
パノラマ-1806131
いろんな景色キレイなところを巡ってきましたが、僕はここからの景色が大阪じゃ一番キレイだと思っております。なお、このうち枚方はどこやねん?というと、枚方はこのパノラマからは見えません!笑

場所-1806131
上記場所から10~20mくらい来た道を戻りまして、この看板と鉄塔のあいだ、お枚の方がいるあたりのベンチから、

場所-1806132
横を向いたら、木々の隙間から枚方が見えます。まさかの隠れ枚方。

それでは枚方の詳細を見ていきます↓
生駒景色-18061310
手前の山のおかげでほとんど見えないかたち。
エリア的には枚方の南部を視認可能です。そんなわけでこの写真では枚方大橋から伊加賀西町周辺が見えております。
前回紹介した「高槻市役所」も。

生駒景色-18061312
そんなわけで伊加賀西町から出口、そして香里園周辺。

生駒景色-18061314
続いて同じく出口から香里園周辺の景色。

生駒景色-18061311
ちょっと戻りまして、ひらパー周辺と香里ケ丘あたり。

生駒景色-18061313
そしてコレが見えた時はテンションあがりました、ビオルネさん!2棟とも見えた!

スクリーンショット-2018-06-19-13.40.50
ちなみに秋冬にこの場所に来ると、手前の木の葉がなくなってもっと枚方が見えます。

と、ここまでが枚方の景色。

せっかくなので大阪平野側の景色、ランドマークも紹介していきます↓
生駒景色-1806134
大阪湾周辺。
書くの忘れてましたが、見やすいように写真は加工しております。

生駒景色-18061315
USJと京セラドーム大阪、そしてなんと神戸のメリケンパークあたりもカメラには写ります。
目で見えるかというと、それは双眼鏡がほしいところ。

生駒景色-1806136
関空もバッチリです。

生駒景色-1806139
大阪城は目だと色だけわかりました。

生駒景色-1806138
ブロッサムとなみはやドーム。

生駒景色-1806137
枚方といえばラグビー、というわけで麓の花園ラグビー場。
距離が近いので写真もクリアーな雰囲気です。

生駒景色-1806135
大阪南部を見てみるとPLの塔がくっきり。

生駒景色-1806133
鶴見緑地から伊丹空港などが写っております。
【追記】五月山とかいたところは宝塚では?とのご指摘をいただきました!

生駒景色-18061317
梅田周辺のビル群をズーム。HEPの観覧車も見えてます。

生駒景色-18061318
続いて海遊館と天保山の観覧車。

生駒景色-18061316
そしてエキスポの観覧車も!
ひらパーの観覧車も見えてましたし、計4つの観覧車が見えるステキスポット、それがぼくらの広場です。

その他

その他-1806135
バスを降りたところにある「暗峠(くらがりとうげ)」は日本の道百選に選ばれているそうで、松尾芭蕉の句がありました。

『菊の香に くらがり登る 節句かな』

ちなみにココは車で通ると、大阪側に関しては酷道と揶揄されるほどの難易度の高い道路だったりします。

その他-1806133
頂上から見た景色のガイド。

その他-1806134
頂上から少し横にそれると奈良側の景色とガイドが。
でも奈良側に関しては暗峠から見た方がキレイな気もします。

その他-1806132
ちなみにぼくらの広場にはトイレもありますし、

その他-1806131
いろんなところにベンチもあるので、お弁当を持ってきて食べるのも良さそう。

また、今回のようにバスを使わない場合は近鉄の枚岡駅から山登りしても来れますので、元気な方はそちらからのルートもどうぞー!


そんなわけで、なるかわ園地ぼくらの広場から見た枚方の景色はいかがでしたか?
ではでは、次回をお楽しみに!

◇関連記事
これまでのひらかた眺望関連の記事