枚方市での犬・猫の引き取り数・殺処分数(2014年分)を聞いてきた

たまにテレビや新聞で動物の殺処分が話題になることがあります。枚方市ではどれぐらいの数の犬・猫が収容・殺処分されてるんだろうかと思って調べてみました。

枚方市の前に、まず全国の数値を見てみます。

全国の猫の引取り数と殺処分数
年度引取り数処分数
返還・譲渡数殺処分数
平成16年度237,2464,026238,929
平成17年度228,6543,936226,702
平成18年度232,0504,427228,373
平成19年度206,4126,179200,760
平成20年度201,6198,311193,748
平成21年度177,78510,621165,771
平成22年度164,30811,876152,729
平成23年度143,19512,680131,136
平成24年度137,74514,858123,400
平成25年度115,27316,32899,566

全国の犬の引取り数と殺処分数
年度 引取り数 処分数
返還・譲渡数 殺処分数
平成16年度 181,167 25,297 155,870
平成17年度 163,578 24,979 138,599
平成18年度 142,110 28,942 112,690
平成19年度 129,937 29,942 98,556
平成20年度 113,488 32,774 82,464
平成21年度 93,807 32,944 64,061
平成22年度 85,166 33,464 51,964
平成23年度 77,805 34,282 43,606
平成24年度 71,643 33,269 38,447
平成25年度 60,813 32,080 28,569
(※16,17年度の犬の引取り数は、狂犬病予防法に基づく抑留を勘案した推計値)

どちらも環境省のページより。上の表にない期間で最も多かったのは、犬では昭和49年の115万9千頭、猫では平成元年の32万8千頭でした。それらよりは大幅に減少しているものの、現在でも年間で猫は約10万頭、犬は約2万9千頭もの数が殺処分されています。
返還・譲渡数がどんどん増えていってるのは、殺処分しないで済むような取り組みがされていってるのだろうなということが読み取れますね。

それでは、枚方市ではどういう数字になってるんでしょうか?

枚方市保健所-1
「枚方市保健所」に行って聞いてきました。

枚方市は平成26年(2014年)度から『中核市』になったため、犬・猫などに関する業務を行う保健所を自前で運営するようになりました。枚方市での殺処分数を聞いてみようと思ったのもそのためです。

枚方市での犬・猫の引取り数、殺処分は以下のとおり。
枚方市の猫の引取り数・負傷収容数・殺処分数
2014年 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 合計
引取り数 4 12 0 7 5 3 3 0 1 34
負傷収容数 4 2 1 0 1 2 1 3 0 14
殺処分数 1 13 0 5 5 1 1 0 0 26

枚方市の犬の引取り数・捕獲数・殺処分数
2014年4月5月6月7月8月9月10月11月12月合計
引取り数1020000014
捕獲数03210101210
殺処分数1010000002

中核市になったのが4月からなので9ヶ月分だけですが、上記のとおりだそうです。みなさんどう感じたでしょうか。個人的には予想していたよりかなり少なかったです。

全国平均と比較できるように計算してみます。

【全国】
人口:1億2729万8000人(2013年10月)
人口1万人・1ヶ月あたりの殺処分数(2013年度)
猫 0.65頭
犬 0.19頭

【枚方市】
人口40万7528人(2014年12月末)
人口1万人・1ヶ月あたりの殺処分数(2014年4月~12月)
猫 0.05頭
犬 0.004頭
(※全国のほうは2013年度、枚方市のほうは2014年4月~12月の数値を用いています。枚方市の年間データがまだないので月あたりで算出しました)

やはり枚方市はかなり少ないようです。
枚方市では以前から動物の殺処分を減らすような努力がされてきたということでしょうか。それとももしかして枚方市保健所ができたばかりでまだあまり認知されてないから、とか何か特殊な理由でもあるんでしょうか。
なお比較のために人口1万人・1ヶ月あたりの数値にしてみたものの、どちらもとても少なく見えてしまうのでこの表し方がいいのかどうかは微妙なところです。

さらに環境省のページには全国の他の地域の数値も載ってまして、殺処分数の多い順にあげると

・茨城県 4735頭
・沖縄県 4474頭
・広島県 4019頭
(犬・猫合計。都道府県・政令指定都市・中核市で別々にカウントされてます)

となってました。必ずしも人口の多いところが殺処分も多いというわけではなさそうな感じです。

枚方市と同格の中核市に目を向けてみても、例えば

・長崎市(人口43万人) 1929頭
・長野市(人口38万人) 24頭

と全然違うことがわかります。何か地域によって仕方がない理由があるのか、それともやる気や取り組み方の違いでしょうか。

ちなみに海外ではドイツは殺処分ゼロが当たり前らしい(そのへんの理由は検索したらいろいろ出てくるので詳しいサイトを読んでみてください)です。日本でゼロにしようと思ったらペット産業まわりの構造が根本的に変わることになるので、なかなか難しい局面がありそうですが、理屈的にはちゃんとやればできることのようです。


掘り下げるときりがない話題なのでひとまず枚方市の数字を提示することで終わりますが、枚方市では1月23日~28日の期間、枚方市駅前で「譲渡動物の写真展」が開催されるそうです。

現在枚方市保健所で飼い主を募集している動物はこちら。記事作成時点では犬・猫1頭ずつ掲載されてました。

その他、動物に関する情報は以下の関連リンクで。

◇関連リンク
枚方市
保健衛生課
枚方市

環境省
動物の愛護と適切な管理 環境省


ライター:カズマ カズマ

カテゴリ : 話題 

この記事へのコメント

23. チンク   2015年02月24日 20:32
枚方市保健所で飼い主を募集している犬、猫のうち、猫は飼い主が見つかったと書かれていますが、犬は今も掲載され続けています。
もし可能であれば、ひらつーさんでもう一度記事にしてもらえたら、と思います。
22. 広報にこういう記事を載せてほしい   2015年02月03日 16:51
遺棄されるペットたちにこんなに関心を持って下さる方たちがおられるのを知って、少しは安心しました。

次女は、子供が出来る前は、野良猫の救済活動に参加していました。

今私は、家族の介護に明け暮れていますが、将来時間が出来れば、野良猫たちを救う何らかのお手伝いをしたいと思っています。

興味のある方は、中之島公園猫対策協議会 で検索してみてください。
21. い   2015年02月03日 14:23
可愛いでは飼えない最後まで面倒診きれるか考えて飼いたいですよね。
20. チンク   2015年01月29日 19:02
7の山田さんが紹介された本を読み、さらに「犬を殺すのは誰か ペット流通の闇」という本も読みました。

http://www.amazon.co.jp/dp/4022617705

様々な制度的問題がありますが、その根には、日本人は小さい犬ほど買いたがる、最後まで面倒を見る責任をもって買わない、などの日本人の意識の問題もあるようです。ペット業界には「抱っこさせたら勝ち」という言葉があるそうです。
枚方市保健所で飼い主を募集している犬、猫は掲載され続けてますね。気になります。飼いたい気持ちはありますが、「安易に飼わない」という態度も犬を大切にすることだと、山田さんが紹介された本にありました。平日昼間は家人不在の現状では無責任にはできません。誰かいい人が引き取ってくれることを祈ってます。
19. こま   2015年01月29日 00:15
以前猫を保護したときに後から知った情報で、年度内の頭数は決まっていますが去勢などの手術に3500~5000円ほど補助が出るそうです。
保護をした方の負担が少し軽くなって、保護される犬猫が一匹でも多く増えればいいなと思います。
18. 広報にこういう記事を載せてほしい   2015年01月23日 23:58
離れて住む子供たちの家には、捨て猫や里親探しの新聞を見て、譲り受けた猫たちが暮らしています。

ペットは一度飼えば最後まで責任を持って飼ってほしいです。

マンションでは、一世帯で飼う犬や猫は一匹と、管理規約で定められているところもあり、もう少し融通がきかないものかと思います。
17. chaplin   2015年01月22日 22:19
愛猫、愛犬家としては、このような事実は辛いけど皆が共有して考えていかなくてはいけない事だと思うので、有難いな、と思いました。ウチはノラちゃんだった猫を9匹飼ってますが、大変とかよりも、逆に小さな幸せを毎日与えてもらってる気がします。絶対殺処分ゼロにしなくてはダメですよね!
このような社会派の記事を今後も期待してます‼
16. チンク   2015年01月22日 19:19
素晴らしい記事ありがとうございます。
私は犬や猫は飼ってませんが、もし飼うなら保健所から引き取りたいと前から思っていますが、仕事で日中は家にいないので、未だに実現していません。
山田さんも本の紹介ありがとうございました。読んでみたいと思います。
15. ルート   2015年01月22日 19:15
私がバイトしてたペットショップは純血の子は繁殖犬としてブリーダーに売ってミックスの子は里親を探しました。が、大抵は9ヶ月頃までに売れてましたし愛情がわいた店員が購入するパターンもありました。
しかし、枚方市もいつか殺気処分0になって欲しいですね。
関係無いですが、飼い主のマナーも、もっと向上してほしいです。犬の散歩で車塚公園を利用させてもらってますが、ノーリドや糞放置の飼い主が多くて困ってます
14. 雨女   2015年01月22日 18:04
命についての記事、ありがとうございます。
動物と暮らしている人間として胸が痛くなりましたが
目をそらしてはいけない現実ですね。
13. きんちゃん   2015年01月22日 15:44
こんな思い記事も書いてくれるなんてカッコイイです。
我が家には、引き取りワンコ&ニャンコが数匹います。
自治体の取り組み次第で殺処分される命は減ります。
是非、我が町「ひらかた」も先進的な取り組みをしていってほしいですね。

ペットショップで売れ残った犬の多くは「殺処分」される事が多いようですよ。
12. 株価八千円割れ   2015年01月22日 12:24
つらい現実ですね。
枚方も少ないとはいえ0ではないですし。
だけど、せめてこの記事読んだ方は
今いる動物と最後まで暮らして行こうとより感じるでしょうし、
これから暮らそうという方も
そう思っていただけると信じます。
11. おきゃん   2015年01月22日 11:32
うーん…でも私は見たくなかったかな
10. 太猿   2015年01月22日 00:39
いい記事ですね。なかなか光を当てにくい問題だと思うのですが、考えるきっかけになりそうです。
9. 6ポメママ   2015年01月21日 22:53
5 調べていただきありがとうございます。
我が家には売れ残った子、途中で飼えなくなった子、繁殖にむかなくなった子とポメラニアンばかり6匹がいます。
私はいつも思うのですが、元からたたなくてはダメだと思ってます。
繁殖する人、売る人、買う人全てに対してと飼ったら、買ったら最後まで責任をもつできなければ罰せられるくらいなことがないとなかなかなくならないと思ってます。

枚方市だけではなく、全国で殺処分ゼロになるようにしてもらいたいです。

これからも楽しみにしています。
8. はちわれ   2015年01月21日 21:45
5 動物と共に暮らすと言うことは彼らの命を預かっていることを決して忘れてはなりません。殺処分という悲しくて人間として情けない現実から目をそらしてはならないですね。動物を物品と同じようにお金を払って買い、いらなくなれば捨てるという馬鹿げた考えを私達人間が改めなければ殺処分はなくなりません。
このような情報もしっかり調べて掲載していただけて良かったです。
7. 山田   2015年01月21日 21:21
本の宣伝になるようで悪いのですが、こういう本がありますので、読んでみてください。図書館にもありますよ・
「たちをおくる日―この命、灰になるために生まれてきたんじゃない 」
http://www.amazon.co.jp/dp/4323060858
日本も少しずつ変わってきてるようですね。

こういう暗いというか、死に関することも書くとこが、ひらつーさん好きです。
6. かえる   2015年01月21日 20:38
ペットショップで売れ残ったペットは、繁殖犬になるみたいですよ。
5. びょう   2015年01月21日 18:37
保健所への飼い猫の持ち込みが減ったせいか判らないけど、
問題があるので場所は敢えて書きませんが、
棄て猫が増えています。
それもあきらかに長年飼われていた猫が多い。
シャムやアメショ−など血統書があるような猫も平気で棄てられている。
動物遺棄は犯罪です。
その辺りをもっとアピールして欲しいですね。
4. ヤマチャン   2015年01月21日 13:29
昔は野良犬
ウヨウヨいてましたよね。

製造元の繁殖業者も
管理しないと~~
3. みき   2015年01月21日 12:47
調べてくださり、ありがとうございます。
数が少ないことは、少しホッとしました。

ペット関連については、日本はドイツから200年遅れていると言われています。

やっぱり意識の変換って難しいんでしょうね。
諦めたくはないですが。
2. あるふぁーど   2015年01月21日 12:44
ペットショップで売れ残ったまま大きくなった動物達の行方が気になります…。
1. たつぞ〜   2015年01月21日 12:14
ウチは4匹の愛犬と暮らしています。
こう云う内容を拝見していつも思うのは『命に責任を持ってほしい』と言うこと。
犬、猫、ウサギetc…、せっかく生まれてきた奇跡にしっかり向き合ってほしいですね。
、と堅苦しいコメントですいませんm(_ _)m