枚・かた男と共に駆け抜けた枚方元町の坂【ひらかた坂道ランキング第8回】

約半年ぶりとなりました、枚方で最もしんどい坂道を探す「ひらかた坂道ランキング」のコーナーです!

このコーナーは単に坂道の角度を測るだけではなく、実際にランニングなどをして体感し、心身ともに最も『しんどい』坂を探すというもの。

これまでに体感した坂道を簡単に振り返ると、宮之阪でハードボイルドになり、蹉跎小前でヤクザにおっかけられ、氷室で文豪がはだけて、星ヶ丘駅前では今をときめく妖怪に。
そして高陵小前で森脇健児さんと伝説を作り、市立高校前では摩訶不思議な風景を目撃。
翠香園町では地域アイドルに毛深いやつがいたりしました。

さて今回の坂道はというと、第3回の記事にて枚方坂四天王扱いをしていた中で、残っていた最後の坂道「枚方元町」の坂道です! 

こちら↓ 
枚・かた男-16012702
前回と同じで、灰色の道路は急勾配の証です! 
地図ではこの位置↓

正確に言うと枚方上之町と伊加賀北町と枚方元町にまたがる坂です。

枚・かた男-16012786
今回の坂道計測方法はもちろん…

枚・かた男-16012787
「ランニングだよと言うのは枚・かた男です。 」

枚・かた男-16012712
この企画は実際に坂道を走ることにより

枚・かた男-16012716
坂道の角度を自分なりのしんどさで表現し、

枚・かた男-16012718
それを格付けするというのが目的です。

枚・かた男-16012721
とすどん@ひらつーが走り終え、「今回の坂はまるで重力との戦いだった…」となんかウザめのコメント。

枚・かた男-16012724
いよいよかた男が走……と思いきや歌い出しました。
まずステージをしてキッチリプロモーションをかけて来るのが枚・かた男らしいところです。

すどん-16012701「かた男さん!ちゃんと走って下さいよ!」
かた男「すまないね。でもまずは歌うのが挨拶みたいなもんじゃあないか。」

枚・かた男-16012734
そして今度こそ走ると思いきや、走らず歩き出した枚・かた男。
エア握手しだしました。

すどん-16012701「ダッシュダッシュ!これ走る企画ですから!!」
かた男「…おや?それならいつものように握手はしなくてもいいのかい?」

枚・かた男-16012744
そして走りだした枚・かた男。心なしか余裕そうです。

枚・かた男-16012770
そしてハッ!と坂の頂上で決めポーズ。

かた男「思ったより楽勝だったね。」
すどん-16012701「何その余裕そうな顔!絶対本気で走ってないでしょ!もう一回!」

枚・かた男-16012771

すどん-16012701「真面目に走ってもマイクは持ちっぱなしで決めポーズは決めるんや…。ところで走ってみてどうでしたか?」
かた男「確かに厳しい坂だけれど、人生という坂と比べたら軽いもんだね、身体にも嬉しいね、ありがとう。」



ではでは、なんとなくうざく感じる枚・かた男は置いといて、本題の坂道角度測定へ。
枚・かた男-16012704
濃い。

枚・かた男-16012708
色々な場所で計った結果、13~16°といった角度に。

そして走ってみた感想も吟味し、現時点の結果をランキングにすると……ドドドド

1位 蹉跎小前 14~16°
2位 高陵小前 7~9°
3位 枚方元町 13~16°NEW!!
4位 星ヶ丘 6~10°
5位 翠香園町 12~14° 
6位 氷室台 6~9°
7位 市立高校前 7~9° 
8位 宮之阪 4~6°
(坂全体の角度ではなく、主観で角度がありそうな場所を測った結果です)

3位という結果に!さすがは枚方坂四天王の一角といったところでしょうか。
上位の坂と比べると角度は申し分ありませんが、ちょっと短めなのが3位に収まった理由となりました。

枚・かた男-16012791
以上、第8回のひらかた坂道ランキングでした!
枚・かた男の冒険はまだまだ続きます!

【余談】
ここに行くまでに枚方公園駅前ではこんなことがありました↓

皆さんごきげんいかがでしょうか。カトゥー@ひらつーです。つい先ほど枚方公園駅の隣の踏切で待っていたら枚・かた男を発見!マダムに話しかけられ笑顔で応じていました。…が、しばらくすると踏切待ちで身動きできないマダムに対して懐からマイク...

Posted by うらひらつー on 2016年1月26日


いきなり踏切待ちで枚・かた男さんが結構な大声で歌い出したので、一緒にいた僕はただの罰ゲームでした(笑)

ちなみに枚・かた男の新作PVを絶賛制作中なので、公開をお楽しみに!以上!

ライター:すどん@ひらつー すどん@ひらつー