関西医大が喫煙の子宮への直接的な影響を解明したみたい

関西医科大学は喫煙の子宮への直接的な影響を科学的に解明したようです。

喫煙に関しては、これまでにも様々な影響を与えることが多くの疫学的な研究が進み、報告されているそう。

また、喫煙が胚や卵巣機能にどのような影響を与えるかについても様々な報告が寄せられて
いるとのことですが、今回の研究のような子宮内膜への影響についてはほとんど報告がなかったとのこと。

関西医科大学

研究の結果をかなり噛み砕いて説明すると、CSE(タバコ煙抽出液)は活性酸素種(※)を産生させ、正常酸素下にも関わらず低酸素誘導因子を活性化していることを発見したほか、低酸素状態と比較すると、細胞死関連遺伝子クラスターが多く発現したことなどが分かったそう。で、あっているでしょうか!

※活性酸素種は細胞伝達物質や免疫機能として働く一方で、過剰な産生は細胞を傷害し、がん、心血管疾患ならびに生活習慣病など様々な疾患をもたらす要因となるもの

難しい話のように感じますが、将来この研究が自分の身近で役に立つかもしれませんね。

研究について詳しく知りたい方はこちらから見ることができますよ!

■関連リンク