百済寺跡公園の木が伐採されて景色が変わってる。再整備工事のため

百済寺跡公園の木がバッサリ切られて別の場所みたいな感じになっています。

↓こちら
百済寺跡公園-1702031

以前のこの場所の似たアングルの写真↓
百済寺跡
バッサリとなくなったことがわかります。
地図ではここ↓

枚方市中宮西之町1にあります。

公園を外からみていきます↓
百済寺跡公園-1702032
以前のこの場所を知っている人が見たら結構違和感を覚えるんじゃないでしょうか。

百済寺跡公園-1702033
奥まで見通せるように。

中に入ります↓
百済寺跡公園-1702034

百済寺跡公園-1702035

百済寺跡公園-1702037

百済寺跡公園-1702039
松の木。

百済寺跡公園-17020310
百済寺跡の松風は枚方八景のひとつです。そのためか松の木は残っているようにみえました。

木がなくなった件について市役所に問い合わせてみたところ、やはり再整備工事関連のための伐採のよう。

以前撮影した再整備後の完成予想図↓
再整備
下の道路がバス通りです。イメージ図をみてみると、今回木が主に伐採されたゾーンには塀のようなものがたっていますので、塀ができるんじゃないでしょうか。
また、その周りには緑が生い茂っているので、再び木を植えるという可能性も高そうです。

平成30年度完成に向けて再整備を行っているとのことですし、それまでこの他にも公園内が色々と変わるんじゃないでしょうか。

近隣では以前桜が伐採されたり公園前を走るバス通りの様子もここ数年でかなり変化しましたが、更に周辺の景観が変化しそうですね。

◇関連記事
これまでの府道139号線沿いの記事

※「びっくり顔のあちゃも」さん、情報ありがとうございました
■■■情報提供求む!■■■

ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー