氷室や藤阪で光る標識を設置する社会実証が実施されるみたい。12月19日から

杉中学校区で「ナイトコンシェルジュ」という安全対策が実施されるようです。

氷室台の写真

市のリリースによると、蓄光技術とデザインを活用した新しい安全対策として「ナイトコンシェルジュ」を12月19日から社会実証として実施するそう。

リリースより路面設置イメージ図。ライフの友達?

「ナイトコンシェルジュ」とは、青色蓄光素材というものを活用した標識デザインを設置することで、夜間の道の明るさや視認性を高める新手法。このような手法での蓄光技術の活用は全国初なんだとか。

リリースより電柱設置イメージ図

なぜ杉中学校区なのかという点は、杉中学校の生徒が市の課題を出し合った授業において、校区内には夜道が暗くて危険!などといった不安を感じる場所があるという課題、それに対する改善への提案が多数出てきたそう。
そこで市は優先的に解決方法を模索し、今回実証を行うことになったとのこと。

実証は氷室台地区と藤阪地区の2か所で来年2月まで実施するようです。

◆関連リンク


「TH130」さん、情報ありがとうございました!
■■■情報提供求む!■■■

月間約300万ページビュー <デデン!
月間約70万ユーザー <ドドン!

そんな枚方市民のほぼ2倍くらい見ている関西最大級の地域情報サイト「ひらつー」。
5610円 でお手軽にあなたの事業をPRしてみませんか?

詳細は下記リンク先をどうぞー↓

お店の宣伝や求人、もっと気軽にやってみませんか?「ひらつーパートナー・ライト」がはじまります!

通常の広告やひらつーパートナーはこちら↓

枚方つーしんに広告を掲載しませんか?広告掲載について
 
 

広告の後にも続きます

広告の後にも続きます

いいお店、見つかるかも?

投げ銭コーナー