八幡の背割堤横!さくらであい館の展望塔から見た枚方の景色

公共交通機関の利用をルールとして、市内市外問わずの枚方が見える景色が綺麗なところを案内・紹介する「ひらかた眺望」のコーナー!

すどん-1607061-2


今回ご紹介する場所は八幡市にあるさくらであい館の展望塔から見た枚方の景色です!
景色八幡-2008268

頂上からは、こんな風に景色が見えます↓
景色八幡-20082619

景色八幡-20082620
さ、360°〜〜!

大まかにいうと、京都方面が見やすい景色スポット!
エレベーターで登っていけるので、楽さも高め。

公共交通機関を使用したさくらであい館の展望塔への行き方

行き方なんて知ってる!という方は、このコーナーは飛ばしてもらって大丈夫!

行き方↓

  • 景色八幡行き方-2008261
    (1)とにかくまずは京阪に乗りまして、石清水八幡宮駅(旧:八幡市駅)で降ります。石清水八幡宮駅はここしか改札がないのでわかりやすいはず。
  • 景色八幡行き方-2008262
    (2)石清水八幡宮駅の改札を出たら左、指差している方へ進みます。
  • 景色八幡行き方-2008263
    (3)ちょっと進むと交番があって、その先に踏切があるので左折して横断!
  • 景色八幡行き方-2008264
    (4)これってモモ肉って読むのかな?とか思いながらしばらく進むと、
  • 景色八幡行き方-2008265
    (5)府道13号線との交差点に出ますので、ここで対角線の方へ横断歩道を進み、橋を越えたら、
  • 景色八幡行き方-2008266
    (6)展望塔のあるさくらであい館に到着です!石清水八幡宮駅から10分もかからない位置。

(横に左右にスライドでき、ほっとくとオート再生します)

今回のナビゲーターはさっきもチラッと写っていましたが、ひらつーのイメージキャラクターの1人であるお白の方
こうして見てみるとお白の方、前回の東大阪編と比べたらめっちゃ垢抜けたな〜。

ゴールまでは6枚の画像で案内しまして、今回はひとことでいうと電車のって石清水八幡宮駅いってちょっと歩いたら到着です!簡単!

かかった交通費は1人あたりで枚方公園駅からだと、京阪270円。往復で540円です。

石清水八幡宮駅からさくらであい館までのルートはこんな感じ

枚方の景色解説

あんまり高さがなく、目の前に男山がそびえ立ってるので、枚方の見える位置はかなり限定的、長尾がメインです。
景色八幡-20082613
赤で囲ったあたりが枚方市。写真は全部見やすいように加工しております!

詳細↓
景色八幡-20082612
男山の隣あたりにはギリギリで摂南大学枚方キャンパスが視認できまして、その奥の方には長尾の巨大マンションが2棟。津田サイエンスヒルズも見えています。

景色八幡-2008269
八幡から松井山手、そして長尾の東側のエリアが見えてます。

景色八幡-20082610
ホームセンタームサシと一緒に穂谷あたりが見えるレア写真。

景色八幡-20082611
枚方カントリー倶楽部は松井山手駅近くと八幡のイズミヤと一緒に写るという結果になりました。枚方は以上!

その他

景色八幡-20082615
桜の季節にはこの並木道が全部桜色に変わりますし、キレイな景色になりそう。

景色八幡-20082617
もちろん通ってきた石清水八幡宮駅あたりも視認可能。

景色八幡-20082614
京阪の赤い鉄橋に関しても……あれ?なんか赤の発色抑えられた?

景色八幡-20082616
淀川沿いの旧1号線をこうやって小さく見えるのが、なんか嬉しくなりました。

景色八幡-20082618
京都方面は京都タワーもばっちり!

景色八幡-20082621
お白の方が「タマネギみたい!」って言ってて、たしかに…って思ったところ。
線路沿いなので京阪電車で京都行く時に見ている人もそう思っているのでは!

今回はほとんど疲れないコースなので、誰にでもおすすめできる展望です。
景色八幡-2008267
ただ利用時間は限られていますので、夜景とかは無理ですね。

駐車場もありまして、桜の時期以外は利用しやすいところ。枚方からも近めですし、ちょっとした気分転換にいかがでしょうか。

これまでのひらかた眺望シリーズ↓


そんなわけで、さくらであい館の展望塔から見た枚方の景色はいかがでしたか?
ではでは、次回をお楽しみに!