お住まい拝見 ―IFAスタッフの家づくりから紐解く、建築家と”つくる”愉しみ【ひらつー不動産】

枚方を拠点に家づくりを行うIFA住宅設計室。

新築注文住宅・建替え・戸建てリノベーション・マンションリノベーション。
わくわくする「建築家との家づくり」を不動産探しからご提案しています。

建築家・交久瀬常浩氏設計の「友人の集う、賑わいの家」から始まり、枚方・交野・寝屋川でコツコツ家づくりを続けて、十数年。

枚方を拠点に家づくりを続ける私たちを信頼し、家づくりを任せてくださったお客様は、おかげさまで500組を超えてまいりました。

友人の集う、賑わいの家(新築注文住宅)所在地/枚方市・設計/交久瀬常浩 →WORKSをみる

朝日丘の家(戸建てリノベーション/2018年)所在地/枚方市 設計/樋口真司+浦田彰子

REEF-礁を廻る-(新築注文住宅/2016年)所在地/生駒市・設計/作人 →WORKSをみる

空と大地と太陽の家 -自然を取り込むシンプルな箱-(新築注文住宅/2014年)所在地/枚方市・設計/藤森大作 →WORKSをみる

香里ヶ丘の家(新築注文住宅/2020年)所在地/枚方市 設計/安原三郎 →ひらつーの記事を見る

これらの事例は、実はすべてIFAスタッフの住まいです。

建築家と家づくりの想いを共有し、じっくり打ち合わせをし、楽しみながらつくる、そんな家づくりの過程を経て、創造した自分と家族のための住まい。スタッフそれぞれの「理想の暮らし」がカタチになっています。

自身の居心地の良さの追求はもちろんですが、同時に、建築家による大胆な空間提案を柔軟に受け入れ、新たな素材の採用や造作キッチンのデザインなど様々な挑戦も行われています。

普段は、お客様の住まいをご紹介していますが、今回は家づくりを行ったスタッフ3名の自邸と想いをご紹介いたします。

IFA住宅設計室の公式サイト・施工事例はこちら

室長・菊井の家 「友人の集う、賑わいの家」
友人を集めてホームパーティを愉しむ住まい

家づくりのきっかけは「IFAの想いをカタチにするため」。

この家はIFA住宅設計室の創業にあたって、私たちの「住まいへの想い」をカタチにするために生まれました。

それまではリノベーションしたマンションに住んでいましたが、ちょうど母親と犬との同居も決まり、IFAのモデルハウスとしての必要性もあり、土地探しから始めました。

エントランス。

設計はもちろん、共にIFAをつくった建築家・交久瀬常浩氏。

事務所で見たシュレーダー邸の書籍をみて、こんな家にしてほしいとお願いし、設計が進みました。

IFAのモデルハウスでもあったので、一切妥協することのない家づくりを追求しました。

ゲストをもてなすバーカウンター越しに、大テーブルを据えたテラスを望む。

マンションに満足していた妻は、当初、家づくりに消極的で「消防署みたいなのぼり棒があるくらいおもしろい家なら建ててもいいわ!」と言うので、実際に3階までののぼり棒ができました。

TVで取り上げてもらった時の題名が「世界遺産か消防署か?!」だったというのもいい思い出です。

2か月に渡ってオープンハウスを開催し、そこで私たちの家づくりに共感してくださる2組のお客様に巡り合い、IFAの歴史がはじまりました。

リビングの吹き抜け。中心に据えられたのは上り棒。

完成してから10年以上の月日が流れました。その間に住居兼事務所として使用したり、子供たちが巣立ったり、孫が生まれたりと様々な変化がありましたが、その時々に応じ居場所を確保し、楽しく暮らしてきました。

また、社員や友人を集めてBBQを楽しむなど、この家は本当にたくさんの人が集まってくれました。

「大きなホールが一つあるといった発想ではなく、訪れた一人一人が愉しい時間を過ごせる空間をつくる」

改めて、交久瀬氏のコンセプト通りの家になっていると感じます。(菊井和幸・明子)

交久瀬先生の設計ポイントはWEBサイトのWORKSをご覧ください

スタディーコーナー。

現場管理・丹田の家「空と大地と太陽の家 -自然を取り込むシンプルな箱-」
夢だった家づくり。やりたいことを全部つめこみました。

リノベーションで家づくりを考えたいと、プロデューサーの樋口さんに物件探しをお願いしました。

中古戸建をいくつか内覧し、その日最後に見せてもらったのが、更地だったこの場所でした。

一面にのどかな畑が広がるこの土地との出会いが、我が家を新築するきっかけになりました。

畑より外観を望む。

建築を学んでいた時から、自分の家を自分で設計して、自分で施工することが夢でした。

IFAで現場監督として家づくりに携わる内に、誰かに家づくりをお任せするなら藤森先生がいいと、心に決めていました。
人柄もモノづくりの姿勢も感性も、我が家にぴったりだと思ったので。

