東京パラ女子走り幅跳びで6位入賞した中西麻耶選手の市民スポーツ賞授与式をみてきた

東京2020パラリンピック女子走り幅跳びで6位入賞した中西麻耶選手の市民スポーツ賞授与式を見てきました。

中西麻耶選手は北京から4大会連続でパラリンピック日本代表となった陸上選手。(→公式Twitter

2019年の世界パラ陸上競技選手権大会の女子走り幅跳び(T64)では金メダル、2020年の日本選手権では5m70cmのアジア記録を更新しています。※T64は片下肢の膝から下が欠損している競技者のクラスです。(→T64 陸上競技-パラスポーツのクラス分け

以前、ひらつーでも枚方市立陸上競技場ユーザーと記事にしています↓



写真中央が荒川大輔コーチ

ちなみに、中西麻耶選手のコーチである荒川大輔コーチは中宮中学校出身。(→公式Twitter)日本人9人目の8メートルジャンパーでもあります。そのことはひらつーでも記事に

そして、今回の東京2020パラリンピック女子走り幅跳び(T64)では5m27cmで6位入賞という結果で枚方市から市民スポーツ賞が授与されました!


授与式ではコカ・コーラのCMに中西麻耶選手と枚方陸上競技場が映っていることが紹介されたり、そして枚方市が集めた中西麻耶選手へのエールがつまったアルバムが渡されました。

そして、市長との歓談の際には色々と今回のパラリンピックや義足での走り幅跳びについて話を聞くことができました。

以前撮影した実際に中西選手が使っている義足

義足での走り幅跳びは足の裏の感覚がないため踏切のタイミングが掴みづらく、飛ぶ際は義足に体重を乗せ、トランポリンのように飛ぶんだそうです。

そしてオリンピックに関しては、今回の選手村はこれまでで一番快適だったり、競技の時、手拍子(飛ぶ前に選手が観客に求めるもの)をした時は、競技場にはほとんど人がいないので音が響いてなんか寂しかった、といった話を聞くことができました。

また今回のパラリンピック、出場した選手たちにとっては日本で開催されたからこその安心感があったんだそうで、日本にとってこれは誇りに思っていいのでは、とも語ってくれました。



最後に質問するタイミングがあったのでちょっと話をきいてきました〜!

Q.ひらパーに行ったことありますか?

A.「まだですねー。今後のコロナ次第ですね!」

Q.枚方市で声をかけられることはありますか?

A.「いやぁ〜、競技場にいる姿と普段の生活をしている姿のギャップが凄くて…笑。ワンちゃんの散歩のときに会った方が今回の大会を見て、もしかしてっていう感じくらいで笑」

市駅に枚方とゆかりがある五輪出場選手のパネルが設置されてる。男子バレーは今日7月24日に予選ラウンドがスタートより

Q.枚方市民に対してコメントありますか?

A.「大会が始まる前も、枚方市駅を利用してる方からパネルに挨拶してきましたとか、市役所にある懸垂幕を撮ってきましたと言ってくれたり。
こんなにも早く受け入れてくれて、また応援もしてくれて。凄くありがたいことなので、このご縁を終わらせることなく、また皆さんと一緒に前に進んでいけたらいいなと思っていますし、これからも胸をはって応援していただけるように、もっともっと強くなりたいと思うので、引き続き応援をしていただけたら嬉しいです!」

とのことでした!

今後もまだまだ進化し続ける中西麻耶選手に期待ですね〜!


気になる職場へお邪魔します!目指せ、和菓子職人!大黒屋さんで春爛漫な和菓子作りを体験♪よりおいも巻

ちなみに、中西麻耶選手の枚方で好きな食べ物は大黒屋の堀りほり おいも巻なんだそう。

■関連リンク