関ヶ原からひらパーまで徒歩23時間ってひらパー兄さんのポスターに書いてたから歩いてみた

みなさん、こんな感じのひらパーのポスターを覚えていますか!

例
だいたいこんな感じのポスターで、ひらパー兄さんが映画「関ヶ原」出演の際に制作されたもの。

右側が公式のポスターで、それにくっつけられるように左側のポスターがひらパーによるポスターとなっていて、合体させると「関ヶ原から徒歩23時間でひらパーにいける」みたいな内容です。

1
(すどん@ひらつー)

ところかわって僕すどん@ひらつーは、去年ひらザップというダイエットに失敗した罰ゲームとして枚方から東京まで徒歩で行ってきました↓

僕は今年もひらザップに挑戦していて、見事に今年も失敗

罰ゲームは24時間徒歩するという内容となっていたんですが、1時間くらいサービスしてもいいよね?という気持ちになった(だからデブ)ので、関ヶ原からひらパーまで歩くことにした、というのが前提です!

なおこの記事は動画ベースとなっていますので、もしよかったら動画でどうぞ↓

関ヶ原その1完成.00_00_13_35.静止画001
そんなわけで、始発にのって関ヶ原にやってきた…

関ヶ原その1完成.00_00_26_58.静止画002
ひらつーのイメージキャラクターの1人、ドジっ子クソ生意気女子大生「お白の方」と僕すどん@ひらつーの2人。

今回は罰ゲームの内容がwithお供となっておりましたので、巻き添えに連れてきました。

彼女は元陸上部ということもあり、山登り系の記事の時は呼ぶようにしてたくらい健脚なんですよ!
健脚!!マジ健脚!!

土曜朝8時ごろくらいに関ヶ原に到着しました。
ここから23時間後、つまり翌日の日曜朝7時ごろくらいにはひらパーに到着する計算ですね。

距離についてはGoogleマップ↓

みてください、たったの110kmです。最高時速320キロの新幹線なら20数分。
Googleマップちゃんによると徒歩なら22時間45分です。

23時間もないやんか〜ひらパーの嘘つきっ★

とかは一切思ってません、むしろGoogleの徒歩は
・休まず
・止まらず
・ハイスピード
の3つを適切にこなさないと達成できない数字になっているので、Googleマップを信用しないスタイルで頑張ります。

それでは早速スタートです!

関ヶ原その1完成.00_00_47_33.静止画003
とか言ってたら開始10秒で靴紐がほどけました。イヤな予感が……。

関ヶ原その1完成.00_01_26_18.静止画004
なお道中では、枚方っぽいものを探す「枚方ポイント」制度を利用していて、

関ヶ原その1完成.00_01_47_42.静止画006
負けた方は罰ゲーム、ということで進めていきました。2時間ごとに精算。

なお、枚方に詳しい僕が有利なので、僕は1つ見つけたら0.2枚方ポイントという設定です。

関ヶ原その1完成.00_02_10_40.静止画007
スタートしてから1時間が経過するも、関ヶ原町から脱出すらできていない我々。
お白の方が戦国無双大好き人間のため、途中福島正則の陣跡とかに寄り道したりしてました(テヘッ)。

関ヶ原その1完成.00_02_43_01.静止画008
1時間50分ほどで、岐阜県と滋賀県の境目に到着。ようやく米原へと入ります。

関ヶ原その1完成.00_03_13_01.静止画009
2時間が経過して、不正を働こうとした僕をお白の方がガチ説教してきたシーン。まだ米原の入り口周辺。

関ヶ原その1完成.00_04_29_48.静止画010
開始して2時間とすこしで、ようやく道沿いにあるコンビニを発見できました。ずっと待ち望んでいたコンビニ。

思えばこのあたりの最初のエリアはコンビニがないとかそういう意味で、ヘビーなゾーンでした。

ガハラ〜とか言ってるのは僕の頭がおかしくなったのではなく、罰ゲームの結果です。

関ヶ原その1完成.00_05_33_52.静止画011
このあたりで歩いていた道は、以前歩いた東海道も含まれる「五街道」のうちの1つである中山道(なかせんどう)。

