枚方と同じ「枚」とかいて『ひら』と読む枚岡(ひらおか)公園の額田山展望台から見た枚方の景色

公共交通機関の利用をルールとして、市内市外問わずの枚方が見える景色が綺麗なところを案内・紹介する「ひらかた眺望」のコーナー!

すどん-1607061-2


今回ご紹介する場所は東大阪市にある枚岡公園の額田山展望台から見た枚方の景色です!
表紙-2002281
そう!枚岡といえば「枚」とかいて『ひら』と読む、枚方の友達的な地名!

頂上からは、こんな風に景色が見えます↓
パノラマ-2002281
(クリックで拡大できます)

ぱ、パノラマ〜〜!
大まかにいうと、枚方市内の南部の一部しか見えないけどほかはめっちゃ見える景色スポット!
赤で丸してるあたりが枚方市。

公共交通機関を使用した額田山展望台への行き方

行き方なんて知ってる!という方は、このコーナーは飛ばしてもらって大丈夫!

行き方↓

  • 行き方2-2002281
    (1)どこでもいいのでまずは京阪かJR学研都市線に乗ります。京橋からの鶴橋、そこから近鉄奈良線に。近鉄大阪線じゃないですよ〜!生駒行きのほう。
  • 行き方-20022816
    (2)そして額田駅で降りるわけなんですが、1つ前の駅にタイトルにもなってる枚岡駅がありますので、そっちと間違えないように注意ですね。
  • 行き方-20022817
    (3)改札から出るとこっちのスロープの方へ。線路沿いの方ですね。
  • 行き方-20022818
    (4)すぐそばにある踏切を横断。
  • 行き方-20022819
    (5)踏切をこえると、駅前のプチロータリーがありますので、指差しているとおり山の方へ進みます。
  • 行き方-20022815
    (6)ずっと坂道を登っていくとこの分かれ道に出ますので、右へ。余談ですがここには、
  • 行き方-20022814
    (7)長尾の滝という気になる看板が。でもこっちじゃないんです(笑)
  • 行き方-20022813
    (8)先程の右折から1分くらい歩くと、枚岡公園の出入り口につきますので、ここからプチ登山のはじまり。写真右はトイレです。ちなみに駅からここまでにコンビニ等はありませんでしたので、なんか鶴橋とか京橋とかで飲み物とか買っといた方が無難。
  • 行き方-20022812
    (9)公園に入ると待ち受けているのがコイツ、トロロさんです。トロロさんは木の筋で歯にリアリティが出てしまっていて、そこはかとなく肉食感が。
  • 行き方-20022811
    (10)少し進むと、このようにめっちゃ分かれ道になりますが、左斜め後ろのルートを選択。
  • 行き方-20022810
    (11)ここからはずっと気分はハイカー。ここは右にもいけますが、左奥に進みます。
  • 行き方-2002289
    (12)切り株の中に添えられた花が綺麗ってやたらお白の方が言うので撮影した1枚。
  • 行き方-2002286
    (13)しばらくするとなんだか展望が開けたところが!
  • 行き方-2002287
    (14)ここは枚岡公園の「中展望」。ここからもほんの少しくらいは枚方も見えると思いますが、もう少し高みを目指して、
  • 行き方-2002288
    (15)展望をあとにして、左へ。
  • 行き方-2002285
    (16)ひたすら登ります。お白の方は元気でしたが、僕すどんはヒィヒィいいながら登っておりました。
  • 行き方-2002284
    (17)これまた展望のいいところに休憩スポットが点在していたので、休憩を挟んだりしながら、
  • 行き方-2002282
    (18)最後の分かれ道へ!ここまで来たらもう後少し。右へ進みます、というか基本的に看板どおりに進めばたどり着くところです。
  • 行き方-2002283
    (19)看板にはサザエさんを歌えとありましたが、歌うとどうしても早歩きになってしまうトラップが。なんなら後ろ向いて先導しちゃう。
  • 行き方-2002281
    (20)とか言ってたらもうゴールですね。枚岡公園の入り口からは約25分でした。

(横に左右にスライドでき、ほっとくとオート再生します)

今回のナビゲーターは最近お枚の方々の1人として就任したお白の方。元陸上部とかでめっちゃ元気でした。

ゴールまでは20枚の画像で案内しまして、今回はひとことでいうと電車のって鶴橋経由で額田駅で降りて、5分くらい歩いて枚岡公園、そこから25分くらい登ったら到着です!簡単!

かかった交通費は1人あたりで、京阪340円、JR160円、近鉄300円の合計800円。往復で1600円です。

額田駅から枚岡公園までのルートはこんな感じ

枚方の景色解説

山の切れ目、できる限り北側から見ていきます↓
景色1-2002282
とはいえ視認するのはなかなか難しく、望遠カメラならではです。

景色1-2002283
香里園のタワーマンションに関しては肉眼で視認できますので、その周辺が枚方の方やと思うとわかりやすいです。

景色2-2002281
また、第二京阪もわかりやすいので、それを目処にして枚方を探すのもよさそう。

その他

景色3-2002282
大阪平野が一望できるということで、枚方以外の部分ではバッチリの景色。
中でも中心に写っている大阪城に関しては、一度場所を把握したあとだと「あぁ〜あの色の点のところね」くらいで視認することができました。

景色3-2002283
この写真だと右側に京セラドーム大阪、左上にはうっすらと明石海峡大橋が。

景色3-2002286
もちろんあべのハルカスも見えますし、右奥の高い塔は南港にあるWTC。
手前は東大阪の花園ラグビー場です。

景色3-2002285
この企画では定番の門真のなみはやドーム、アウトレットのブロッサムもくっきり。

景色3-2002284
四條畷のイオンもがっちり見えましたよ〜!

今回は登るのが結構疲れましたので、お子さん等とお出かけって場合はゆっくりじっくり楽しんだ方がよさげ。

ちなみに枚岡公園には無料の駐車場もありまして、なんならそこからでも景色は綺麗なので、そこで満足するパターンもいいんじゃないでしょうか。

場所的には以前紹介したぼくらの広場の近くでもあります↓

僕はぼくらの広場が人生で一番綺麗な景色だと思っているのでそっち推しなんですが、公共交通機関でのアクセスのしやすさは圧倒的に枚岡公園の方が上。使い分けですね。

これまでのひらかた眺望シリーズ↓


そんなわけで、額田山展望台から見た枚方の景色はいかがでしたか?
ではでは、次回をお楽しみに!