きっと自分の人生で家を建てる機会はこの一回だけだろうと考え、この敷地環境を十分に楽しめるような暮らしを希望し、想いは事細かにお伝えしました。

藤森先生は私たちのこだわりを十分理解した上で、建築家ならではの提案を下さり、毎回楽しい打ち合わせでした。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: caee7d02de220aa75597d1c2baadbb73-1024x683.jpg

玄関土間よりLDKを望む。一階は間仕切りのない一室空間。天井高はあえて低めで落ち着きのある空間に。

実は我が家の1階・2階の壁や天井、吹抜け部分に至るまで、全て自分たちで塗装しました。

仕事を終えて、夜な夜な塗装作業。途中はとんでもないことをやってしまったと後悔しかなかったですが、やり終えた達成感 !貴重な経験に今では大変満足しています。

藤森先生や樋口さんも塗装を手伝ってくれて、本当にありがたかったです。

テラスより室内、玄関を望む。畑の景色を一望できる木製の大型ガラス戸。建具を引き込むと外部空間と一体的につながります。

モルタルカウンターの造作キッチン、木製建具、吹抜けを含めた壁と天井の施主塗装など、こだわりを全て詰め込むことができました。

施主塗装は本当に大変だったし、開放的な間取りで冬の寒さが厳しかったりと、困った点がないわけではないのですが、それは承知の上で自分がやりたかったことを実現したので、やめておけばよかったと思う点は一切ありません。

本当に思う存分家づくりを楽しむことができました。

日当たりも抜群で、妻が育てる観葉植物もすくすくと成長し、素材もいい色に育ち、月日と共にだんだんと味わい深くなってきたように感じる我が家です。(丹田)

藤森先生の設計ポイントはWEBサイトのWORKSをご覧ください

あこがれのハンモックに揺られる。上部は吹抜け越しに子供室とつながる。

プロデューサー・樋口の家「朝日丘町の家」
陰影を愉しむ暮らし。挑戦するリノベーション。

前職での設計の経験を活かして、自邸は自ら設計したいとかねてより考えていました。

その想いを抑えきれなくなった事がきっかけでしょうか。
基本設計と特にこだわりたい箇所の詳細図面を描き、実施図面は浦田に協力して貰いました。

素材の選定ではいつも交久瀬先生に相談に乗って頂いたりして、IFAに勤めているメリットを最大限活用しました(笑)。

自分が想い描くものは本当に良い空間になるのだろうか、好みの素材感をうまく表現できるだろうか、心落ち着く家になるだろうか。
正に挑戦でした。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 5aedd948553b300abdbd288524c0190d-1024x682.jpg

玄関から階段室を望む。踏板には厚みを持たせて素材が持つ強さを惹き立たせました。ニッチには様々な小物やこどもたちの作品が飾られる予定。

私の祖父母が新婚当時の両親のために建てた家を譲り受けてのリノベーションです。

築40年の木造2階建てで、祖父の意向でがっしりと建てられていたので、耐震補強を施し、設備を一新すれば、今後も長きに渡って暮らしていけるという判断と、祖父母と過ごした記憶を継承したい思いも強く、建て替えではなくリノベーションとする事しか頭にありませんでした。

再生された家で賑やかに暮らす光景を、祖父母も温かく見守ってくれていると嬉しいですね。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 0de3213616ebcc7ea28a301c957a7348-1024x682.jpg

リビングからダイニングを望む。

特殊な左官材で天板を仕上げた全長4.2mのキッチンは、家具部門の廿日市家具製作所にて製作しました。
このキッチン一つを例にしましても沢山の図面や施工する職人さんとのやりとりがありました。

時間を掛けて考え抜いたからこそ得られる愛着と、日々その感触を確かめながら住まえる喜び。
これが本当に楽しい。

機能や性能に勝る快適性を得たように思います。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 1c4aadc2d2c0cf87096ab65220a89bf4-1024x682.jpg

梁をあらわしとしたダイニングキッチン。自らデザインしたキッチン・シンク前の小窓は玄関と繋がります。

次なる目標は、ニッチに絵画・写真・オブジェ・そして子供の作品などを充実させて、空間にアクセントを加えて行く事です。

これがなかなか進みませんが、加えた作品が空間にどんな変化をもたらしてくれるのか、密かに期待しています。(樋口)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f9cc656e786df935c9a7215dfaf94539-1024x1524.jpg

