倉治で大規模な宅地造成工事が行われてる。開発面積はひらパーの1/5くらい

倉治で大規模な宅地造成工事が行われています。

↓こちら
宅地-2004288
以前は畑が広がっていた場所です。(→Googleストリートビュー

全景↓
宅地-2004286

地図ではこの辺り↓

住所は交野市倉治8丁目辺りです。枚方との市境あたり。

工事現場近くにあった貼紙と垂幕↓
宅地-2004281

宅地-2004284
東部大阪都市地区計画に伴う宅地造成PJ工事を行っているとのことでした。
PJとはプロジェクトの略だそう。

株式会社パシオンって、もしかして市駅前のパシオン情熱BRIDGEのパシオンでしょうか。

開発区域↓
宅地-2004281-2のコピー
開発区域はピンクの線で囲った辺り。

開発許可標識↓
宅地-2004287
工事予定期間は令和3年3月31日までのようです。

開発面積は32,191㎡。
ひらパーの敷地面積は159,193㎡なので、ひらパーの1/5ほどです。

宅地-2004285

宅地-2004281-3
「100年住み続けたいまち、100年住み続けてよかったまちを目指して」とのこと。

100年連続ではなく、合計100年間住み続けてよかった、ならなんとか達成できそうな気がします。

合計100年住み続けた街ということなら、日本でご存命の世界最高齢者の田中カ子さん(117歳)クラスの長寿だと17年間は別の場所に住むことも可能。

自分で書いときながら意味が分からなくなってきました笑

第二京阪道路が見える側から↓
宅地-2004282

この付近に新たに宅地ができるとなると、結構大きい範囲の宅地造成工事ですし、がらっと風景も様変わりしそうですね〜。


※「きよ」さん、「こたつ猫」さん、情報ありがとうございました
■■■情報提供求む!■■■