枚方公園駅ちかくの道路のアスファルトが新しくなってる。信号もスタイリッシュに

枚方公園駅近くの道路のアスファルトが新しくなっています。

↓こちら

地図ではここ↓
ひらパー側のロータリー近くの道です


新しくなった道は枚方公園駅すぐ横にある踏切を超えたあたりから、


交差点「枚方公園駅前」まで。


また、交差点「枚方公園駅前」の信号たちも新たなる姿に変わっていました。

新しくなった信号機たち↓


以前、ここにあった信号と比べると薄くなっていました。
テレビとか携帯などもそうですが、なんでも時代が進んだら薄くなるんですね〜!


歩行者用の信号機の製造年月は今年の1月。
できたばかりのようです。

これで枚方市外から電車を使い、ひらパーへ来る人々はこの新しくなった道や信号を見て「お!枚方は洗練されてるなぁ」と思うのでは!たぶん。

ちなみに8月20日は交通信号設置記念日なんだそう。
1931年8月20日、東京の銀座4丁目交差点や京橋交差点などに自動信号機が設置されたことに由来するようです。

上記には薄型になることに関するメリットも記載されていました。
メリットとしては設置前の保管場所が省スペースで済むこと、フードレス設計によって強風や豪雪などの自然災害にも強いことなどがあるようです。