質感と陰影を愉しめる漆喰壁のエントランス。

新たな住まいの工事も始まっています。
大工の家/河川敷に佇む、軒の深い大屋根の家

ハウスメーカーや建売業者、工務店など様々な現場で活躍されている業者さんや、そのご家族の方にもIFAの家づくりを選んでいただいています。

現在は、枚方市招提南町にて大工・N氏の自邸の工事が進んでいます。

「2人の子どもの “実家”をつくりたい」そんなN氏の想いから、土地を探すことからスタートした家づくり。
河川敷沿いの気持ちの良いロケーションの敷地に建つ、軒の深い大きな屋根が空間全体を包み込む住まいです。

2階LDKからはこの敷地ならではの景色を眺めることができます。

IFAでは、お客様の理想の暮らしを丁寧に紐解きながら、じっくり会話を重ね、経験豊富な建築家がプランを描き、専属の大工が一邸一邸ていねいにつくる…

住まいへの想いを共有し、お客様の人生をイメージしながら、土地、素材、デザイン、間取り、かかるコスト、街並みのことまで。

家をカタチづくる、一つひとつの要素と向き合ってゆきます。

スタッフの家のため、手前味噌な内容となってしまいましたが、スタッフそれぞれがどのような想いを込めて、建築家と共に家づくりに向き合ったか、感じていただけたら幸いです。

お客様との家づくりの事例はこちらのスライドショーをご覧ください。

もっと見たい方はこちら →WORKSをみる
公式インスタグラムも日々更新中 →インスタグラムをみる

不動産探しから始める家づくりはもちろん、ご自宅の建替え、リノベーションのご相談、随時承っております。

建築家との家づくりを経験したスタッフと共に、理想の住まいを創造してみてはいかがでしょうか。

ご相談をお待ちしております。

<お問い合わせ先>

IFA住宅設計室

所在地:枚方市山之上西町27-30(駐車場8台有)
TEL:0120-556-327

↓↓公式HP各種お問い合わせフォームより↓↓
資料請求ご来店予約

ひと月に一度のペースでお客様のご厚意により、完成見学会を実施しております。
引き渡し直前の内部をゆっくりご覧いただける機会となっております。
ぜひご利用ください。
>> 最新の見学会情報はこちら

公式インスタグラムにて、施工事例を日々更新中です。
ぜひフォローをお願いいたします!
>> 公式インスタグラム

IFA住宅設計室
所在地:枚方市山之上西町27-30
駐車場:8台→詳細はこちら
>> 公式サイト

わくわくするような家づくりを不動産探しからご提案いたします!
枚方T-SITEギャラリーで、建築家との家づくりの魅力にもっと触れる

IFA住宅設計室は、「建築家との家づくり」という選択肢をより多くの方に知っていただくために、枚方T-SITEの7階、ラウンジのような空間で、写真や模型にて施工事例の展示をしています。

a416877e

建築家との家づくりとはどのようなものなのか、どのような暮らし、空間ができるのか知りたい…という方におすすめです。

枚方市駅より歩いてすぐ、枚方T-SITEの7階にて夜19時までご覧いただけます。
ぜひお立ち寄りください。

d49805d9

IFA住宅設計室 枚方T-SITEギャラリー

場所:枚方T-SITE 6階・7階
時間:10:00~19:00 ※枚方T-SITE営業時間に順ずる
枚方T-SITEでのご相談も承っております。(予約制)
予約方法:TEL 0120-556-327 または公式HP「来店予約」よりお申し込みください。

<お問い合わせ先>
IFA住宅設計室 0120-556-327

HPからもお問い合わせいただけます
>>公式HP
資料請求はコチラ>>

家づくりストーリーを読んで、
建築家との家づくりに触れてみる。

枚方T-SITEギャラリーにて展示中の事例の中には、枚方つーしんでご紹介させていただいたお住まいもあります。

建築家による設計ポイントやお客様のご要望など家づくりのストーリーが綴られていますので、併せてぜひご覧ください。

バックナンバーはこちら↓↓

インスタグラムからもご覧いただけます。

IFA住宅設計室の施工事例はインスタグラムにも…日々更新を行っております。


IFA住宅設計室HP

IFA住宅設計室

電話番号
0120-556-327 
住所
枚方市山之上西町27-30(→Googleマップ ) 
営業時間
09:00〜18:00 
関連リンク
IFA住宅設計室
楽園不動産 

Sponsored by IFA住宅設計室

【ひらつーパートナーズ】【ひらつー不動産】についてのお問い合わせはこちらから!