枚方公園駅前にも京阪電車の安売切符の自動販売機ができてる

枚方公園駅前にも京阪電車の安売切符の自動販売機ができています。

↓こちら
枚方公園格安切符-1412057

枚方公園格安切符-1412051
牧野駅星ヶ丘駅宮之阪駅に出来た時にも記事にしました。↓地図ではこのあたり

枚方公園駅の東側のロータリーにあります。

枚方公園格安切符-14120511
こっちにいくとロータリーに入り、3月にオープンした「串カツ屋 うまか横丁」などがあります。

枚方公園格安切符-14120510
反対方向にはうっすらとひらパーの観覧車が見えています。

枚方公園格安切符-1412053
 
枚方公園格安切符-1412052

今回もちょうど電車に乗る用事があったので買ってみました↓
枚方公園格安切符-1412055
宮之阪の時の箱と違ってメッセージ付きで、私の腕毛も目立っています。

枚方公園格安切符-1412056
中からはやっぱり回数券をばらしたものが出てきました。3月末まで有効ということは3ヶ月程余裕がある切符ということになります。

そして料金を確認したところ、今回は牧野駅前の料金パターンと同じで、切符によって得する金額が変わる変動型の安売り切符のようでした。
ですので今のところ枚方市内でいうと京阪本線にある駅に設置されている安売切符自販機は変動型、京阪交野線の駅に設置されているのは、全て一定の額を引いた一律型といった住み分けができている模様(多分たまたまですが)

連絡先も牧野駅の時に記載されているところと同じだったので、もしかしたら知らないところで変動型の業者VS一律型の業者によるシェア争いが行われているのかもしれません。
今のところ結果は2対2…果たして、次はどの駅にどちらのタイプの自販機が設置されるのか、京阪電車は回数券をカード化するなど対策をとらないのか-戦いはまだ始まったばかりです。

(すどん@ひらつー)


※「武藤理容館」さん、情報ありがとうございました!