中山道は東海道と同じく、京と江戸を結ぶ街道。
東海道は海沿いを進みますが、中山道は内陸をいく街道なんです。

1号線沿い堂山に木曽路がありますが、木曽路は中山道の別名だったりします。豆知識。

なお枚方ポイント探しは「ガハラ」とか言いながらも続いておりまして、
関ヶ原その1完成.00_06_03_02.静止画012
これはやくし道を見て、枚方には長尾に薬師谷公園があるよねって言ったら返された言葉のシーン。

お白の方と僕は干支が1周するくらい歳が離れているんですが、僕は完全にナメられてるんで動画ではずっとこんな調子です。

関ヶ原その1完成.00_06_40_13.静止画013
スタートから3時間が経過し、引き続き歩いていると、滋賀県の天野川をお白の方が発見。

もしかしてここも七夕伝説が…!?とか思ったら、やっぱりありました(→天野川の七夕伝説が残る米原市世継の「蛭子神社」)。

関ヶ原その1完成.00_08_58_12.静止画014
ここで今回の苦行の中ではイチオシの観光スポットであった醒井宿をご紹介。

関ヶ原から4駅ほどいったところにあるんですが、めっちゃ水キレイ。水草「梅花藻」もキレイ。
水がキレイすぎるところにしかいない、超レアな魚「ハリヨ」が生息してるくらいキレイなんですよ!!

醒井宿は日本遺産の1つである「琵琶湖とその水辺景観 – 祈りと暮らしの水遺産」の構成文化財なんだそう。

町並みもええ感じで、いつかまたこんな徒歩企画と関係ない時に来たいと思った宿場町でした。

関ヶ原その1完成.00_10_10_05.静止画015
なんだかんだでスタートから5時間が経過した時の画像で、いまだに米原市。米原市って大きい。

関ヶ原その1完成.00_11_31_06.静止画016
6時間が経過すると、ついに杖を使用しはじめました。もう町中で杖とか恥ずかしいとか言ってる場合じゃなくなってきたんです。

関ヶ原その1完成.00_12_38_57.静止画017
7時間が経過したタイミングで「わたしまだ元気ですよ」とかほざいてるお白の方。
これを30分後の本人につきつけてやりたい、と記事を書きながら思っている僕です。

関ヶ原その1完成.00_13_09_51.静止画018
そんなわけでスタートしてから7時間と少しで、25kmくらいの地点にある彦根駅にやってきた我々。

関ヶ原その1完成.00_13_12_26.静止画019

関ヶ原その1完成.00_13_14_55.静止画020

関ヶ原その1完成.00_13_16_04.静止画021

関ヶ原その1完成.00_13_19_21.静止画022

関ヶ原その1完成.00_13_22_01.静止画023
け、健脚のお白の方が〜!!!帰る!?

関ヶ原その1完成.00_13_28_46.静止画024

関ヶ原その1完成.00_13_31_53.静止画025
高校で煽ってみたものの、足が痛いそうです。あと長距離じゃなくて短距離だそう。

足が痛いという理由だと、もうこれ以上無理はさせられないということで、彦根でお白の方とはさようならということに。

関ヶ原その1完成.00_14_05_43.静止画026
駅ではこのように応援のメッセージを……

関ヶ原その1完成.00_14_08_12.静止画027
後ろには「無事かえる」って旗もあるし!

というところで今回の記事はおしまいです。

この時点では開始7時間で25kmの進行具合。
23時間で110km先のひらパーに到着するためには、ここから16時間で85km進む必要がありますね!

時速5.3kmで歩けば間に合う間に合う!休憩?そんなもん必要ないよね!

はたして我々は23時間で関ヶ原からひらパーまでたどり着けるのか!?
明日の続編記事をお楽しみに〜!

(※この時点ではまだ全然元気だったのでハッピーな感じですが、ここからどんどんテンションが下がっていくのでご了承ください)

次回予告

関ヶ原その1完成.00_00_46_14.静止画029
1人になるとすぐ小声になっちゃうマジ小物、すどん@ひらつー。

関ヶ原その1完成.00_01_42_19.静止画030
そんな中、オカリナを吹く謎の男(ガーサン@ひらつー)が合流し…!

関ヶ原その1完成.00_04_49_03.静止画031
え!?ギブアップするの!?

次回、

さようなら。
僕はもう漫喫で寝ます。

お楽しみに!

続編はこちらからどうぞ↓

先がめっちゃ気になるって方は動画はアップ済なのでこちらをどうぞ。