枚方の買取王国に仮面ライダー俳優・武田航平が絶賛したマネキンがあるみたい。筋金入の女性ライダーファン作品

枚方の「買取王国 枚方国道一号店」に仮面ライダービルドで猿渡一海を演じた俳優の武田航平さんも絶賛したマネキンがあるようです。

武田航平さんも絶賛したそのマネキン↓

「買取王国 枚方国道一号店」にある『仮面ライダーグリス』に変身する猿渡一海の服装をしたマネキンをご本人が紹介していてちょっとバズっていました。

…ってことで、特撮オタクの僕ガーサンが仮面ライダー愛溢れるこのお店へ見に行くことに!



武田航平さんも反応した投稿をしたのは買取王国枚方国道一号店に勤める石田さん。(写真左)


そして、一緒に写っているのがその仮面ライダーグリスに変身する猿渡一海のマネキンです。
メンズ服売場から服を探しだし、コーディネートしたんだとか。

あ、まず仮面ライダーグリスとは「仮面ライダービルド」(→公式サイト)という作品にでてくる武田航平さんが演じる猿渡一海が変身する仮面ライダー。

さらなる詳細は下記をクリック↓

仮面ライダーグリスについて

仮面ライダーグリスとは…
平成ライダーシリーズ第19作「仮面ライダービルド」にでてくる『農家の息子でドルオタ』の猿渡一海が変身する仮面ライダー。
立ち位置的には3号ライダーになります。

ちなみに、仮面ライダービルドのストーリーをざっくり説明すると、火星から持ち込まれたヤバーイやつによって日本が東都、西都、北都の3つに分かれてしまうんです。

作中では分かれてしまった3つの地域が互いに争うことになるのですが、(ちなみにグリスは北都側)

これは大体くっそ強い宇宙人のせいでした。

その後はくっそ強い宇宙人の手のひらで転がされながらも、最後は全ライダーが協力してくっそ強い宇宙人に立ち向かう話です。(凄く雑なあらすじ)

そして、その猿渡一海を演じる武田航平さんは平成ライダーシリーズ第9作「仮面ライダーキバ」で主人公の一人『紅音也』も演じている方です。
あと仮面ライダーキバ、仮面ライダービルドどちらともリスクがある変身ばかりしています。

仮面ライダーキバではイクサ、ダークキバに変身するのですが変身後はぶっ倒れたり、吐血したり挙句の果てにはお察し下さい。

そして、それは仮面ライダービルドでも変わらず。だいたいボロボロになっていまして、気合で乗り切るタイプ。
作中の最終局面ではグリスブリザードにという強化フォームになるのですが…


ちなみに猿渡一海が変身する仮面ライダーグリスは最近NHKで行われた「全仮面ライダー総選挙」(→公式サイト)の仮面ライダー部門では主人公である仮面ライダーを除くと最高順位。さすがカシラ!

実際に本編終了後もVシネが作られるほど根強い人気を誇っていたライダーなんです。

マネキンの他にライダーグッズも充実しているということで…


ざっとライダー商品も見てきました↓

CSMやプレバン限定商品も。(プレミアムバンダイという通販サイトでしか買えない商品)

全部説明していったらオタクの悪い癖で膨大な量を書いちゃいますので端折りますが、かなりの品揃え。

ライダー好きはただ見ているだけでテンションフォルテシモです。

オタク的には箱なしベルトがちゃんとケースに入れられているのが熱いポイント。


実際にここなら大事に取り扱ってくれるそうだからと、大量の特撮グッズを売りに来る人も多いんだとか。

売り場にはスタークがいたりと遊びココロも。

猿渡一海がよくやるポーズ

ちなみに石田さん、過去に仮面ライダーになりたくて、仮面ライダーのオーディション告知の資料ももらったことがあるんだそう。

そして、ライダー好きが高じて、買取王国のサイトに石田さんの仮面ライダーグッズ買取専門ページが↓



品揃え的にもこの付近で1番かと思われる(ガーサン評)この買取王国。

枚方近辺の仮面ライダー好きはぜひ訪れてみては〜。見るだけでも楽しめます!ライダー博物館って感じで。

【おまけ】

石田さん、ネームプレートまでライダーネタが。

■関連リンク

投げ銭コーナー

月間約300万ページビュー <デデン!
月間約70万ユーザー <ドドン!

そんな枚方市民のほぼ2倍くらい見ている関西最大級の地域情報サイト「ひらつー」。
5610円 でお手軽にあなたの事業をPRしてみませんか?

詳細は下記リンク先をどうぞー↓

お店の宣伝や求人、もっと気軽にやってみませんか?「ひらつーパートナー・ライト」がはじまります!

通常の広告やひらつーパートナーはこちら↓

枚方つーしんに広告を掲載しませんか?広告掲載について

いいお店、見つかるかも?