NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」は最初ひらパーをイメージしてたそうな

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」は最初ひらかたパークをイメージしてたそうです。

ひらかたパーク

NHK連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」といえば2021年11月から2022年4月までNHKで放送していた連続テレビ小説。昭和・平成・令和と時代が流れる中でラジオ英語講座とともに歩んだ祖母、母、娘の親子3世代を描いた100年の物語。

公式サイト↓

そんな「カムカムエヴリバディ」の最初のイメージがひらかたパークだというソースは、ドラマでチーフ演出を担当した安達もじりさんのnoteの投稿↓




上記から一部を引用↓

最初にイメージしたのは、近所にある気楽に行ける遊園地のような場所でした。

関西某所に100年以上の歴史を持つ有名な遊園地があります。肩肘はらずに行って楽しい場所。広報展開を含めたプロジェクト全体がそんな感じになったらいいねえと語り合っていました。

ホームページやSNSを遊園地の入り口として、ドラマ本編自体がその遊園地のメインアトラクション、他にもちょっと楽しいイベントがあるようなイメージです。

『カムカムエヴリバディ』チーフ演出が最後に語るとっておきのカムカム制作秘話|NHK広報局

関西で…100年以上歴史がある遊園地で…肩肘はらずに行けて…って、

ひらパーやん。

しかし、ストーリーにおいてひらかたパークをイメージした、とかではなく、あくまでドラマの「届け方」について、CMなどが度々話題になるひらかたパークをイメージしたようでした。

ひらパー110周年!新CMは周年を迎えた喜びと感謝を全身で表すヒョウ柄園長より

どんなかたちであれ、ひらかたパークと注目度が高い朝ドラが繋がるのは市民としては誇らしい気持ちになりますね!

最近では1988年放送の朝ドラでもひらかたパークのことっぽいワードが出ましたし、探してみるともっといろんな作品に出ていたのかも。

投げ銭コーナー

月間約300万ページビュー <デデン!
月間約70万ユーザー <ドドン!

そんな枚方市民のほぼ2倍くらい見ている関西最大級の地域情報サイト「ひらつー」。
5610円 でお手軽にあなたの事業をPRしてみませんか?

詳細は下記リンク先をどうぞー↓

お店の宣伝や求人、もっと気軽にやってみませんか?「ひらつーパートナー・ライト」がはじまります!

通常の広告やひらつーパートナーはこちら↓

枚方つーしんに広告を掲載しませんか?広告掲載について