枚方市と京阪が連携をさらに強化してる

枚方市と京阪ホールディングス(株)が 「持続可能な地域社会の実現に向けた包括連携協定」を締結しました。


左から伏見市長、石丸昌宏社長

これまでにも枚方市と京阪HDは2012年8月に包括連携協定を締結して以降、枚方市駅周辺再開発事
業など様々な取り組みを進めてきました。

プレスリリースによるとさらに枚方市と京阪HDが 「持続可能な地域社会の実現に向けた包括連携協定」締結し、脱炭素やSDGs達成に向けた取り組みを強化していくとのことでした。

協定事項は下記の通り

1.脱炭素推進に関すること
2.公共交通機関の利用促進に関すること
3.地域における教育や次世代育成に関すること
4.安全安心で魅力ある地域づくりに関すること
5.2025年大阪・関西万博に関連した地域づくりに関すること
6.その他、双方において、相互の連携が必要と認められること

主な取り組みとして、

・京阪バス株式会社における EV(電気)バスの導入、充電設備整備の検討
・省エネルギー活動及び再生可能エネルギー利用の拡大による脱炭素の推進
・環境教育におけるひらかたパークの活用
・SDGs(BIOSTYLE)に関する教育活動の実施
・淀川舟運と地域の観光歴史資源を活用した地域活性化の推進
・その他、2025年大阪・関西万博に関連した地域づくり、各種事業への協力 等

があるそうです。


詳細など興味ある方はプレスリリースをどうぞ!市のプレスリリースにも詳細があります。

また今回、協定締結式を覗いてきました↓

締結が終わり、歓談の時間。
枚方市は大阪と京都の中間地点なので、移動する際の拠点としてまだまだ発展する可能性がある、また活用できていなかった淀川を使ったり様々な取り組みの中で、交流人口を増やしていければといった話が出ていました。

そして、枚方市の今後の展望を話している中…
なにやら外で音が。



最近、新しい服を作ってもらえたひこぼしくんが登場。


…皆さんリアクションは薄め?

…。

なんか悲壮感!!

でも最後は出席者同士で記念撮影。ひこぼしくんもイキイキしてたと思います。


最近では100m超えの巨大複合施設ができる予定だったり市駅前の再開発が進んだりと着実に変わりつつある枚方。

この協定が結ばれたことで、京阪、枚方市の発展がますます加速していきそうですね!

■関連リンク


「TH130」さん、情報提供ありがとうございました!
■■■情報提供求む!■■■

投げ銭コーナー

月間約300万ページビュー <デデン!
月間約70万ユーザー <ドドン!

そんな枚方市民のほぼ2倍くらい見ている関西最大級の地域情報サイト「ひらつー」。
5610円 でお手軽にあなたの事業をPRしてみませんか?

詳細は下記リンク先をどうぞー↓

お店の宣伝や求人、もっと気軽にやってみませんか?「ひらつーパートナー・ライト」がはじまります!

通常の広告やひらつーパートナーはこちら↓

枚方つーしんに広告を掲載しませんか?広告掲載について