本日11月3日に行われたつじあやの&アンダーグラフのライブのようす

2016イベントレポート-3
イベントなどに実際に行ってご紹介する【ひらつーレポ


今回はくずはのシャイングホールにて本日11月3日におこなわれたアンダーグラフ&つじあやののライブ「HIRAKATAから世界を~秋の陣~」の様子をお届けします!

つじあやのライブ-1611031
3Fがシャイングホール。
アンダーグラフ
アンダーグラフ
 公式サイト

アンダーグラフとは?
言わずと知れた枚方出身(ドラムの谷口さんのみ寝屋川出身)の3ピースバンドで、枚方でも頻繁にライブをおこなうなど、ひらつーでもこれまでに何度も取り上げています。 

つじあやの
つじあやの
 公式サイト
つじあやのとは?
京都府出身。眼鏡をかけたルックスとウクレレで弾き語りをする音楽スタイルが特徴。
2002年にスタジオジブリの制作映画『猫の恩返し』の主題歌に「風になる」が起用され、聞いたことがある方も多いんじゃないでしょうか。(→Wikipedia

開演。最初はつじあやのさんから。
つじあやの-1611032
1曲目は「クローバー」
透き通るような綺麗な声が会場に響き渡り、「な、生つじあやのさんや…!本物!」と一瞬遅れて再認識するわたし、タクワン@ひらつー

ウクレレ-1611031
同行したすどん@ひらつーが撮ったウクレレの手さばき。

つじあやのライブ-1611034
2曲目は松任谷由実さんのカバーで「ルージュの伝言」
ルージュ(口紅)にかけてか照明が一気に赤色に。

つじあやのライブ-1611035
ここでいったんMCへ。
アンダーグラフとは京阪の曲をお互いが作っていたり、実際に利用していたこともある事から京阪つながりだという話をされていました。

つじあやの-16110316
続いての曲は「僕らの合言葉」。
弾き始めを合図に自然に手拍子が鳴り出します。

つじあやの-16110314
4曲目は2013年にハウス食品の北海道シチューのCMソングにもなった「シチューを食べよう」
今日みたいな寒い日には心にしみる一曲でした。ああ、シチュー食べたい。

つじあやの-16110311
5曲目は弾き語りで「陽のあたる教室」
学生時代、京阪電車に乗って大学に通っていた頃の事を思い出して作った曲なんだそう。
始まる前にファンの方からコールがあり、それに応じている姿も見られました。

つじあやの-16110324
ここで、キーボードを弾いていたサカサカさんの紹介へ。
サカサカさんも今日は京阪電車に乗って来られた様で、おけいはんの話で盛り上がります。

続いて山下達郎さんのカバー曲「パレード」
つじあやの-16110321
一気に会場内はわくわくした雰囲気に。

そして曲が終わった後、いったん静まってからの…
つじあやのライブ-1611033
スタジオジブリの映画『猫の恩返し』の主題歌「風になる」がきたー!!!!
待ってましたー!!

拍手-1611031
ただただ感動。

つじあやの-16110312
8曲目は「君にありがとう」
初期の間は昔のことを思い出しながら書いた曲が多いようで、こちらの曲もそんな一曲のよう。

最後は自身の30歳の誕生日のときにつくった「Sweet Happy Birthday」で締めとなりました。
つじあやのライブ-1611039

ここからは担当がすどん@ひらつーに変わりまして、アンダーグラフのライブの様子をお届けします。
アンダーグラフ-1611031
4人編成で、まず入場とともに「夢を話そう」を演奏。

アンダーグラフ-1611036
ボーカルの真戸原直人さん。

アンダーグラフ-16110310
ベースの中原一真さん。

アンダーグラフ-16110322
ドラムの谷口菜穂子さん。

アンダーグラフ-16110312
そしてサポートギターとして枚方出身でスキマスイッチのサポートなども務めるアオキサトシさんの4人です。

アンダーグラフ-16110311
2曲目は「埋もれた花達へ」。
その後MCで、つじあやのさんといえばテレビの向こうの存在だと思っていて、枚方に来てくれるとは衝撃的だったとVo真戸原さん。

アンダーグラフ-16110315
アコースティックな雰囲気で、3曲目「地球船」、

アンダーグラフ-16110314
そして4曲目「僕に何が出来るか、考えている。」

MCに入り、つじあやのさんのライブを舞台袖から聞いて、Vo真戸原さんとDr谷口さんが本当に泣いたとおっしゃっていました。

アンダーグラフ-16110316
5曲目はつじあやのさんのカバー「あさきゆめみし」を演奏。

アンダーグラフ-16110323
6曲目は代表曲「ツバサ」。会場が盛り上がっていき……

アンダーグラフ-16110346
7曲目は「ハイスピードカルチャー」。手拍子により会場がさらに白熱した雰囲気に。

アンダーグラフ-16110318
決め手は8曲目「快楽天国」。
ここでふと、あれ?アコースティックライブやったよな?めっちゃ盛り上がってない?と正気に戻りました。

そしてMCで、前回の時は骨折していたBa中原さんの骨折がほぼ完治した話など。

アンダーグラフ-1611038
ラストの9曲目では「人」を演奏し、ステージを後にしました。
その後、鳴り止まない手拍子ののち、アンコールでアンダーグラフが再び登場。

アンダーグラフ-16110347
少し遅れてつじあやのさんも登場し、セッションへ。

アンダーグラフ-16110348
ボーカル同士の共演……というわけではなく、セッションでは真戸原さんはボーカルではなく、ドラムの谷口さんが担当。

アンダーグラフ-16110353
そんな女性ツインボーカルで披露したのは「旅する花の物語」、MCによると実は京阪電車のテレビカーが富山の鉄道へ行ったことを歌った歌なんだとか。

アンダーグラフ-16110350

アンダーグラフ-16110354
そしてつじあやのさんと写真を撮ってつじあやのさんが退場。

アンダーグラフ-16110355
最後にアンダーグラフで「君に言いたいこと」を演奏し、ライブは終了。

くらわんこ-1611031
出口ではくらわんことひらにゃんこがお見送りしてくれました。

今回は春の陣夏の陣と違いアコースティックライブということでしたが、すごい楽しめました!
撮影している側としてはみなさん着席していてとても撮りやすかったです(笑)

そして気になる冬の陣のゲストは、枚方の地元のバンド「Self-Portrait」と枚方出身の上田和寛さんのユニット「USAGI」の二組!
枚方感溢れるライブになりそうで、枚方市民としては楽しみなところです!

以上、本日行われたアンダーグラフ主催「HIRAKATAから世界を~秋の陣~」のライブレポでしたー!

◇関連記事
これまでのアンダーグラフ関連の記事